まほうのさんぽみち まほうのさんぽみち
著: ロビン・ショー 訳: せなあいこ  出版社: 評論社 評論社の特集ページがあります!
絵本が大好きな女の子とパパの、幸せであたたかいお話。

わたしのろばベンジャミン自信を持っておすすめしたい みんなの声

わたしのろばベンジャミン 作:ハンス・リマー
絵:レナート・オスベック
訳:松岡 享子
出版社:こぐま社 こぐま社の特集ページがあります!
本体価格:\1,200+税
ISBN:9784772101226
評価スコア 4.42
評価ランキング 10,273
みんなの声 総数 11
  • この絵本のレビューを書く

自信を持っておすすめしたい みんなの声から

みんなの声一覧へ

並び替え

6件見つかりました

最初のページ 前の10件 1 次の10件 最後のページ
  • ぼくもろば飼いた〜い

    • まことあつさん
    • 30代
    • ママ
    • 新潟県
    • 男の子6歳、男の子3歳

    今から25年以上も前に出版された本だそうですが、
    いろいろな本で紹介されているので読んでみました。

    ちょっと文章が長いのですが、写真もたくさんあり、
    ストーリーも面白いので、3歳児も最後まで聞いていました。

    ろばってかわいいですね。
    目も大きくて、毛もふわふわで、役に立つし。
    息子も「ぼくもろば飼いた〜い」って言い続けていました。

    投稿日:2018/11/30

    参考になりました
    感謝
    0
  • びっくり!うまくできてます!

    白黒の写真だけなのを見て、ねえ〜この絵本つまらないよお〜
    なんて読みもせず言ってましたが、どれどれと
    読んでみると、すごい!!
    よくできてるなあと感心しました。
    南欧の風景や家屋の写真も味があるし、どうしたら
    物語を表現するにぴったりの写真ができるんでしょうね。
    い〜よ〜、い〜よ〜、い〜よ〜 のベンのセリフも
    ろばののんびりしてそうな性格にぴったりです。

    投稿日:2011/10/17

    参考になりました
    感謝
    0
  • まるで映画をみるよう

    モノクロの美しい写真絵本です。
    ストーリーに沿って、写真も展開してゆくので、
    まるで、一篇の映画をみるような楽しさがあります。
    地中海の美しい海の青と空の青。モノクロだからなお、想像力がかき立てられます。

    赤ちゃんろばを見つけて、家族で世話をすることになったお話。
    ペットを飼ったことのある人なら、きっと共感できる、やさしい思いに満ち溢れています。

    息子は、読み終えた後、うらやましそうに
    「ひかくんも、おんま飼いたいなあ!」
    と、ため息をついて言いました。

    お馬・・・?

    投稿日:2009/11/29

    参考になりました
    感謝
    0
  • 書店でふと目に留まり、読んでみたところ
    写真と文章の愛らしさに惹かれ、購入した一冊です。
    スージーちゃんとベンジャミンの、お互いへの愛情が
    写真から伝わってきて、心がほっこりと温まります。
    どの写真も愛情いっぱいで可愛らしいのですが、
    ベンジャミンが包帯を巻かれている場面が特に微笑ましくて、
    このページを見る度に口元が緩んでしまいます。
    昔の作品ですが、現代の私たちから見ても
    けして色あせない、輝きを持った絵本だと思いました。

    投稿日:2008/12/02

    参考になりました
    感謝
    0
  • 宝物にしたい絵本!

    表紙を見て、なんてかわいいんだろう!と一目惚れしました。1歳10ヶ月の娘には早すぎとは思いましたが、私が気になって仕方なく(笑)購入しました。読んでみると、お話の内容もとてもかわいらしく、写真も魅力的で小さな娘も飽きることなく最後まで読めました。ろばのベンジャミンにあげるため、お鍋のミルクにお砂糖を入れて混ぜ混ぜしているシーンが気に入ったらしく、「ミルクにお砂糖」と連呼しながら繰り返し読んでいます。末永く大切に読みたい一冊です。それにしてもこの物語と写真がどうやって完成したか気になります!

    投稿日:2008/10/29

    参考になりました
    感謝
    0
  • かわいいほっぺたとろばに魅せられて

    • ムースさん
    • 40代
    • ママ
    • その他
    • 男の子9歳、女の子4歳

     表紙の女の子のプクプクしたほっぺたが娘みたいで……、ろばのフワフワの毛がやわらかそうで……、訳者が松岡享子さん……などなど、とにかく表紙に魅せられて購入した写真絵本。手に入れてよかったです。
     主人公は小さな女の子スージー。年齢は3歳ぐらいだと思いますが、本文では大人のような口調でお話を語ってくれます。ある日、お父さんと海岸を散歩していたスージーはろばの子供に出会います。その日からスージーたちはろばのベンジャミンと一緒に楽しく毎日を過ごしますが、ある朝のこと、目が覚めるとベンジャミンがいません……。
     写真絵本ですが、ストーリーがちゃんと展開されていて、山場があります。最初は娘のためにと思って手に入れましたが、娘には文章が少々長く、息子が好きな一冊になりました。最近、女の子のこととなると嫌そうな顔をする3年生が、この可愛らしい絵本のリクエストをするのです。魅かれる理由はどうやら、ろばの子とギリシャの村の背景のよう。舞台はギリシャの海岸沿いの小さな村。白壁の家や、中庭のある家、家の中に玉石が敷き詰められた床など見慣れない光景がたくさんあり「ぼくもここに住みたい、引越ししようー」。ろばに関しては「かわいいー、うちでも飼おうよ」。当地は結構寒いのでろばは地中海や南米など暖かい地方に住む動物では?……と説明すると「じゃあ、引っ越そう」。外国は無理と言うと「じゃあ、米国ならいいの?アリゾナは?」とか言っていました。わたしもアリゾナには住みたいな……などと思いながら、この絵本のおかげで息子と楽しいコミュニケーションがとれたことに感謝です。
     今から25年以上も前に出版された本ですが、8カ国語に翻訳され読まれているそうです。スージーちゃんの表情・しぐさがかわいいですよ。今はもう大人のスージーちゃんですね。

    投稿日:2003/11/02

    参考になりました
    感謝
    0

6件見つかりました

最初のページ 前の10件 1 次の10件 最後のページ

※参考になりましたボタンのご利用にはメンバー登録が必要です。

この作品にレビューを投稿された方は、こんな作品にも投稿しています

はらぺこあおむし / しろくまちゃんのほっとけーき / ぐりとぐら / きんぎょがにげた / いないいないばあ / もこ もこもこ / ねないこ だれだ / がたん ごとん がたん ごとん / じゃあじゃあびりびり / だるまさんが

絵本の人気検索キーワード

ぐりとぐら /  はらぺこあおむし /  バムとケロ /  こびとづかん /  はじめてのおつかい /  そらまめくん /  谷川俊太郎 /  ちいさなちいさな王様 /  いないいないばあ /  いやいやえん /  スイミー /  飛び出す絵本

出版社おすすめ

  • みらいずかん
    みらいずかんの試し読みができます!
    みらいずかん
     出版社:PHP研究所 PHP研究所の特集ページがあります!
    見たこともないおもちゃや乗り物がならび、わくわくドキドキ驚きの連続!


優しく平等な心の大切さを、絵本・映像・音楽で学べる

みんなの声(11人)

絵本の評価(4.42)

何歳のお子さんに読んだ?


全ページためしよみ
年齢別絵本セット