アンダーアース・アンダーウォーター 地中・水中図絵 アンダーアース・アンダーウォーター 地中・水中図絵 アンダーアース・アンダーウォーター 地中・水中図絵の試し読みができます!
作: アレクサンドラ・ミジェリンスカ ダニエル・ミジェリンスキ 編: 徳間書店児童書編集部  出版社: 徳間書店 徳間書店の特集ページがあります!

うしかたと山んば」 パパの声

うしかたと山んば 作:坪田 譲治
絵:村上 豊
出版社:ほるぷ出版 ほるぷ出版の特集ページがあります!
本体価格:\1,450+税
発行日:1986年
ISBN:9784593562282
評価スコア 3.4
評価ランキング 43,290
みんなの声 総数 4
  • この絵本のレビューを書く

立場で選ぶ

並び替え

1件見つかりました

最初のページ 前の10件 1 次の10件 最後のページ
  • 怖さとあと味

    はっきり言って低学年むけではありません。

    平坦なひらがなで語られているお話ですが、とにかく怖いのです。
    うしかたが牛に塩サバを背負わせて峠にさしかかった時に出会ったのが山んば。
    塩サバをいっぴきくれろと言われて、怖さのために差し出すのですが、山んばはあっという間に平らげて、いっぴき、またいっぴきと塩サバを平らげていきます。
    逃げようにも牛は早く歩かない。
    塩サバが全部なくなり、牛まで食べられて、うしかた自身までが狙われて追いかけられます。

    村上豊さんの絵がまた訳もなく恐怖心を誘うのです。
    途中から話の主がうしかた側に移ります。
    それでも、怖さを植えつけられた子どもたちは、はらはらどきどき固まっています。

    山んばの間の抜けた行動、うしかたが怖いながらもとぼけた行動に出るのですが…、見る側にゆとりがない。
    最後のオチがみごとに尻切れトンボ。
    その先はどうなるのだろう。
    怖さの余韻が残るお話でした。

    坪田譲治さんの話。
    著作権継承者の坪田理基男さんが松谷みよ子さんに依頼して短くしたということですが、すっきり感がないところが、話をさらに怖くしているように思いました。

    投稿日:2011/01/27

    参考になりました
    感謝
    0

1件見つかりました

最初のページ 前の10件 1 次の10件 最後のページ

※参考になりましたボタンのご利用にはメンバー登録が必要です。

この作品にレビューを投稿された方は、こんな作品にも投稿しています

はらぺこあおむし / おつきさまこんばんは / いないいないばあ / もこ もこもこ / おおきなかぶ / おふろだいすき / ぼくはあるいた まっすぐ まっすぐ / てんてんてん

絵本の人気検索キーワード

ぐりとぐら /  はらぺこあおむし /  バムとケロ /  こびとづかん /  はじめてのおつかい /  そらまめくん /  谷川俊太郎 /  ちいさなちいさな王様 /  いないいないばあ /  いやいやえん /  スイミー /  飛び出す絵本

出版社おすすめ



せなけいこさん 絵本作家デビュー50周年記念連載 せなさんを囲む人たちインタビュー

みんなの声(4人)

絵本の評価(3.4)


全ページためしよみ
年齢別絵本セット