新刊
かぞえるえほん おやすみわんちゃん

かぞえるえほん おやすみわんちゃん(偕成社)

みんなでいっしょに数えてかわいい、おやすみ前のわんちゃんの絵本。

  • かわいい
  • ためしよみ

おんなじ おんなじ自信を持っておすすめしたい みんなの声

おんなじ おんなじ 作:多田 ヒロシ
出版社:こぐま社 こぐま社の特集ページがあります!
税込価格:\1,100
発行日:1968年07月
ISBN:9784772100090
評価スコア 4.57
評価ランキング 5,301
みんなの声 総数 96
  • この絵本のレビューを書く

自信を持っておすすめしたい みんなの声から

みんなの声一覧へ

並び替え

59件見つかりました

最初のページ 前の10件 1 2 3 4 5 ... 次の10件 最後のページ
  • おそろい好き

    ぶうとぴょんのように、子どもは、「おそろい・おんなじ」が大すきな時期があり、そんな気持ちを表しているこの絵本はとても気に入っているようです。
    お友達と同じものをもつと嬉しかったり、大人と同じものをもてるととても得意気だったりと、日常生活の中でも、「おんなじ」好きの様子がよく見られます。
    「おんなじ、おんなじ」と、台詞を真似して口ずさむ様子がとても楽しそうで、一緒によんでいて楽しい気持ちになれました。

    投稿日:2009/05/15

    参考になりました
    感謝
    2
  • とっても楽しいおんなじ絵本

    • 金のりんごさん
    • 40代
    • ママ
    • 神奈川県
    • 女の子12歳、男の子9歳、男の子6歳

    前からずっと気になっていたこの本、やっと図書館で見つけて読みました。
    読んでみて、とても良かったです!
    多田ヒロシさんのはっきりとした絵と大きな字の文章がとてもわかり易いので、本のサイズは小さめですが、複数の子ども達に対しても十分読み聞かせの出来る絵本です。

    “おんなじ”というのは、ある年齢の子ども達にはとても重要なアイテムなのではないでしょうか。
    “おんなじ”が繰り返されることで、子ども達は二人の親密さを感じ取ることができます。
    また、今度もきっとおんなじだよ!と、先を予想することができるので、ちょっと誇らしげな気分にもなれそうです。
    そして、ずっとおんなじだった二人が最後には違うものを宝物にしているところも、ちょっと予想を裏切られて楽しいですね。

    ノンタン年齢の子ども達にちょうどいいくらいだと思います。

    投稿日:2006/09/09

    参考になりました
    感謝
    2
  • おんなじも違うも嬉しい

    ぶう と ぴょん は靴も帽子も洋服も同じ。
    他にも同じものを持っているのをページをめくりながら
    「また同じー!」と、うちの子供は大喜びでした。

    そして最後に、ころころっと違うものが飛び出てきます。
    その時の子どもの反応がすごく大きかったです。
    子育てサークルで読み聞かせをした時も
    このページでどの子も「あ!」と反応します。

    友達とおんなじも嬉しいし、違うものがあるのも嬉しいんですね。
    2人の車のナンバーも「753」で可愛いです。
    どこまでも子どもらしくて楽しい絵本です。

    投稿日:2015/09/14

    参考になりました
    感謝
    1
  • やっぱり違うところもあるね

    • りょうあおさん
    • 30代
    • ママ
    • 大阪府
    • 男の子7歳、女の子5歳

    帽子も服もおもちゃもほとんど同じ2人。すごく仲良しでいっぱい同じがあるけど、やっぱり違うところがありました。小さい子供さんには、同じ同じというテンポと絵の本として読んであげてもいいし、少し大きなお子さんには何もかも同じに見えても、やっぱりみんなそれぞれ違ってるんだよ、自分の好きな物、持ってるのは同じじゃないよと教えながら読むのも良いのではないでしょうか。

    投稿日:2011/04/01

    参考になりました
    感謝
    1
  • おなじものを認識して敏感に反応する頃に

    • レースさん
    • 30代
    • ママ
    • 愛知県
    • 男の子8歳、男の子5歳

     息子が1歳ごろ、家にあるものや見慣れたものと同じものを、外で見つけたとき、「あっ」と声を出して、それを指差ししたことが、よくありました。息子の場合は確か、あるキャラクターの顔だったと記憶しています。
     その「あっ」と言った声は「おんなじおんなじ」と言いたかったのだとすぐにわかりました。
     おなじものを認識して、敏感に反応する頃にぴったりの本だと思います。

     当時、同じアパートで、生まれ月も同じ仲良しのお友達とよく遊びましたが、そのお友達と趣味が合うらしく、持っていたおもちゃや乗り物が、偶然一緒だったり、どちらかが持っているものをすごく気に入って同じものを買ったりして、まるでこの本のぶうとぴょんみたいだったことがありました。
     それで、ぶうとぴょんのところを息子とお友達の名前で、持ち物も、実際に持っている同じものに変えて読んでみたりもしました。

    投稿日:2010/10/14

    参考になりました
    感謝
    1
  • たんこぶまで!?

    • イモキチさん
    • 30代
    • ママ
    • 東京都
    • 男の子1歳4ヶ月

    ぶたさんの「ぶう」と、うさぎさんの「ぴょん」は
    とっても仲良し。

    着ている洋服や、おもちゃ、車までなんでも
    「おんなじ」なのです。

    そして、あたまを打ったときのたんこぶまで
    同じと言う仲良しよう(笑)
    とても微笑ましい絵本です。

    こんなに仲良しのお友達がいたら、毎日楽しいだろうな♪

    最近、お友達のお家で読ませてもらってからというもの、
    凄くお気に入りになったようで、お友達のお家に行くたびに
    読んでいます。買ってあげようかな・・?

    イラストもはっきりしていて、
    小さい赤ちゃんでも目を引くと思います。

    投稿日:2006/06/19

    参考になりました
    感謝
    1
  • 同じかな?違うかな?

    2歳息子が今一番気に入っている絵本です。ぶたさんとうさぎさん、おんなじだねー、おんなじだねー、とページをめくりながら楽しんでいます。中でも、自動車でごっつんこするところが好きなようです。繰り返しの続く絵本なので、小さなお子さんにも楽しめる一冊だと思います。

    投稿日:2021/11/19

    参考になりました
    感謝
    0
  • 同じという嬉しさ

    小さい子向けのおはなし会用にセレクト。
    ぶうとぴょんのえほん、と副題にある通り、
    ブタとウサギのお友だちのおはなしです。
    なんと、この二人、靴や帽子などがみんな見事に!同じなのです。
    繰り返される、「おんなじ」のフレーズが何とも愉快です。
    もちろん、二人とも同じなのが嬉しいのですが、
    何か違うところがあるかな?と、それも楽しんでいるわけで。
    なかなかダイナミックな展開はちょっとハラハラもしますが、
    意外なオチもほんわかです。
    シンプルですが、いろんな意味で心地良いです。

    投稿日:2021/06/13

    参考になりました
    感謝
    0
  • ごっつんこするんよー!

    読み聞かせで読んでいただいて子どもが気に入ったので購入しました。おんなじおんなじと繰り返してお話が進んでいくのですが、最後は違ったものが出てくるという内容です。子どもにおんなじかねー?と聞くと、そうよー??と得意顔。でも、車が同じ時は ダメダメ!だめっちゃ!ごっつんこするって!と大騒ぎ笑笑
    とても楽しんで読んでいます。

    投稿日:2019/10/28

    参考になりました
    感謝
    0
  • 私は絵が好みではなかったのですが、子どもはこの絵本が大好きで、何度も読まされました。この絵本のストーリー、二人が違うところをどんなに探しても何もかも同じなのかなと思ったところで違うものを持っていたことに偶然きがつくという単純なものですが、子どもはストーリーそっちのけで、「おんなじ おんなじ」という語感を楽しんでいます。

    投稿日:2016/12/23

    参考になりました
    感謝
    0

59件見つかりました

最初のページ 前の10件 1 2 3 4 5 ... 次の10件 最後のページ

※参考になりましたボタンのご利用にはメンバー登録が必要です。

この作品にレビューを投稿された方は、こんな作品にも投稿しています

はらぺこあおむし / しろくまちゃんのほっとけーき / ぐりとぐら / きんぎょがにげた / いないいないばあ / もこ もこもこ / はじめてのおつかい / がたん ごとん がたん ごとん / くだもの / だるまさんが

絵本の人気検索キーワード

ぐりとぐら /  はらぺこあおむし /  バムとケロ /  こびとづかん /  はじめてのおつかい /  そらまめくん /  谷川俊太郎 /  ちいさなちいさな王様 /  いないいないばあ /  いやいやえん /  スイミー /  飛び出す絵本

出版社おすすめ



装丁も新たにボードブックとして登場した、レオ・レオーニの名作『あおくんときいろちゃん ボードブック』

みんなの声(96人)

絵本の評価(4.57)

何歳のお子さんに読んだ?


全ページためしよみ
年齢別絵本セット