たこやきようちえん たのしいえんそく たこやきようちえん たのしいえんそく
作: さいとう しのぶ  出版社: ポプラ社 ポプラ社の特集ページがあります!
たこやきようちえんの遠足は動物園! たこやき6人は、元気に出発しますが・・・。

ももいろのきりん自信を持っておすすめしたい みんなの声

ももいろのきりん 作:中川 李枝子
絵:中川 宗弥
出版社:福音館書店
本体価格:\1,300+税
発行日:1965年07月
ISBN:9784834000443
評価スコア 4.74
評価ランキング 889
みんなの声 総数 90
  • この絵本のレビューを書く

並び替え

71件見つかりました

最初のページ 前の10件 1 2 3 4 5 ... 次の10件 最後のページ
  • レトロでシンプルで素敵な世界。

    • もももももさん
    • 30代
    • ママ
    • 三重県
    • 男の子3歳、男の子0歳

    これぞ、絵本ワールド!!!!!!
    黒とピンクで描かれた世界がとっても、キュートでおしゃれな感じです。

    ストーリーは、大きな桃色の紙を女の子がもらって、それできりんをつくって…というお話。
    ストーリー自体も、ファンタジーな感じでとても絵の雰囲気とぴったりです!
    さすが!中川 李枝子さん!!!

    投稿日:2009/11/18

    参考になりました
    感謝
    2
  • 少しずつゆっくり読んでいます

    絵本だけでなく、児童書の長いお話も興味を持ち始めた5歳の次女と一緒に読んでいます。毎夜、20ページずつくらい、区切りのよいところまで少しずつ読むことにしました。娘は、もうちょっと先までと言うのですが、ワクワク楽しいお話を長く味わいたいと思ったので、あえてゆっくり読んでいます。
    娘は、お話の続きがききたくて、夜寝る前にこの絵本を読む時間を楽しみにしてくれるようになりました。わたしも嬉しいです。
    紙で作ったももいろのきりん「キリカ」と、るるこちゃんのやり取りが、かわいくてかわいくて。終始ももいろで描かれた、やさしいイラストも素敵です。娘はキリカが干されている洗濯バサミの数を数えたしながら、本当に楽しそうにお話をきいています。
    児童書を読みはじめの5、6歳の子に読んであげるのに、ピッタリの本だと思います。小学生なら一人で読めます。2年生の長女は、一気に読み終えて、「あー面白かった!」と言っていました。

    投稿日:2013/03/20

    参考になりました
    感謝
    1
  • 喜ぶ

    • まことあつさん
    • 30代
    • ママ
    • 新潟県
    • 男の子6歳、男の子3歳

    一度絵本だと思い借りたことがあり、
    その時はまだ2歳ぐらいだったので
    私だけが読んだのですが、
    子どもも大きくなったのでもう一度読んでみました。

    ただ思ったよりも長かったので、
    二日に分けて読みました。
    ただ短編ではなく、ずっと話は続くので、
    ちょっと中途半端な感じでしたが。

    子どもたちは、「ほっほい ほーい」や
    クレヨンの木、キリカのはやい走りに
    喜んでいました。

    投稿日:2019/01/04

    参考になりました
    感謝
    0
  • 幼年童話!

    幼児期のうちは読み聞かせ,小学生に入ったら一人読み,と1冊持っていると重宝する児童書に思いました。
    中川李枝子さんは「ぐりとぐらシリーズ」をはじめたくさんの絵本も書かれているので,さすが子供心をつかむのが上手いですね!

    投稿日:2018/10/10

    参考になりました
    感謝
    0
  • あかあさんからもらったピンク色の大きな大きな折り紙で作ったキリン。夢があっていいですね。雨で濡れた部分がだらんとなってしまうのはお決まりですね。魔法のクレヨンの木を独り占めしていたオレンジグマも、最後は生まれ変わったようで、気持ちよく読み終える事が出来ました。読み終えた後は、折り紙でキリンを作ってみたくなりました。

    投稿日:2017/10/14

    参考になりました
    感謝
    0
  • 女の子に愛されて半世紀 

     名作『ぐりとぐら』の作者中川李枝子さんが書いた絵本というより児童書の範疇にはいるだろう作品。
     そうはいっても、さし絵はあって、描いているのは中川李枝子さんの夫中川宗弥さん。
     1965年に初版というから半世紀も経っているが、読んだのは2014年に発行された112刷のもの。
     ここまでくれば、りっぱな古典といえそう。

     ある日るるこというちょっとわがままな女の子はお母さんからとても大きなもも色の紙をもらいます。ピンクと書かないのがいいですが、1965年当時はピンクとはあまり言わなかったのかもしれません。
     るるこはこの紙で大きなそしてりっぱなきりんをつくりました。
     最初はのりが乾いてなくてぐったりしていたきりんですが、るるこは洗濯ものといっしょに乾かします。
     すると、きりんはしっかりと動けるようになりました。
     でも、夜には長い首がじゃまをして、るるこの部屋に入り切りません。
     首だけ外に出していたら、今度は雨にやられてしまいます。
     また洗濯ばさみのお世話になって、きりんは元気になります。ところが、雨で少し色が落ちてしまいました。
     るることきりんはクレヨンの山に向かって冒険の旅にでていきます。

     ファンタジーといえばそうですが、この物語のるるこという女の子がとっても元気いっぱいなのが、この本の大きな魅力です。
     読者は女の子だと思いますが、るるこを見て、彼女みたいになりたいって思うんじゃないでしょうか。
     この物語には男の子は出てきませんが、男の子以上に元気はつらつのるるこが人気が続いている理由だと思います。

    投稿日:2017/10/12

    参考になりました
    感謝
    0
  • 子ども心を掴んだ

    5歳の息子と読みました。
    幼年童話というジャンルで少し長かったので4日に分けて。
    息子は、この手の絵本は「絵」で面白そうかどうか決めるそうですが、
    この絵は「面白そう」だったとのこと。

    導入部が、ももいろの紙を工作してキリンをつくる…というところが、
    まず息子にとって楽しかったみたい。
    水で濡れてしまったキリンのキリカを乾かしたり、
    クレヨンの木があったり、
    子どもにとって身近な話題でもあるけれど、
    ストーリーは想像に満ちあふれていて…というところが良かったみたい。
    さすが、中川さん、子ども心をつかむのが上手いですね。

    るるこちゃんが「うおー」と泣くシーンがおもしろかったです。

    投稿日:2016/10/04

    参考になりました
    感謝
    0
  • ももいろといえばきりん

    子どもの頃、この本を読んでから、「ももいろといえばきりん」とインプットされたほど、印象深い本です。久しぶりにみかけて、懐かしくなってよんでみました。紙やくれよんという身近なものから、お話がどんどんふくらんでいくところも、子どもの頃わくわくしたなあ、と思い出しました。
    夢のある素敵な物語です。

    投稿日:2016/04/01

    参考になりました
    感謝
    0
  • 女の子にぴったり

    • ともっちーさん
    • 40代
    • ママ
    • 佐賀県
    • 女の子7歳、男の子3歳

    小1の娘に購入しました。

    学校で本を借りてはきますが絵本がほとんどだったので、
    そろそろこういう読み物も良いかなぁと思い選びました。

    児童書にしては絵が多く、ページ数もさほど多くありません。
    これならさほど抵抗なく読めるかな・・・と思ったら予想通り。
    読み始めたら一気に最後まで読み、「面白かった!」と。
    その後も何度か読み返していました。

    絵も可愛らしく綺麗なピンク。
    ストーリーも夢があっていかにも女の子が好きそうなお話です。

    そろそろ絵本から児童書に・・・という時期にはぴったりだと思います。

    投稿日:2015/03/19

    参考になりました
    感謝
    0
  • わたしも!

    「幸せの絵本」を娘と一緒に見ていたら、
    『ももいろのきりん』の紹介ページが。
    「この本、お母さんが小さい頃大好きだった〜。」
    と話していたら、
    「この本がいい!」
    と娘。

    久しぶりに手に取りました。
    ももいろのかみ、クレヨンの木、大きな画用紙。
    どれも、今の私も夢中にさせてくれました。

    これから少しずつ娘に読み聞かせます。
    二人でまたわくわく、ドキドキしたいです。

    投稿日:2014/01/28

    参考になりました
    感謝
    0

71件見つかりました

最初のページ 前の10件 1 2 3 4 5 ... 次の10件 最後のページ

※参考になりましたボタンのご利用にはメンバー登録が必要です。

この作品にレビューを投稿された方は、こんな作品にも投稿しています

からすのパンやさん / はらぺこあおむし / しろくまちゃんのほっとけーき / ぐりとぐら / きんぎょがにげた / いないいないばあ / もこ もこもこ / ねないこ だれだ / がたん ごとん がたん ごとん / じゃあじゃあびりびり

絵本の人気検索キーワード

ぐりとぐら /  はらぺこあおむし /  バムとケロ /  こびとづかん /  はじめてのおつかい /  そらまめくん /  谷川俊太郎 /  ちいさなちいさな王様 /  いないいないばあ /  いやいやえん /  スイミー /  飛び出す絵本

出版社おすすめ

  • 築地市場
    築地市場の試し読みができます!
    築地市場
     出版社:小峰書店 小峰書店の特集ページがあります!
    豊洲への移転をひかえた市場の今を感謝の気持ちをこめて徹底取材!


親子に贈る、ちいさな幸せの物語『そらはあおくて』杉浦さやかさんインタビュー

みんなの声(90人)

絵本の評価(4.74)

何歳のお子さんに読んだ?


全ページためしよみ
年齢別絵本セット