おてて だあれ? おてて だあれ? おてて だあれ?の試し読みができます!
作: ふくなが じゅんぺい 絵: たかしま てつを  出版社: KADOKAWA KADOKAWAの特集ページがあります!
おててが どうぶつに大変身! 親子で楽しむ、手あそび絵本。

かいじゅうたちのいるところふつうだと思う みんなの声

かいじゅうたちのいるところ 作:モーリス・センダック
訳:じんぐう てるお
出版社:冨山房 冨山房の特集ページがあります!
本体価格:\1,400+税
発行日:1975年
ISBN:9784572002150
評価スコア 4.5
評価ランキング 6,019
みんなの声 総数 291
  • この絵本のレビューを書く

並び替え

28件見つかりました

最初のページ 前の10件 1 2 3 次の10件 最後のページ
  • 男の子なら楽しめそう

    タイトル通りかいじゅう満載の絵本だったので、乙女街道を進んでいる娘には全く響かなかったようです^^;

    かいじゅうみたいに暴れていたら、かいじゅうのいるところへ来ちゃった!楽しく過ごしていたけどやっぱりお家に帰りたい。そんなお話です。

    内容も絵も男の子向けじゃないでしょうか?
    期待して購入しましたがお蔵入りしてしまいました。

    投稿日:2013/08/21

    参考になりました
    感謝
    1
  • 大きい子にはいいかも

    有名なお話なので面白い絵本なんだろうと
    借りてきて読んだのですが、なんだか期待はずれでした。
    息子ももう一度読んでとせがむこともなく
    一度しか読みませんでした。

    もう少し大きくなってからの方がいいかもしれません。

    投稿日:2010/11/22

    参考になりました
    感謝
    1
  • これでいいのかなぁ

    お母さんに怒られて、寝室に放り込まれたマックス。
    でも船に乗って、怪獣達のいるところへ行ってしまいます。

    マックス自身は船旅も楽しいし、
    怪獣達の王様になって好き放題して楽しい。

    お母さんに怒られたのに、
    反省している気配が全然なし。
    これでいいのかしら・・・?

    自分の寝室に帰ってきて、
    夕ご飯の温かくて美味しい匂いがしてほっとしていたけれど、
    反省しているかどうかは、お母さんには分からないのでは?

    私としては、
    何となくお話に入り込めないなあという印象でした。

    投稿日:2018/04/19

    参考になりました
    感謝
    0
  • 反応いまいち

    • ポン太さん
    • 30代
    • ママ
    • 広島県
    • 男の子3歳、女の子1歳

    3歳の息子に図書館で借りて読んであげました。

    レビューが高評価なので、期待して読んでみたのですが、残念ながら息子の反応はいまいち。
    私自身もあまり良さが分からず・・・。
    2回読んだだけで、その後、読んで欲しいと持ってくることはありませんでした。

    投稿日:2016/05/16

    参考になりました
    感謝
    0
  • どうかな・・・

    とても人気のある絵本で、たくさん賞も受賞していたので期待して読んだのですが・・・。
    ちょっとよくわからないお話でした。
    子どもたちもストーリーについてはぽかんとしていて。

    ただ絵がきれいで、怪獣たちがとても生き生きと描かれているので、そこはよかったです。
    子どもたちもストーリーは無視して、絵をたくさん見ていました。
    そういう楽しみ方もあるのかな。
    海外絵本ならではの独特な印象でした。

    投稿日:2016/05/01

    参考になりました
    感謝
    0
  • 我が家の娘には。。。

    おすすめ絵本としてよく紹介されていたので,3歳の娘に読んでみました。
    正直,表紙の絵を見て娘はあまり気の進まない様子でしたが,読んでいる最中は静かに聞いていました。

    主人公の男の子が騒ぐ様子は,現実的にもよく幼児に見られる光景で親の私はおかしくなってしまいました(笑)。
    そして,こんな時に親が怒るのもよくある光景で(笑)。

    閉じ込められた部屋には怪獣がいっぱい。
    主人公はこの世界の王様に。
    我が家の娘には,怪獣はあまり興味のある対象物ではなく,そんな世界の王様になった主人公にも共感せず,読み終わるとそそくさと本棚にしまいに行ってしまいました。
    女の子向けではなかったのかな?
    娘好みの絵本ではなかったようです(すみません)。
    娘の反応で☆3です。
    絵本は好みもありますし,この絵本が大好きというお子様もたくさんいるでしょうね!

    投稿日:2014/06/08

    参考になりました
    感謝
    0
  • 男の子が好む感じ絵本です。

    • うさりすさん
    • 30代
    • パパ
    • 鹿児島県
    • 男の子5歳、男の子4歳、女の子3歳

    3歳の娘は怖い…と言ってしがみついてきました。
    5歳の息子は絵本の世界に入り込んでいました。かいじゅうの世界にとても興味を示し自分のいるところと繋がっているの?と何度も聞いては怖い〜でもちょっと行ってみたい〜!と色々想像を膨らませていました。
    不思議な世界観のある絵本だなと思いました。

    投稿日:2011/11/27

    参考になりました
    感謝
    0
  • 怖すぎたみたい 大きくなってからまた読みたい

    絵の迫力!
    ママに怒られた男の子がかいじゅうになって旅にでるという
    ワクワクするようなストーリー。

    息子を育てていると 時々 怪獣のようだ と思うことがあります
    それで 叱るともっと怪獣になったり。
    そんな時は この絵本の子のように 怪獣の世界に行っているのかな
    そして 最後は やっぱりママの元で あったかいごはんを食べたいと気づいて戻ってきてくれるのかな

    母としては 色々考える 素敵な絵本でしたが
    3歳の息子には 怪獣の絵が怖すぎたのか 怪獣たちのところに自分と同じくらいの男の子が行くというストーリーが怖すぎたのか
    とにかく 怖いといって
    一回読んだきり もう読まないで 怖い怖い と言われてしまいました
    また 4〜5歳になったら読んであげようと思います

    投稿日:2011/11/22

    参考になりました
    感謝
    0
  • 私も娘もちょっとイラストが苦手です。

    とっても有名な絵本だと思うのですが、私は読んだことがなくて…。
    子供はイラストが怖いと嫌がったのですが、試しに読み聞かせをしてみました。
    確かに絵がちょっと怖いですね。

    いたずらっこのマックスはおおかみのぬいぐるみをきていたずら。
    するとおかあさんに怒られてかいじゅうたちのいるところへ旅に出ます。
    でもやっぱりおかあさんが恋しくなって…。

    大人が読むとなるほどな〜と思うのですが、6歳の娘にはただ怖いお話という印象だったようです。
    どちらかというと男の子向けの本かな?
    『いたずらすると君もかいじゅうの世界に行くことになるよ!』というメッセージもあるのでしょうか?
    読んでいて表情や言動からマックス君の性格が悪そうに感じてしまいました。

    好きか嫌いかと言うと私はあまり好きな部類ではありませんが、いたずらっこの男の子には一度読んでみるといいかもしれないですね。

    投稿日:2011/10/03

    参考になりました
    感謝
    0
  • 理屈抜きに楽しめる

    • かよたさん
    • 20代
    • その他の方
    • 東京都

    モーリス・センダックさんの代表作。1964年にコールデコット賞を受賞した作品です。
    2010年にはスパイク・ジョーンズ監督による映画も公開されましたね。

    ママに怒られて寝室に閉じ込められたマックス。
    しかし、その寝室が野原や海に変わり、マックスは航海を始めます。
    そして、たどり着いたのはかいじゅうたちのいるところ。

    奇妙だけど、なぜか憎めないかいじゅうたち。何度も手に取ってみたくなる絵本です。
    ちょっと生意気な感じがしてしまうマックスも最後には自分の家に帰っていく…なんだか可愛らしく思えました。
    理屈抜きに、楽しめる絵本だと思います。

    投稿日:2011/08/23

    参考になりました
    感謝
    0

28件見つかりました

最初のページ 前の10件 1 2 3 次の10件 最後のページ

※参考になりましたボタンのご利用にはメンバー登録が必要です。

この作品にレビューを投稿された方は、こんな作品にも投稿しています

どうぞのいす / はらぺこあおむし / きんぎょがにげた / 100万回生きたねこ / はじめてのおつかい / がたん ごとん がたん ごとん / スイミー 小さなかしこいさかなのはなし / おまえ うまそうだな / アンパンマンをさがせ! / 不思議の国のアリス

絵本の人気検索キーワード

ぐりとぐら /  はらぺこあおむし /  バムとケロ /  こびとづかん /  はじめてのおつかい /  そらまめくん /  谷川俊太郎 /  ちいさなちいさな王様 /  いないいないばあ /  いやいやえん /  スイミー /  飛び出す絵本

出版社おすすめ



『おかしになりたいピーマン』『おもちゃになりたいにんじん』岩神愛さんインタビュー

全ページためしよみ
年齢別絵本セット