しばわんこの和の行事えほん しばわんこの和の行事えほん しばわんこの和の行事えほんの試し読みができます!
絵・文: 川浦 良枝  出版社: 白泉社 白泉社の特集ページがあります!
お正月、節分、夏祭り...季節に縁のある遊びに触れながら、親子で楽しめる日本の行事をご紹介。

ももいろのきりん」 その他の方の声

ももいろのきりん 作:中川 李枝子
絵:中川 宗弥
出版社:福音館書店
本体価格:\1,300+税
発行日:1965年07月
ISBN:9784834000443
評価スコア 4.74
評価ランキング 893
みんなの声 総数 90
  • この絵本のレビューを書く

並び替え

9件見つかりました

最初のページ 前の10件 1 次の10件 最後のページ
  • ももいろといえばきりん

    子どもの頃、この本を読んでから、「ももいろといえばきりん」とインプットされたほど、印象深い本です。久しぶりにみかけて、懐かしくなってよんでみました。紙やくれよんという身近なものから、お話がどんどんふくらんでいくところも、子どもの頃わくわくしたなあ、と思い出しました。
    夢のある素敵な物語です。

    投稿日:2016/04/01

    参考になりました
    感謝
    0
  • こどもはステキだ。

    • もゆらさん
    • 50代
    • その他の方
    • 神奈川県

     こどもが自分自身に気づき、勇気をもらった一冊です。
    元気でゆめいっぱいのおはなしと、大胆でシンプルな絵の自由さに
    こどものこころが何かに触れて、はじけた思いがします。
     キリンなのにももいろ、キリンなのに紙でつくる、自分の思うままに。
    雨にぬれても、お日さまでかわかす。
    色がはげても、気にしない気にない。
    元気なキリン、世界一きれいなキリンにつくりあげること。
    すべてがプラス、プラスへと展開するその小気味よさに
    おもわずページをくってしまいます。
     魔法の紙を手にした主人公が、最後に描くことに決めたものが
    おおきなおおきなキリンのおうちだとわかる時、
    キリンが好きで、絵を描くことが大好きなこどもの気持ちが
    胸いっぱいにひろがってきて、泣きそうになりました。
     作者のこどもへの愛を感じずにはいられません。
    中川李枝子さんと宗弥氏ご夫婦に、こころから感謝です。

    投稿日:2013/10/28

    参考になりました
    感謝
    0
  • 想像力が広がる

    るるこちゃんはお母さんからもらった、おおきなももいろの紙で、おおきなキリンを作ります
    名前は「キリカ」
    作り終わると同時に離し始めて、二人は大の仲良しに・・・・
    お話の展開がわかりやすくて、挿絵を見ながらどんどん夢の世界へ入り込んでいくように、読み進めていきやすいです
    クレヨンの木のまわりの動物たちの存在も、子どもの想像力を広げますね
    「まほうのがようし」はきっと誰もがほしいですよね
    年長からお勧めします

    投稿日:2012/10/24

    参考になりました
    感謝
    0
  • あったらいいな、クレヨンの木

    子供の頃、母に読んでもらった「ももいろのきりん」。
    るるこが大きなももいろの紙でキリカを作るところから始まるこのお話は、途中までずっと挿絵の色がももいろ一色。
    ところが、クレヨンの木のページを開いた途端、目に飛び込んできたのは、大きな木にたわわに実った色とりどりのクレヨンたち。

    私はこのクレヨンの木に、どれだけ憧れたことか。
    どこかにあったら、どんなにいいだろうと。
    使っても使っても使い切れないほどのクレヨンで、ずっとずっと絵を描いていられたら、どんなに楽しいだろうと。
    クレヨンの木は、もしかしたら子どもの「あったらいいな」を描いて見せた究極なのかもしれません。

    なぜあの絵本の挿絵が、ずっとももいろだけだったのか?
    それはあのクレヨンの木の鮮やかな色たちが、子どもの心により一層深く印象づけられるように、という作者の想いからだったのではないでしょうか。

    投稿日:2007/05/05

    参考になりました
    感謝
    0
  • かわいい絵本

    キリンは黄色いとイメージがあるけど桃色というかわいい愛らしいキャラクターが特に女の子が好きになるんじゃないかなと思います!

    投稿日:2007/02/02

    参考になりました
    感謝
    0
  • クレヨンの木!

    大人になってから、本屋さんで見つけた瞬間、「あーっ!」と思って買っちゃった本のひとつです。キリンがももいろっていう時点でステキでしょ?「クレヨンの木」っていうのもステキ。ぬりえしたくなっちゃう。

    投稿日:2005/05/30

    参考になりました
    感謝
    0
  • 女の子の冒険モノ!

    20年振りくらいに読んでみました。
    「こんなに展開していくお話だったんだー」と
    改めて感激、楽しんで読めました。
    女の子の冒険モノっぽいところが気に入っています。

    お話はもちろんですが、わたしは絵もすきです。
    特に、動物がみんなで踊るページはしっかりと覚えていました。
    20年前もこの動きのある絵が いちばんすきだったのかも。
    色合いが優しいのに、力強い素敵な絵だと思います。

    投稿日:2004/08/01

    参考になりました
    感謝
    0
  • 大好きでした

    小学校の頃図書室で見つけて読みました。何度も何度も読んだのを覚えています。
    先日書店に並んでいるのを見つけて、なつかしさのあまり手にとって読んでしまいました。挿絵の色合いがとてもきれいで、優しく温かい絵です。空想の世界が大好き、絵を描くのが大好きという子ども達にぜひ読んで欲しい作品の一つだと思います。

    投稿日:2003/09/23

    参考になりました
    感謝
    0
  • おもいでの1さつ

    小さいころ、一番気に入っていた本です。母から買ってもらって、よく読んでいました。わたしもももいろの画用紙がほしかったです。

    投稿日:2003/01/08

    参考になりました
    感謝
    0

9件見つかりました

最初のページ 前の10件 1 次の10件 最後のページ

※参考になりましたボタンのご利用にはメンバー登録が必要です。

この作品にレビューを投稿された方は、こんな作品にも投稿しています

からすのパンやさん / はらぺこあおむし / しろくまちゃんのほっとけーき / ぐりとぐら / きんぎょがにげた / いないいないばあ / もこ もこもこ / ねないこ だれだ / がたん ごとん がたん ごとん / じゃあじゃあびりびり

絵本の人気検索キーワード

ぐりとぐら /  はらぺこあおむし /  バムとケロ /  こびとづかん /  はじめてのおつかい /  そらまめくん /  谷川俊太郎 /  ちいさなちいさな王様 /  いないいないばあ /  いやいやえん /  スイミー /  飛び出す絵本

出版社おすすめ



『あの日からの或る日の絵とことば』 荒井良二さん、筒井大介さん インタビュー

みんなの声(90人)

絵本の評価(4.74)

何歳のお子さんに読んだ?


全ページためしよみ
年齢別絵本セット