まほうのさんぽみち まほうのさんぽみち
著: ロビン・ショー 訳: せなあいこ  出版社: 評論社 評論社の特集ページがあります!
絵本が大好きな女の子とパパの、幸せであたたかいお話。

ラヴ・ユー・フォーエバーふつうだと思う みんなの声

ラヴ・ユー・フォーエバー 作:ロバート・マンチ
絵:梅田 俊作
訳:乃木 りか
出版社:岩崎書店 岩崎書店の特集ページがあります!
本体価格:\1,300+税
発行日:1997年
ISBN:9784265800810
評価スコア 4.61
評価ランキング 3,368
みんなの声 総数 117
  • この絵本のレビューを書く

並び替え

5件見つかりました

最初のページ 前の10件 1 次の10件 最後のページ
  • 母の愛はオカルト・・

    母の愛を描いた作品なんだと思いますが
    読みながら怖くて・・。
    これ、オカルト本ですかね・・。
    ハロウィン月間なので、我が家ではそう捕らえることにしました。

    文化の違いなのか、それとも訳が悪いのか・・(ごめんなさいね)
    お母さんは、息子が寝静まってから、ベットまではっていき
    (ここですごーく不気味な印象を強く持ってしまった我が家です)
    抱き上げてゆらーりゆらーりしながら
    「アイラブユー、あなたはいつまでもわたしのあかちゃん」というのですが
    それが、子供を縛り付けようとする呪いの呪文に聞こえてきました。

    娘とふたりで読んで、震え上がり
    今度は帰宅した旦那に読み聞かせました。
    「怖くない?」という私に、旦那は
    「まぁ『お母さんはいつでも息子を愛しているんですよー』といいたいんやろ。深く考えんな」と言われてしまいました。

    きっと書かれている息子と母の行動そのものを
    具体的にイメージしてはいけないのでしょう。
    ぼんやりとらえてほっこりするのが、この本の正しい読み方かな^_^;

    投稿日:2011/10/29

    参考になりました
    感謝
    4
  • 感動したものの読み聞かせない

    • 金のりんごさん
    • 40代
    • ママ
    • 神奈川県
    • 女の子12歳、男の子9歳、男の子6歳

    この本は私の周りで賛否両論に分かれる絵本です。
    好きな人は、もう徹底的に好き、涙が出るほど好きという心酔ぶりを示しますし、いまいちだと言う人は、恥ずかしくて手に取るのもためらうと言います。
    そうです。あまりにも母の愛をストレートに謳いあげているので、そこに感動する人とためらう人が出てくるのです。
    私はといえば、本屋さんで立ち読みした時は、胸が詰まり、思わず涙が出そうになりましたが、その後は二度と手にしたくないというちょっと極端な感想です。
    やっぱり、自分が「母」なので、共感するところはおおいにあるものの、それを声に出して子どもに読み聞かせたりするのは、押し付けがましいような躊躇を覚えます。
    あまりにも強大で崇高な母の愛は、直球ではなく、変化球でちょっと散らして欲しいかなというのが正直なところです。

    投稿日:2006/09/19

    参考になりました
    感謝
    1
  • 豊かな「だっこ」

    むすこが生まれたとき、
    「ママはこれからずーっと○○の味方だからね。」
    と 思わずつぶやいたことを思い出しました。

    大人になってからの「だっこ」は
    成長し つらいことに耐えている息子に
    なにも出来なくても おかあさんはそばにいるよ。と
    そういうことを表している気がします。

    この「だっこ」は赤ちゃんの時の「だっこ」
    よりも もっと大きく豊かなものかもしれません。

    こんな風にすべての赤ちゃんが大事にされてほしいと
    地球や星々の絵を見ながら思います。

    投稿日:2008/12/23

    参考になりました
    感謝
    0
  • Love you forever

    • ミロさん
    • 40代
    • その他の方
    • 愛知県

    母のやさしさ、愛の深さ。
    どんなときも、どんなに時が流れても
    母の不変的の愛がある。
    やさしい子守唄に乗って、
    こどもに受け継がれていく。
    本人は寝ていて知らないだろうが、
    温かさは心に染み込んでいた。
    息子は愛されていたから、更正したんだろう。
    親になって母の愛に気づいた。
       
    さて、この絵本は親と子の加齢に矛盾がある。
    歳をとった母に対して息子の年齢が若すぎる。
    でも、これを差し引いても、いい作品だ。
    これから親になる人にプレゼントしたい1冊。

    投稿日:2002/12/16

    参考になりました
    感謝
    0
  • 親向けの本です。

    私は子供が大事だし、とても感動しました。
    でも子どもに読んであげても面白くもないし、???って感じだと思います。
    子供向けでないですね。

    投稿日:2002/06/22

    参考になりました
    感謝
    0

5件見つかりました

最初のページ 前の10件 1 次の10件 最後のページ

※参考になりましたボタンのご利用にはメンバー登録が必要です。

この作品にレビューを投稿された方は、こんな作品にも投稿しています

はらぺこあおむし / しろくまちゃんのほっとけーき / きんぎょがにげた / いないいないばあ / もこ もこもこ / てぶくろ / がたん ごとん がたん ごとん / かいじゅうたちのいるところ / おこだでませんように / 決定版 心をそだてるはじめての伝記101人

絵本の人気検索キーワード

ぐりとぐら /  はらぺこあおむし /  バムとケロ /  こびとづかん /  はじめてのおつかい /  そらまめくん /  谷川俊太郎 /  ちいさなちいさな王様 /  いないいないばあ /  いやいやえん /  スイミー /  飛び出す絵本

出版社おすすめ



【連載】10周年でかえってきた! しごとば・取材日記 その5

全ページためしよみ
年齢別絵本セット