新刊
トラといっしょに

トラといっしょに(徳間書店)

美しいイラストで描いた心に残る絵本

  • 学べる
  • ギフト
新刊
ほげちゃんとおともだち

ほげちゃんとおともだち(偕成社)

Twitter&Instagramで#うちのほげちゃんプレゼントキャンペーン実施中!

  • 笑える
  • 盛り上がる
  • ためしよみ

かいじゅうたちのいるところなかなかよいと思う みんなの声

かいじゅうたちのいるところ 作:モーリス・センダック
訳:じんぐう てるお
出版社:冨山房 冨山房の特集ページがあります!
本体価格:\1,500+税
発行日:1975年
ISBN:9784572002150
評価スコア 4.49
評価ランキング 9,177
みんなの声 総数 302
「かいじゅうたちのいるところ」は現在購入できません
  • この絵本のレビューを書く

並び替え

78件見つかりました

最初のページ 前の10件 1 2 3 4 5 ... 次の10件 最後のページ
  • 奥が深い

    とても有名な絵本で、映画化もされたようですね。
    知人にすすめられ、夫も子供の頃お気に入りだったとのことで、手に取ってみました。

    マックスはおおかみのぬいぐるみを着てイタズラ放題。怒ったお母さんに夕飯抜きで寝室に放り込まれます。そこからマックスの想像の世界(?)に突入。船で長旅にでかけ、かいじゅうたちのいるところで王様になります。かいじゅうたちと歌い踊り、得意になってひとしきり楽しんだら寂しくなって、船で長旅をして帰り着いたところは、いつもの寝室。まだあたたかい夕飯が置いてあった…というストーリーです。

    文章は短く簡潔。でもその裏に多くが語られている気がします。
    子供の有り余るエネルギー、好奇心、冒険心、心に溜まっているものを思う存分発散して、やっぱり最後に戻ってくるのはいつもの場所。安心感、お母さんのぬくもり。読後感がとてもいいです。挿絵もトーンが暗めですが、不思議な魅力を持っています。

    娘には、まだ早くてわからなかったかな…。
    反応は薄くて、お気に入りの本とまではならなかったようです。
    またしばらくしてからぜひ読み聞かせたいです。

    投稿日:2010/11/03

    参考になりました
    感謝
    3
  • なぜか好きなんです

    • きらりさん
    • 30代
    • ママ
    • 愛知県
    • 男の子11歳、女の子8歳

    小学1年生の読み聞かせで読んでいます。
    定番の絵本なので保育園等で読んでもらったことのある子が結構いるのですが、それでも真剣に聞いてくれます。

    私自身は子どもの頃に読んだ記憶がありません。私好みの絵ではないのできっと読んでいないのだと思います。大人の気持ちでしか読んだことがないし、私の好きなタイプの話でもないので、どうして子どもたちがこんなにもこの本が好きなのかわかりません。大人にはわからない何かがこの本にはあるのでしょう。読み聞かせでは自分が好きな本ばかり読んでいるのですが、この本だけは自分の好みではなく子どもたちの好みで読む本です。

    最近は「オバマさん知っている人〜?」から始めて読む前から興味を持たせることができるのでオバマ大統領に感謝です。2年くらいはオバマさんの知名度が高いまま続くといいなぁ。

    投稿日:2009/10/23

    参考になりました
    感謝
    1
  • ーおねがいいかないで。 
     おれたちは、たべちゃいたいほど、おまえがすきなんだ。
     たべてやるから、いかないで。ー

    かいじゅうの国をたずねよう。
    寝室から始まる、マックスの冒険。

    いたずらをしすぎてお母さんに閉じ込められてしまった寝室は、なんと森への入り口だった……?

    かいじゅうたちの住む森で王様としてあばれ回ったマックスが疲れてふと思い出したのは、お母さんのこと。あたたかなおうちのこと。

    一人一人に合わせた本をオススメしているヨンデミーにて、やんちゃなお年頃に入ってきたお子さんにこちらの本をおすすめしたところ、なんだか思うところがあったよう。
    読了後のお母さんへの関わり方が変わったそうです。

    本のいいところは、主人公に自分を投影して本の世界を擬似体験出来るところですよね。
    そして、その擬似体験した世界での学びは、日常生活に活きてきます。

    読み手の子どもたちにふとした気づきを与えてくれるこちらの本、オススメです。

    投稿日:2020/11/02

    参考になりました
    感謝
    0
  • 読み応えのある一冊です

    表紙の雰囲気からして、怪獣や冒険ものが好きな子向けだな〜という気がします。あまりにも名作のロングセラー絵本ですが、かわいいものや楽しいものが好きな娘たちにはそれほど響いていないようでした。

    でも、お話し会や読み聞かせでも、今まで何度か読んでもらっていたので、内容についてはよく知っていて、仲良く遊んだかいじゅうたちとあっさりとさよならをするところを不思議がったり、「やっぱり夢だったのかなぁ」とつぶやいたりしていました。

    私は、とにかくこの絵の緻密さにいつも驚いて、どういう手法なのかじっくりと見てしまいます。全ページ描くのにどのくらいかかったのだろう…と、その工程を想像すると、間違いなく渾身の作品だっただろうなと、それも含めてとても読み応えのある一冊だと思います。

    投稿日:2020/07/28

    参考になりました
    感謝
    0
  • 有名な絵本

    • まことあつさん
    • 30代
    • ママ
    • 東京都
    • 男の子7歳、男の子4歳

    お薦め本の中で上位に入る有名な絵本。
    でも、私は小さい頃に出会った記憶がありません。
    大人になって初めて読み、
    子どももまだ小さくてあまり反応はよくありませんでした。

    映画化されたものを子どもとみて、
    再度絵本でも読みましたが、
    評価され、期待しすぎているのか
    想像力豊かな息子たちのようで
    面白いとは思いますが、あまり心に響きませんでした。

    投稿日:2020/05/06

    参考になりました
    感謝
    0
  • 一睡の夢

    インターネットで、おすすめ絵本の上位にランクインしていたので、気になり、読んでみました。
    絵本を読んで、まさに一睡の夢だなと思いました。
    イラストがとても独特で、怪獣達が怖いです。
    1歳の子供には、まだ内容が難しく、大人しく読み聞かせできませんでした。

    投稿日:2018/11/09

    参考になりました
    感謝
    0
  • 怪獣が怖い…

    • みっとーさん
    • 30代
    • ママ
    • 滋賀県
    • 男の子5歳、女の子4歳

    ママが大好きないたずら怪獣、かわいいじゃないですか。
    夢の中か、男の子の想像か、ママに怒られ怪獣の世界にたどり着いた男の子は、怖そうな怪獣の王さまになってしまいます。
    自分の指図で思い通りに動かせる怪獣の世界より、脅してくる怪獣より、ママに会いたいという気持ちで自分の部屋に帰っていく姿を見て、子ども達はなんだかほっとしているみたいでした。

    投稿日:2017/05/26

    参考になりました
    感謝
    0
  • 絵に惹きつけられる

    子供達は「かいじゅう怖ーい!」と言いながら楽しみ、大人は一枚一枚の絵に隠された意味を探ろうとじっくり見つめてしまう、そんな一冊です。
    読めば読むほど味わい深い。
    大冒険をして帰ってきたマックスを待っていたのは、ほかほかのゆうごはん。
    子供達が想像の旅に出かけられるのは、離れた場所で見守っていてくれる親の存在があってこそ。
    喧嘩をしても、楽しい冒険中でも、会いたくなってしまうのはやっぱりお母さん。
    自分も、子供達の帰る場所でありたいと思います。

    投稿日:2015/08/13

    参考になりました
    感謝
    0
  • 優しいだれかさんでありたいと思う

    • こりこりこさん
    • 30代
    • ママ
    • 愛知県
    • 男の子2歳、女の子0歳

    ベストセラーでよく見るし、映画にもなったしで
    2歳の息子にと図書館で借りました。

    おばけが怖いこの頃、けっこうな迫力ある怪獣に
    大丈夫かな?と思ったけど、平気でした。

    わんぱくだけど、まだまだちいさい男の子の
    ある時間を切り取ったようなお話ですね。
    息子の頭の中の世界もこんな感じなのかなぁ。

    ちょっとわがままな小さい王さま、思い通りの時間を過ごしていても
    やっぱり、いつもの『やさしいだれかさん』に会いたくなってしまう。
    さっき怒られたばかりなのに。

    きゃうも息子を叱りつつ、、、
    それでも、息子にとっての優しい誰かさんでありたいと思える本でした。

    投稿日:2015/06/26

    参考になりました
    感謝
    0
  • 好きらしい

    私は知らなかったのですが、図書館の司書さんのおすすめの一冊だったので読んでみました。
    「行きて帰りし物語」というのが、良いそうで。
    映画版も見ていない私ですが…

    2歳の息子、わかるかなーと心配でしたが
    何度か読むうちに「かいじゅうかいじゅう」と持ってくるようになりました。
    文字のないかいじゅうおどりのページなど、こちらの読み聞かせ力が試されます。
    ファンタジーの世界を生きている子供のうちに読んであげられてよかったと思います。
    これから成長に合わせてまた反応が変わっていくのかなと思うと楽しみです。

    投稿日:2014/02/09

    参考になりました
    感謝
    0

78件見つかりました

最初のページ 前の10件 1 2 3 4 5 ... 次の10件 最後のページ

※参考になりましたボタンのご利用にはメンバー登録が必要です。

この作品にレビューを投稿された方は、こんな作品にも投稿しています

はらぺこあおむし / しろくまちゃんのほっとけーき / きんぎょがにげた / いないいないばあ / もこ もこもこ / わすれられないおくりもの / てぶくろ / がたん ごとん がたん ごとん / うさこちゃんのさがしもの

絵本の人気検索キーワード

ぐりとぐら /  はらぺこあおむし /  バムとケロ /  こびとづかん /  はじめてのおつかい /  そらまめくん /  谷川俊太郎 /  ちいさなちいさな王様 /  いないいないばあ /  いやいやえん /  スイミー /  飛び出す絵本

出版社おすすめ



今月の新刊&オススメ絵本情報

全ページためしよみ
年齢別絵本セット