しばわんこの和の行事えほん しばわんこの和の行事えほん しばわんこの和の行事えほんの試し読みができます!
絵・文: 川浦 良枝  出版社: 白泉社 白泉社の特集ページがあります!
お正月、節分、夏祭り...季節に縁のある遊びに触れながら、親子で楽しめる日本の行事をご紹介。

まほうつかいとねこなかなかよいと思う みんなの声

まほうつかいとねこ 作・絵:せな けいこ
出版社:鈴木出版 鈴木出版の特集ページがあります!
本体価格:\1,100+税
発行日:1995年
ISBN:9784790260639
評価スコア 4.32
評価ランキング 14,346
みんなの声 総数 18
「まほうつかいとねこ」は現在購入できません
  • この絵本のレビューを書く

なかなかよいと思う みんなの声から

みんなの声一覧へ

並び替え

9件見つかりました

最初のページ 前の10件 1 次の10件 最後のページ
  • 白い猫でも!

    魔法使いの猫=クロネコ。
    そんなイメージですが、白い猫もかわいいでは、ありませんか。
    何とかほうきに乗れるようになろうと、必死にしがみついて頑張る姿は、本当にかわいい!!
    結局、おんぶされるのですが、それもいいじゃないって思えます。

    掲載日:2013/05/18

    参考になりました
    感謝
    1
  • そういうのもあり!

    • 風の秋桜さん
    • 40代
    • その他の方
    • 埼玉県
    • 男の子17歳、男の子14歳

    魔法使いは黒いネコを募集しましたが、吹雪の晩にやって来たのは、白いネコ・・・はたして魔法使いは・・・・?
    へぇ〜魔法使いはネコを募集するんだ・・・なんて本気で納得させてしまう自然なお話の流れに、作者の手腕を感じます
    しかもセーターでカモフラージュしてしまう面白さに、子供も食いついてきます
    結局は魔法使いの人間(?)性の良さが他の魔法使いにも、良い影響を与えてしまうのですね・・・
    色々なセーターを着たネコちゃんたちのシーンはお気に入りです

    掲載日:2008/12/12

    参考になりました
    感謝
    1
  • ねこはねこだよね

    まほうつかいっていじわるなイメージがあったけど、このまほうつかいはとってもやさしくて大好きです。私が。。。

    本当はしろいねこがよかったけど、とめてあげたりしているうちに仲良くなり、でもほうきの後ろに乗れないからおんぶしてあげたり、出来なかったらいろいろフォローしてあげて、そんな温かさが子どもに伝わるといいなと思っていつも読んでいます。
    白い猫って見つかるとまずいのでセーターを着せてあげるのですが、子どもとどれだって見つけっこをして楽しんでます。最後はいろんな猫がセーターを着ているので、下の子は苦戦して探しています。
    動物に対して優しくなって欲しいと思ってる方におすすめ

    掲載日:2008/03/06

    参考になりました
    感謝
    1
  • 猫募集

    • みちんさんさん
    • 30代
    • ママ
    • 愛知県
    • 女の子5歳、女の子3歳

    3歳と5歳の子に読みました。
    猫募集なまほうつかいのもとにやってきたのは…なんと白猫!
    まほうつかいといえばたしかに黒猫のイメージは強いけれども、白猫でもいいじゃない!
    運動神経も欲しいんですね。
    いいまほうつかいさんでよかったです。
    次のまほうつかいたちの集まりが楽しみですね。

    掲載日:2016/09/01

    参考になりました
    感謝
    0
  • 優しい魔女

    魔法使いって怖くて意地悪なイメージが

    ありますが、この絵本の魔女は違いますよ。

    困っているしろねこを助けてあげるし、お世話もします。

    くろねこだったらいいのにね・・・なんていってましたが、

    見捨てることなく可愛がります。

    いつの間にか仲良くなっていくこのおもしろいペアが

    見てて楽しかったです。

    せなけいこさんのお話はおばけが多いですが、

    今回はおばけではなく魔女。魔女もおばけに入るかな?

    掲載日:2014/07/04

    参考になりました
    感謝
    0
  • 集まりに、くろねこを連れて行かなければいけないという決まりも不思議ですが、何故かしろねこにくろねこファッションをさせて参加した魔法使いです。
    魔法使いとしろねこの出合い、思いやりが美しいと思いますが、しろねこの参加で、今までの決まりを変えた魔法使いたちの決断も面白いと思います。
    以外と、決まりって意味のない理由で成り立っているのかもしれない。
    見直しをするきっかけも必要ですね。

    掲載日:2013/11/10

    参考になりました
    感謝
    0
  • 個性は、大事だもの〜

    せなさん作品は
    どうしてもあの小さいサイズのイメージがあって
    こんなに大きなサイズの本があるとは
    知りませんでした

    魔法使いというのも意外
    魔女=黒猫
    のイメージですものね

    でも、白い猫とすっかり
    仲良しになっちゃうし
    いいアイディアも!!

    でも・・・大変!ばれちゃう

    でも!

    こだわらなくてもいいんだよ
    みんな違って、みんないい的メッセージ

    個性があった方が楽しいもんね
    でも、ねこちゃんが
    本当にお洋服着るのが好きならーですけど

    掲載日:2013/02/05

    参考になりました
    感謝
    0
  • ばれちゃいました

    • リーパンダさん
    • 30代
    • ママ
    • 宮崎県
    • 男の子7歳、女の子4歳

    魔法使いと黒猫といえばピッタリの関係。
    でも今回のお話は黒猫ではなく白猫なんですが、
    優しい魔法使いとピッタリ!!
    白猫がばれないようにする工夫も
    ばれてしまったときにとった行動も
    本当にいい魔法使いなんだな〜と、子供達と話ていました。

    色(見た目)なんて関係ないんだよ。と、教えてくれたようで、ちょっと感動してしまいました。

    掲載日:2007/10/19

    参考になりました
    感謝
    0
  • 気があうのがいちばん!

    魔女の格好には、黒猫のほうがぴったりかなあと思うのですが、ここに出てくるのは、ほうきにも乗れない白猫でした。でも、魔法使いのフォローが絶妙です。セーターを着せて、おんぶするなんて、思いつきませんでした。息子は「仲良しでよかったね。」と、満足げでした。

    掲載日:2006/09/29

    参考になりました
    感謝
    0

9件見つかりました

最初のページ 前の10件 1 次の10件 最後のページ

※参考になりましたボタンのご利用にはメンバー登録が必要です。

この作品にレビューを投稿された方は、こんな作品にも投稿しています

はらぺこあおむし / まどから おくりもの / しろくまちゃんのほっとけーき / ぐりとぐら / きんぎょがにげた / いないいないばあ / もこ もこもこ / ぼちぼちいこか / ねないこ だれだ / がたん ごとん がたん ごとん

絵本の人気検索キーワード

ぐりとぐら /  はらぺこあおむし /  バムとケロ /  こびとづかん /  はじめてのおつかい /  そらまめくん /  谷川俊太郎 /  ちいさなちいさな王様 /  いないいないばあ /  いやいやえん /  スイミー /  飛び出す絵本

出版社おすすめ



玉川大学教授・梶川祥世先生&編集者・岡本薫さんインタビュー

みんなの声(18人)

絵本の評価(4.32)

何歳のお子さんに読んだ?


全ページためしよみ
年齢別絵本セット