日・中・韓平和絵本 へいわって どんなこと? 日・中・韓平和絵本 へいわって どんなこと? 日・中・韓平和絵本 へいわって どんなこと?の試し読みができます!
作・絵: 浜田 桂子  出版社: 童心社 童心社の特集ページがあります!
テレビで話題!いま、かんがえてみませんか?
みっとーさん 30代・ママ

とてもいい絵本でした
8月に保育所で紹介されていた絵本です。…

おにぎりなかなかよいと思う みんなの声

おにぎり 作:平山 英三
絵:平山 和子
出版社:福音館書店
本体価格:\900+税
発行日:1992年9月15日
ISBN:9784834011869
評価スコア 4.66
評価ランキング 2,526
みんなの声 総数 150
  • この絵本のレビューを書く

並び替え

49件見つかりました

最初のページ 前の10件 1 2 3 4 5 次の10件 最後のページ
  • お腹のすく絵本

    • ぷりこさん
    • 30代
    • ママ
    • 神奈川県
    • 女の子10歳、男の子4歳、

    読み聞かせのおはなし会で、この絵本を読んで貰いました。読み手の方が、表紙を見せながら『これは何かな?』と子どもたちに問いかけた所、一人の子が『いし(^O^)/』と元気よく答えていたので、周りの雰囲気が和みました。きっとその子は、お母さんから一口サイズのボール型のおにぎりを作って貰っているので、三角の海苔を巻いたおにぎりは初めて見たのかもしれないね〜とおはなし会のメンバーで話していました。
    絵本の中で、たくさんのおにぎりが描かれているページでは、本物のおにぎりの様に見えて、お腹がすいてしまう位でした。最後のページで、『はい、どうぞ』とハンカチに包まれたおにぎりが描かれていましたが、おにぎりがそのまま描かれていた方が子どもには分かりやすいのかなあと思いました。
    写真の様に精密に描かれた平山さんの作品は、他にも『いちご』や『くだもの』や『やさい』があります。身近な食べ物をおいしく描かれているので、子どもが興味を持ちますし、食育にもなるので良い作品だと思います。
    1歳位から楽しめる作品です。

    投稿日:2012/04/29

    参考になりました
    感謝
    2
  • すっごくやさしい

    ゆっくり読んであげたい絵本です。
    絵のタッチがとても優しくて、しかもリアルです。
    絵本なのに、すごくリアルで3Dみたい。(実際3Dではありません^^;)
    誰の手かなぁ〜?優しいお母さん♪
    ただおにぎりを握っているだけなのに、すごく優しい気持ちになれるんです。
    シンプルだから、ちいさい赤ちゃんから大人も懐かしく読めそうです。
    日本人に生まれてよかったと思えた絵本です。

    投稿日:2010/12/05

    参考になりました
    感謝
    1
  • おいしそうな、おにぎり

    題名から、どんな絵本かなと思いましたが、おにぎりをつくっていく絵本です。
    子供がまだ、おにぎりを食べたことがないので、どう反応するかと思いましたが、じっとおとなしく聞いてくれました。
    おにぎりを「くるり」とするシーンでは笑顔!
    読み手の私が、おいしそうなおにぎりだと思って読んでいるのが、伝わったのかなと思いました。

    投稿日:2018/05/05

    参考になりました
    感謝
    0
  • おにぎりを食べるのが大好きな一歳の娘。
    一緒に握ろうとおにぎりを渡してもすぐにむしゃーっと食べてしまいます。

    そんな娘におにぎりを握る、を教えようと思ってこの本をチョイス

    柔らかな絵で海苔をまいたさんかくおにぎりを作ってくれます。
    塩を振って梅干を入れたシンプルなおにぎりですが
    すごーくおいしそう。
    見ていると食べたくなって、久しぶりにラップを使わず丁寧に海苔をまいて作ってみました。

    娘は絵本のおにぎりを見るともぐもぐ、というしぐさをしているので
    料理をするのはまだ早いかなー。
    でも一緒におにぎりを握るのが楽しみです。

    投稿日:2015/12/24

    参考になりました
    感謝
    0
  • おいしそう♪

    おにぎりを作る工程を描いた作品。リアルな絵が本当に美味しそうです。ほかほかのご飯、海苔の質感、酸っぱそうな梅干し。写真のように美しいですが、写真より優しくて温かい。おにぎりを握る手に愛情を感じます。湯気がまた食欲をそそるんです(笑)。

    投稿日:2015/05/01

    参考になりました
    感謝
    0
  • 食べたい!

    これぞ伝統的日本のおにぎり!というような、手で握る正統派おにぎりの「レシピ本」!?とでも言えそうな絵本ですね。
    表紙もそうですけど、さすが平山さん、海苔の描写がすばらしい。
    海苔を巻く前のはだかのおにぎりが並んだところも、ご飯粒がおいしそう!!
    握っているのはお母さん?ふっくら優しい手。
    中身はやっぱり梅干しですよね!
    あ〜お腹すいてきちゃった!

    両手をキュッキュッとしておにぎりを握る真似をし始めた1才の息子に借りてきた一冊ですが、息子にはリアルすぎたかな!?
    自分で握れるようになった頃にまた読んであげたいです。

    投稿日:2015/03/29

    参考になりました
    感謝
    0
  • 写実的でリアル

    平山さんの絵本は「くだもの」を持っています。1歳のころから娘はこの絵本が大好きでした。写実的な絵は、つい手を伸ばして食べたくなるのでしょう。
    今回の「おにぎり」もとても写実的でリアルな絵です。
    おにぎりが作られるまでの過程がとても丁寧に描かれています。
    この絵本を読んでいると娘は必ず「ママ、おにぎり、食べたい!」といいます(笑)。
    もう少し大きくなったら、この絵本を見ながら娘にもおにぎりを作らせてみたいと思います。

    投稿日:2014/01/09

    参考になりました
    感謝
    0
  • リアルでおいしそう

    リアルでとてもおいしそうなおにぎりの絵本でした。
    大人が読んでもおにぎり食べたいなーと食欲がでてきました。
    子供が大きくなったらいっしょにおにぎりを作るのも楽しそうですね。
    大好きなおにぎりだからか子供もじーっと絵に見入っていました。食べ物の絵本は子供うけがいいです。

    投稿日:2013/04/23

    参考になりました
    感謝
    0
  • おにぎり作り

    おにぎりを作る様子が、一つ一つ丁寧に描かれているなと思いました。
    手での作業の様子がアップで描かれていて、なんというか、子供がお母さんの腰あたりにまとわりついて見ている、目線にも感じました。
    私はラップを使いますが、この絵本では、手で直接握っていましたね。
    そのことが、とても良かったと思います。

    投稿日:2013/03/27

    参考になりました
    感謝
    0
  • シンプルザベスト

    子育てイベントで紹介されていました。

    なんと!

    美味しそうなおにぎり。

    絵本から湯気が出そうです。

    キャラ弁が世を回る中、

    こんなにもシンプルで美味しそうなおにぎり。


    絵のタッチも柔らかで空想の世界のよう。

    子どもたちの想像力をかきたてそうです。

    お腹が空きますね。

    投稿日:2013/03/26

    参考になりました
    感謝
    0

49件見つかりました

最初のページ 前の10件 1 2 3 4 5 次の10件 最後のページ

※参考になりましたボタンのご利用にはメンバー登録が必要です。

この作品にレビューを投稿された方は、こんな作品にも投稿しています

はらぺこあおむし / しろくまちゃんのほっとけーき / ぐりとぐら / おつきさまこんばんは / きんぎょがにげた / いないいないばあ / もこ もこもこ / ねないこ だれだ / がたん ごとん がたん ごとん / じゃあじゃあびりびり

絵本の人気検索キーワード

ぐりとぐら /  はらぺこあおむし /  バムとケロ /  こびとづかん /  はじめてのおつかい /  そらまめくん /  谷川俊太郎 /  ちいさなちいさな王様 /  いないいないばあ /  いやいやえん /  スイミー /  飛び出す絵本

出版社おすすめ

  • はりきりみかん
    はりきりみかんの試し読みができます!
    はりきりみかん
    作・絵:じゃんぼ かめ 出版社:国土社 国土社の特集ページがあります!
    いつも元気なはりきり子どもみかん、こたつの中でたいへんなことに・・・!


『新レインボー小学国語辞典 改訂第6版』監修者・金田一秀穂さんインタビュー

みんなの声(150人)

絵本の評価(4.66)

何歳のお子さんに読んだ?


全ページためしよみ
年齢別絵本セット