宮沢賢治の絵本 貝の火 宮沢賢治の絵本 貝の火
作: 宮沢 賢治 絵: おくはら ゆめ  出版社: 三起商行(ミキハウス) 三起商行(ミキハウス)の特集ページがあります!
親子のひばりは、沢山おじきをして申しました。 「これは貝の火という宝珠でございます。 王さまのお伝言ではあなた様のお手入れ次第で、この珠はどんなにでも立派になる

きつねとねずみ自信を持っておすすめしたい みんなの声

きつねとねずみ 作:ビターリー・V・ビアンキ
絵:山田 三郎
訳:内田 莉莎子
出版社:福音館書店
本体価格:\900+税
発行日:1967年03月
ISBN:9784834000962
評価スコア 4.45
評価ランキング 8,753
みんなの声 総数 37
  • この絵本のレビューを書く

自信を持っておすすめしたい みんなの声から

みんなの声一覧へ

並び替え

19件見つかりました

最初のページ 前の10件 1 2 次の10件 最後のページ
  • きっと何度も読みたくなる、味わい深い絵本

    • ランタナさん
    • 40代
    • ママ
    • 埼玉県
    • 男の子8歳、男の子6歳

    最初の見開きページを見て、「わぁ〜」と思いました。
    上の方に描かれたきつねの親子、
    下の方に描かれたねずみの親子、という絵の構図が珍しいし
    きつねのだんなとねずみのお父さん?の目が合っていて、ドキッ。
    縦書きの字の配置もなんだか新鮮で、ワクワクとページを繰りました。

    動物の「食う・食われる」という関係を描きながら、
    きつねとねずみの飄々としたやりとりが、なんとも楽しい作品でした。

    ねずみが逃げ込む地下の様子が、断面図のように描かれ、すごいインパクト。
    もぐらやとかげがいたり、
    木の実がいっぱいの「ごちそうのくら」があったり・・・。
    絵を描かれた山田三郎さんが人形劇に携わっていらした方と知り、
    グッと引き付ける観せ方をよくご存じなのだろうなぁと感じました。
    息子はねずみの地中の家に夢中!
    私は、ねずみに逃げられたときの、きつねの情けな〜い表情もお気に入りです。

    文章も、少し古めかしい言葉ながら、リズムが良くて、
    読んでいて心地よかったです。
    これなら何度読んでも苦にならないなぁ。
    ねずみの「おあいにくさま」がクセになりそう。

    短いお話で、幼児さん〜園児さんにもぴったり。
    きっと何度も読みたくなる、味わい深い絵本です。

    投稿日:2012/04/05

    参考になりました
    感謝
    1
  • おい、ねずみ。・・・・・・おあいにくさま

    • MAYUMIさん
    • 40代
    • ママ
    • 大阪府
    • 女の子22歳、女の子20歳、女の子18歳

     何とかしてねずみを食ってやろうとするきつね。
    逃げようとするねずみ。
    きつねとねずみの会話が多く、リズミカルなので読み聞かせをすると、子ども達に喜ばれます。

     きつねの だんなが やってきた。
     じろ。じろ。じろ。なにか いいこと ないかなあ。
     おい、ねずみ。ねずみ。はなが どろんこ・・・
     なんだって・・なんだって・・・
     おあいにくさま・・・。

    ごく短いお話なのにスリルがあり、ずる賢いくせにのんびりしたきつねと、賢くて用心深いねずみがユーモラスです。
    また挿絵に描かれている子ぎつねや子ねずみ達の様子が愛らしくて好きです。

    投稿日:2006/11/09

    参考になりました
    感謝
    1
  • 名作

    あれ・・・これ・・・なんだっけ・・・
    と、なつかしくなり借りてきました

    裏表紙のたんぽぽ中心に
    輪になって踊っているような
    ねずみ一家の絵がとっても
    好きなんです
    木の実とか、おんぶしている子もいるし

    上下に分けて描き
    それが逆転したり

    地下の様子がまたいいですよね

    ロシアの作者さん
    なんと!1967年初版ですよ\(◎o◎)/!
    それでも古さとかは感じません

    かけひきのおもしろさと
    とにかく、絵に惹き付けられます

    投稿日:2012/05/18

    参考になりました
    感謝
    0
  • ねずみの知恵に まいったきつね

    ずいぶん前から読んでいた絵本ですがあらためて 読んでみて
    言葉のリズムのすばらしさに感心しました(内田りさこ訳)
    絵も動きがあって凄くおもしろいのです
    きつねが「なんだって すあなを つくったんだい?」
    ねずみは「きつねさん あんたから かくれる ためさ」
    地面の中の ネズミのすあな 地面の中の生き物がうまく描かれていて
    すごい!
    キツネの顔の変化も たのしめるんです
    なんだか すごく 良い気分になれるのです
    ねずみのちえは きつねよりう〜んと勝っていますね!
    Goodな絵本です
    山田三郎さんの絵好きです!

    投稿日:2012/03/21

    参考になりました
    感謝
    0
  • 短いながら楽しめるストーリー

    • ジュンイチさん
    • 40代
    • パパ
    • 広島県
    • 男の子12歳、男の子6歳

    1967年初版の作品。
    作のビターリー・バレンチノビチ・ビアンキは、ロシア帝国時代のサンクトペテルブルクに生まれ。
    1923年に「森の小さな家」でデビューし、ロシアの野山を舞台にした動物文学を著しています。
    同じジャンルで活躍したことから、アメリカのシートンと並び称され、著書は200冊を超えるとのこと。
    ビアンキの作品は、日本では戦後に数十冊が紹介されたようですが、この作品は現在入手可能な数少ない作品の1つとなっています。

    そのビアンキの作に、日本の山田三郎さんが絵を挿入したものですが、このコラボは絶品です。
    全部で見開きで9シーンしかないのですが、起承転結がしっかりしていているので、読み物としても満足できるもの。
    その、きつねとねずみの会話のやり取りが、何とも面白い。
    化かしあいとも言えるのですが、いつも一枚上手のねずみにしてやられてしまうきつねが、可愛そうでもあり、憎めません。
    また、その絵が、巣穴の断面図を描いていて、実に斬新なもの。
    きつねとねずみの立ち位置が一目瞭然で、これなら、子供にも分かり易く説明が出来ると思います。
    特に最後、横穴から逃げたねずみと、巣穴を掘って落ちたきつねの絵図は、その躍動感もあって見事としか言いようがありません。

    文、絵、構成とも申し分なしの、高い水準の絵本です。
    文章量が多くないので、入園前のお子さんでも充分楽しめる作品として、超オススメです。

    投稿日:2012/02/26

    参考になりました
    感謝
    0
  • やりとりが楽しい

    某ブッククラブから届きました。

    息子はあまり興味を示さなかったのですが、私は気に入りました。地面の断面図が見事です。きつねとねずみのやり取りが繰り返されていてそのうち息子も楽しむようになるだろうと思っています。おおきなオチやひねりはありませんが、自然の姿をそのまま描いたような感じです。

    縦書きのところもいいですね。

    投稿日:2010/07/30

    参考になりました
    感謝
    0
  • ねずみさん家族

    表紙のねずみさんときつねさんの見つめあう目が優しく惹かれたので、

    図書館から借りてきました。

    お互いに友情で結ばれているのかと思ったら違っていました。

    きつねさんとねずみさんの駆け引きが面白かったです。

    ねずみさんが家族を必死で守る姿に感動します。

    9人家族の大家族のおとんさんねずみがとても賢いと思いました。

    大家族を必死で守る一家の大国柱のおとうさんは、家族の幸せ、安全を

    いつも考えてると思いました。

    きつねさん家族だって同じなのですが、やっぱりねずみさんの味方にな

    ってしまいます。絵もとても素敵です!

    投稿日:2010/06/07

    参考になりました
    感謝
    0
  • インパクトがあり、こだわりのあるイラスト

    • てんぐざるさん
    • 40代
    • ママ
    • 埼玉県
    • 女の子14歳、女の子9歳

    低年齢向けのお子さんのお話会に読もうかと、一緒にお話しのボランティアをやっている方が考えて見つけてきた作品です。

    この絵本が日本で最初に発表されたのは1959年(?)、ざっと50年前くらいになります。絵柄はいくらか古い感はありますが、明るい色彩が目を惹き、時代に関係なく絵本を楽しませてくれます。

    大したページ数も、文章の量もないのに、インパクトは強烈で、読み返してみると、あれ?こんな数枚しかページがないんだと、びっくりしました。
    登場するきつねやネズミの表情も豊かで見ごたえがあります。
    土の模様や、石ころ、バックの花々にもこだわりを感じました。

    イラストがはっきりとしていてインパクトがあり、起承転結が短くスッキリまとまった物語。
    これは、低年齢のお子さんにはうってつけの絵本!だと思います。

    投稿日:2009/11/12

    参考になりました
    感謝
    0
  • いいですね

    図書館で借りてきました。
    いいです。
    表紙からは中身は文が多いのかなって感じですが
    そんなことありません。
    あっという間に読み終えてしまいます。
    知恵比べというかねずみの賢さにきつねはしてやられたって感じですが。
    そんなやりとりが描かれていておもしろいです。
    本当の内容を知るのはまだ先かもしれませんが2歳の子でも
    楽しめる一冊でした。
    きつねとねずみの絵も派手さは無いですが温かみのある忠実な絵で
    これまたいいです。

    投稿日:2009/08/01

    参考になりました
    感謝
    0
  • おあいにくさま

    • おるがんさん
    • 40代
    • ママ
    • 高知県
    • 女の子、男の子

    きつねより弱い立場のねずみが、みごとにきつねを負かして逃げていきます。
    とても単純なおはなしで、文章も詩のようにリズムがあって楽しいです。

    きつねに何か言われると、ねずみが「おあいにくさま」を繰り返すところが、子どもは安心して読めるところです。
    子どもは繰り返しが大好きですね。

    地下の絵も面白いです。
    枯れ葉や木の実が平和を表しているように見えます。
    ねずみの使っているスコップもかわいいです。
    細部までじっくり見たい絵本です。

    投稿日:2008/11/05

    参考になりました
    感謝
    0

19件見つかりました

最初のページ 前の10件 1 2 次の10件 最後のページ

※参考になりましたボタンのご利用にはメンバー登録が必要です。

この作品にレビューを投稿された方は、こんな作品にも投稿しています

はらぺこあおむし / しろくまちゃんのほっとけーき / ぐりとぐら / おつきさまこんばんは / きんぎょがにげた / いないいないばあ / もこ もこもこ / ねないこ だれだ / がたん ごとん がたん ごとん / じゃあじゃあびりびり

絵本の人気検索キーワード

ぐりとぐら /  はらぺこあおむし /  バムとケロ /  こびとづかん /  はじめてのおつかい /  そらまめくん /  谷川俊太郎 /  ちいさなちいさな王様 /  いないいないばあ /  いやいやえん /  スイミー /  飛び出す絵本

出版社おすすめ

  • なまえのないねこ
    なまえのないねこの試し読みができます!
    なまえのないねこ
     出版社:小峰書店 小峰書店の特集ページがあります!
    ぼくは ねこ。なまえのない ねこ。ひとりぼっちの猫が最後にみつけた「ほんとうに欲しかったもの」とは…


カエル親子の陽気な会話で繰り広げられる成長と気づきの物語

みんなの声(37人)

絵本の評価(4.45)

何歳のお子さんに読んだ?


全ページためしよみ
年齢別絵本セット