話題
オオイシさん

オオイシさん(偕成社)

全ページ立ち読み公開中! はたらく石のオオイシさん♪

  • 全ページ
話題
しばわんこの和の行事えほん

しばわんこの和の行事えほん(白泉社)

お正月、節分、夏祭り...季節に縁のある遊びに触れながら、親子で楽しめる日本の行事をご紹介。

  • 全ページ

りんご」 ママの声

りんご 作:松野 正子
絵:鎌田暢子
出版社:童心社 童心社の特集ページがあります!
本体価格:\600+税
発行日:1984年
ISBN:9784494002191
評価スコア 4.52
評価ランキング 6,376
みんなの声 総数 28
  • この絵本のレビューを書く

並び替え

25件見つかりました

最初のページ 前の10件 1 2 3 次の10件 最後のページ
  • 低年齢向きのちいさな絵本です。
    赤・黄・ピンク色のリンゴが出てきて、それを向いて食べるだけの話ですが、1ページ1ページとても丁寧に瑞々しいリンゴの姿が描かれていました。
    思わず食べたくなってしまいました。

    「あかい りんご かわを むいて
    きいろい りんご かわを むいて
    ピンクの りんご かわを むいて」って、繰り返しのリズムも優しくてよかったです。

    投稿日:2019/11/10

    参考になりました
    感謝
    0
  • 小さい子にもおすすめの一冊です!

    この絵本は、地元のおもちゃ屋さんでおすすめされた絵本です。
    絵がとてもリアルで美味しそう!
    そして、りんごが赤だけでなく、黄色やピンクのりんごが出てきて、色が違っても、りんご、という名前だということを教えてくれます。
    どういう風に切ってテーブルに出されるかも絵本からわかります。

    離乳食などでりんごはよく出すので、日常で自分が食べるものがこういう風に出されるんだ!っというのがわかってくれる気がします。
    必ず絵本を触り、最後は絵本の言葉にはないけれど、いただきます!だと言ってこの絵本を閉じます。
    笑顔になら一冊です。

    投稿日:2019/04/14

    参考になりました
    感謝
    0
  • 本物に近い

    食べ物にまつわる絵本はたくさんありますが、この絵本は本当に本物に近いなと思います。
    りんご=赤色と考えがちだけれど、実際にはいろんな色のりんごがあること。
    さらにりんごを切っていくとどうなるか。
    この絵本にはりんごの芯をとるところまで描かれています。
    リアルな世界が描かれた絵本、貴重だと思います。

    投稿日:2015/03/09

    参考になりました
    感謝
    0
  • りんごが大好きな1歳7カ月の息子。
    図書館で偶然発見し、おおハマりしました。
    タイトルそのもの「りんご」なのですが、中もリアルに描かれたリンゴを用意、むく、食べる。
    と、りんごそのものの内容です。
    半分に切って芯を取る、という描写が入っていたのがすばらしい!と思いました。
    息子は食べるシーンまで待ち切れず、各ページで食べるマネをしまくるのですが、リンゴの芯も食べるマネをしてしまいます。
    そこは食べるところではない、と教えながら読めるのがいいですね。
    文字がとても少ないので1歳向けだと思います。

    投稿日:2015/02/18

    参考になりました
    感謝
    0
  • おいしそう!

    • みちんさんさん
    • 30代
    • ママ
    • 愛知県
    • 女の子3歳、女の子1歳

    表紙のりんごがとってもおいしそうで手に取ってしまいました。
    これは一見写真にも見えましたがとてもリアルなりんごの絵なんですね!
    りんごの皮をむくお母さん。
    普段はむく立場なので私も座って待ってたべるだけの身分がいいなー…なんて思う時もあります(笑)。

    投稿日:2014/08/16

    参考になりました
    感謝
    0
  • なぜか大好き

    あかいりんご、黄色いりんご、ピンクのりんご、の皮をむいて、白いりんごに。切って、芯をとって食べる、それだけですが、なぜか子どもが大好きに。

    本のカゴから持ってきて、「はいっ」と催促。まだ言葉も少ししか覚えてないのに、「ごっ」「ごっ」と楽しんでいます。

    リアルな絵柄が、素敵です。そして、少し昭和な感じのお母さんがとっても温かいかんじで、待っていた子ども達と、りんごを食べる、何気ない日常の幸せな時間が現れている気がします。

    「ああ、おいしい」のところで、我が子は本のりんごにかぶりついてよだれだらけにしています。

    投稿日:2013/09/23

    参考になりました
    感謝
    0
  • なぜかハマる一冊

    りんご、りんご…とくり返すだけですが、赤ちゃんは釘付けになります。
    綺麗な絵がいいのでしょうか、優しい文面が心地好いのでしょうか。
    名作とはこのことだと実感する一冊です。

    三人子育てしてますが、三人とも大好きな一冊です。

    投稿日:2011/11/17

    参考になりました
    感謝
    0
  • 3種類のりんご

    あかいりんご、きいろいりんご、ピンクのりんご、
    同じりんごでも色がいろいろあるんだってところ、こどもの興味をそそります。
    皮を剥いて、食べるまでの過程がやさしい絵でとても美味しそうに描かれていて、微笑ましくなりますよ。
    離乳食の娘もりんごは大好き。本物のりんごを見せながら、絵本を読んだら、興味津々でした。
    もう少しおおきくなったら、一緒に皮を剥いて芯を取って、この絵本のようにやりたいなぁと思いました。

    投稿日:2011/10/29

    参考になりました
    感謝
    0
  • ほっとする絵本です

    娘が図書館で気に入った絵本です。

    娘はりんごが大好きなので、りんごの季節を楽しみにしています。
    この絵本を読んでりんごを食べているような気分になったらしく、うっとりとしていました。親が美味しいお店を紹介した雑誌を読むような感じでほのぼのしました。

    私はりんごは「赤・黄色・黄緑」と思っていたのですが、この絵本には「ピンク」が出てきます。そういえば、娘も「薄い赤のりんご〜」って言ってた気がします。大人が書いた絵本なのに、子ども目線な気がしてびっくりしました。

    投稿日:2011/08/26

    参考になりました
    感謝
    0
  • 幼児の読み聞かせに使っています

    読み聞かせボランティアをはじめて最初に購入した絵本

    0.1.2.3歳に何度も読み聞かせていますが

    “りんごいっぱい”

    のページになるとみんな絵本周りに集まってきて食べるまね(^^)

    次のページをめくってみんなで「あーぁおいし」って言ってます。


    最後のページにりんごの箱が・・・なんで幼児の本にりんご箱と不思議だったんですが、おばあちゃん家から送ってきたって設定と思ってました。

    二年ほど前に作者のまつのまさこさんの講演会の時にこの絵本の絵を描くために
    絵担当のかまたのぶこさんは何箱もりんごを取り寄せたらしいと言うことを聞きました。


    で・・・納得しました。

    投稿日:2011/02/17

    参考になりました
    感謝
    0

25件見つかりました

最初のページ 前の10件 1 2 3 次の10件 最後のページ

※参考になりましたボタンのご利用にはメンバー登録が必要です。

この作品にレビューを投稿された方は、こんな作品にも投稿しています

はらぺこあおむし / しろくまちゃんのほっとけーき / ぐりとぐら / おつきさまこんばんは / きんぎょがにげた / いないいないばあ / もこ もこもこ / がたん ごとん がたん ごとん / ことばの豊かな子をそだてる くもんのうた200えほん / パパといっしょ

絵本の人気検索キーワード

ぐりとぐら /  はらぺこあおむし /  バムとケロ /  こびとづかん /  はじめてのおつかい /  そらまめくん /  谷川俊太郎 /  ちいさなちいさな王様 /  いないいないばあ /  いやいやえん /  スイミー /  飛び出す絵本

出版社おすすめ



【連載】児童文学作家 廣嶋玲子のふしぎな世界

みんなの声(28人)

絵本の評価(4.52)

何歳のお子さんに読んだ?


全ページためしよみ
年齢別絵本セット