新刊
だれかのプレゼント

だれかのプレゼント(文溪堂)

『100にんのサンタクロース』谷口智則さん待望の新作サンタ絵本

話題
しばわんこの和の行事えほん

しばわんこの和の行事えほん(白泉社)

お正月、節分、夏祭り...季節に縁のある遊びに触れながら、親子で楽しめる日本の行事をご紹介。

  • 全ページ
  • ためしよみ

森は生きている」 せんせいの声

森は生きている 作:サムイル・マルシャーク
訳:湯浅 芳子
出版社:岩波書店 岩波書店の特集ページがあります!
税込価格:\2,090
発行日:1972年
ISBN:9784001108385
評価スコア 4.4
評価ランキング 12,114
みんなの声 総数 4
  • この絵本のレビューを書く

立場で選ぶ

並び替え

1件見つかりました

最初のページ 前の10件 1 次の10件 最後のページ
  • 新年を迎える森!世界!

    保育園年長さんになったら「森!」というほど定番の本です。これは原作で長いお話ですが、その緻密な構成でこどもたちは飽きることなく楽しむことが出来ます。
    主人公は
    継母に育てられているむすめ
    幼い女王
    の2人。
    そしてそれをとりまく
    継母と姉娘
    女王に振り回される宮殿の人々
    季節と月を司る「12月(つき)の精」
    がお話をすすめます。

    大晦日=真冬に「4月に咲くマツユキ草が欲しい!」と女王がワガママを言い始め、賞金に目がくらんだ継母に森へ追いやられるむすめ。
    そこでむすめは12の月の精たちと出会い救われます。

    「森が与えてくれる以上に欲しがってはいけない」
    自然を守るという当たり前の事を忘れがちな現代
    これに何十年も前に警鐘を鳴らしたマルシャーク!
    そして訳者の湯淺さんがタイトルを「12月の物語」ではなく「森は生きている」にされたことも素晴らしいと定評があります。
    まさに、「森は生きて」いて、私たちをいつも見守ってくれているのですから。

    投稿日:2006/12/29

    参考になりました
    感謝
    0

1件見つかりました

最初のページ 前の10件 1 次の10件 最後のページ

※参考になりましたボタンのご利用にはメンバー登録が必要です。

この作品にレビューを投稿された方は、こんな作品にも投稿しています

はらぺこあおむし / しろくまちゃんのほっとけーき / ぐりとぐら / 100万回生きたねこ / てぶくろ / たまごにいちゃん / 霧のむこうのふしぎな町 / あるあめのひのケン・バーン

絵本の人気検索キーワード

ぐりとぐら /  はらぺこあおむし /  バムとケロ /  こびとづかん /  はじめてのおつかい /  そらまめくん /  谷川俊太郎 /  ちいさなちいさな王様 /  いないいないばあ /  いやいやえん /  スイミー /  飛び出す絵本

出版社おすすめ



2022年1月の新刊&おすすめ絵本

みんなの声(4人)

絵本の評価(4.4)


全ページためしよみ
年齢別絵本セット