話題
まほうのさんぽみち

まほうのさんぽみち(評論社)

絵本が大好きな女の子とパパの、幸せであたたかいお話。

話題
日・中・韓平和絵本 へいわって どんなこと?

日・中・韓平和絵本 へいわって どんなこと?(童心社)

テレビで話題!いま、かんがえてみませんか?

  • ためしよみ

いろのダンス」 ママの声

いろのダンス 作・絵:アン・ジョナス
訳:中川 千尋
出版社:ベネッセコーポレーション
税込価格:\1,602
発行日:1991年06月
ISBN:9784828849560
評価スコア 4.33
評価ランキング 14,424
みんなの声 総数 5
「いろのダンス」は現在購入できません
  • この絵本のレビューを書く

立場で選ぶ

並び替え

4件見つかりました

最初のページ 前の10件 1 次の10件 最後のページ
  • 三原色

    『COLOR DANCE』が原題。
    子どもたちが色の布を持って舞い、混色の原理を教えてくれます。
    この発想、素敵です。
    注目は、配分によって、さらに細かく色があるということ。
    途中加入の男の子の、白、黒の概念も見逃せません。
    まるで舞台を見ているような構成も鮮やかです。
    幼稚園児くらいから、三原色の理解に。

    投稿日:2020/03/27

    参考になりました
    感謝
    1
  • いろんな色へ意識が広がるきっかけ

    • まことあつさん
    • 30代
    • ママ
    • 東京都
    • 男の子6歳、男の子3歳

    ただ色の組み合わせを紹介するのではなく、
    素敵な布で舞いながら組み合わせていくので
    とても美しく、やってみたくなります。

    6歳児は「しゅいろってどれ?」と初めて、
    朱色を認識し、
    「これは青紫じゃなくて青だよ、これは水色だよ」と
    言っていましたが、
    12色以上の色をあまり教えたことがなかったので
    いろんな色へ意識が広がるきっかけにもよかったです。

    投稿日:2019/06/24

    参考になりました
    感謝
    0
  • 色を紹介する時に

    なかがわちひろさんの本を読むことになり、訳のこの本も読んでみました。

    そういえば前に、色に関係する本ということでこの本を紹介されたことも思い出しました。

    この本と色のセロハンを使って、色の配合を子どもたちに紹介されたのだとか。

    確かにそんな時にもお役に立ちそうな本ですね。

    色づかいがとてもきれいでした。

    息子はあまり興味を示さなかったのですが、色の配合についてまだよく知らない園児さんぐらいなら楽しめそうかもしれないと思いました。

    投稿日:2010/05/16

    参考になりました
    感謝
    0
  • 色のしくみがわかる本

    • かりんさん
    • 30代
    • ママ
    • 東京都
    • 男の子9歳

    女の子たちがダンスを始めます。それぞれ赤や黄色、青や白、黒ほかいろいろな色の布を一人一枚もってダンスを始めると・・・赤と青が重なると紫色が出来上がり、青と黄色では緑色ができて、黒と白では灰色ができて・・と色はまざりあうことによっていろいろな色ができることがよくわかります。シンプルなストーーがすっきりしていてとても気持ちよく読める絵本です。

    投稿日:2002/04/22

    参考になりました
    感謝
    0

4件見つかりました

最初のページ 前の10件 1 次の10件 最後のページ

※参考になりましたボタンのご利用にはメンバー登録が必要です。

この作品にレビューを投稿された方は、こんな作品にも投稿しています

はらぺこあおむし / しろくまちゃんのほっとけーき / ぐりとぐら / きんぎょがにげた / いないいないばあ / もこ もこもこ / しょうぼうじどうしゃじぷた / おおきなかぶ / がたん ごとん がたん ごとん / うんちしたのはだれよ!

絵本の人気検索キーワード

ぐりとぐら /  はらぺこあおむし /  バムとケロ /  こびとづかん /  はじめてのおつかい /  そらまめくん /  谷川俊太郎 /  ちいさなちいさな王様 /  いないいないばあ /  いやいやえん /  スイミー /  飛び出す絵本

出版社おすすめ



「絵本 チコちゃんに叱られる」シリーズ チコちゃんの「エピソード:ゼロ」のおはなし

みんなの声(5人)

絵本の評価(4.33)


全ページためしよみ
年齢別絵本セット