虫・むし・オンステージ! 虫・むし・オンステージ!
写真・文: 森上信夫  出版社: フレーベル館 フレーベル館の特集ページがあります!
いよいよ夏、真っ盛り。虫たちのアツいステージを見逃すな!!!

きこえてくるよ」 ママの声

きこえてくるよ 作:なかえ よしを
絵:上野 紀子
出版社:ポプラ社 ポプラ社の特集ページがあります!
本体価格:\1,200+税
発行日:2003年11月
ISBN:9784591079201
評価スコア 4.6
評価ランキング 3,533
みんなの声 総数 4
「きこえてくるよ」は現在購入できません
  • この絵本のレビューを書く

立場で選ぶ

並び替え

2件見つかりました

最初のページ 前の10件 1 次の10件 最後のページ
  • 自然の音に耳を傾けよう!

    お姉ちゃんに続き、弟の息子もお姉ちゃんが所属してるオーケストラに
    スカウトされ、4月からの入団が決まりました。
    そこで、どの楽器を担当するのか、今検討中なんですがバイオリンの
    練習を頑張ってるルミちゃんの姿が気になった息子が、図書館から借りてきました。

    動物達に音楽の素晴らしさを伝えるために一生懸命になってるルミちゃん。
    でも、うまく伝わらず・・・
    ところが、動物達はもっと素敵な音楽をルミちゃんに聴かせてくれました。

    そう!音を奏でる楽器がなくても音楽を楽しむことができる!
    これこそ、まさに音を楽しむ。はじめは、どんな形でも音を楽しんで
    興味を増し、自分で奏でてみよう。と感じることが大事ですね。

    このお話しを読んで、ますます音楽の素晴らしさや興味が増した我が家の子どもたち。
    たくさんの音楽に触れて欲しいなぁって思いながら、私も楽しみました。

    投稿日:2008/03/08

    参考になりました
    感謝
    0
  • 自然の音の素晴らしさ&音楽教育

    • まりん♪さん
    • 30代
    • ママ
    • 福岡県
    • 女の子11歳

    バイオリンを習い始めたばかりのルミちゃんの表情から絵が始まるのですが、それがとっても悲しそうな表情です。
    一生懸命練習しているのに、なかなかきれいな音が出せなくて、イライラしているんですね。
    そこに森の動物達がやってきます。
    そこで、ルミちゃんのバイオリンを聴いて【へんな音】と言ってルミちゃんを怒らせてしまいます。
    ルミちゃんは動物達に音楽を知ってもらおうとテレビを見せたりオーケストラの演奏を聴かせたりします。
    でも全然ルミちゃんの言う音楽が伝わらず、ルミちゃんはますますイライラするばかり。
    ある日、ルミちゃんは動物達の音楽会に招待されます。
    そこで耳にした音楽は自然の音で、それを聞いているととっても優しい気持ちになることができました。
    この最後のシーンでルミちゃんやっと笑顔になるんです。
    自然の音の素晴らしさ、癒しの力みたいなものも感じましたが、ピアノやバイオリンを学んでいる小さな子ども達が音を楽しみながら本当の音楽を奏でられるように・・そんな願いみたいなものも感じました。

    投稿日:2003/12/28

    参考になりました
    感謝
    0

2件見つかりました

最初のページ 前の10件 1 次の10件 最後のページ

※参考になりましたボタンのご利用にはメンバー登録が必要です。

この作品にレビューを投稿された方は、こんな作品にも投稿しています

はらぺこあおむし / しろくまちゃんのほっとけーき / ぐりとぐら / きんぎょがにげた / いないいないばあ / もこ もこもこ / もっちゃう もっちゃう もうもっちゃう / ピヨピヨ スーパーマーケット

絵本の人気検索キーワード

ぐりとぐら /  はらぺこあおむし /  バムとケロ /  こびとづかん /  はじめてのおつかい /  そらまめくん /  谷川俊太郎 /  ちいさなちいさな王様 /  いないいないばあ /  いやいやえん /  スイミー /  飛び出す絵本

出版社おすすめ



とっておきの場所をとられちゃったククー、さあどうする…?!

みんなの声(4人)

絵本の評価(4.6)


全ページためしよみ
年齢別絵本セット