しばわんこの和の行事えほん しばわんこの和の行事えほん しばわんこの和の行事えほんの試し読みができます!
絵・文: 川浦 良枝  出版社: 白泉社 白泉社の特集ページがあります!
お正月、節分、夏祭り...季節に縁のある遊びに触れながら、親子で楽しめる日本の行事をご紹介。

ごきげんなすてごなかなかよいと思う みんなの声

ごきげんなすてご 作・絵:いとう ひろし
出版社:徳間書店 徳間書店の特集ページがあります!
本体価格:\1,300+税
発行日:1995年
ISBN:9784198602352
評価スコア 4.57
評価ランキング 4,259
みんなの声 総数 43
  • この絵本のレビューを書く

なかなかよいと思う みんなの声から

みんなの声一覧へ

並び替え

15件見つかりました

最初のページ 前の10件 1 2 次の10件 最後のページ
  • わかりやすくかわいいお話

    • じっこさん
    • 30代
    • ママ
    • 東京都
    • 女の子5歳、男の子1歳

    弟が生まれて、お母さんをとられた気分になった女の子が、家出をして捨て子になってしまうお話です。途中から犬や猫が仲間入りしますが、すぐに拾われてしまいます。最後は一人になりますが、ある人たちに拾われます。ハッピーエンドです。
    幼稚園児でも一人で読めるくらいの長さだと思います。わかりやすいです。娘は、あまり好みではなかったのか、一度しか読んでいません。

    掲載日:2017/01/25

    参考になりました
    感謝
    0
  • 兄弟あるある

    • さみはさみさん
    • 40代
    • ママ
    • 東京都
    • 男の子8歳、男の子4歳

    小学校2年生の長男に薦められそうな本を探していて、自分で読んでみました。

    今まで両親を独り占めにしていた第一子のありがちな気持ちですね。このテーマの絵本はたくさんありますが、斬新なのは、動物がどんどん仲間に加わってくることですね。

    文章が少なくて小さな子にも読みやすいような気がしますが、文章がすべて誰かの台詞か「あたし」の心の声で、地の文章がないため、小さな子には状況を把握しにくいように感じます。ある程度一人での読書に慣れていて、どれが誰の台詞かすぐにわかるレベルでないと楽しめないなと思いました。

    掲載日:2016/09/26

    参考になりました
    感謝
    0
  • あねであることを受け入れるかどうか

    姉としていつも悔しいような足りないような気持ちになる主人公は、とうとう、家出をすることにします。かわいい捨て子を拾って、とアピールしながら段ボールに入って待ったり、、、、

    でも、犬や猫や亀まで、どこかにもらわれていきたい、と段ボールに入ります。亀と猫がもらわれ、犬はご主人が探しにきて、、、

    残った主人公には両親と弟がきて拾っていきます。

    気持ちは少しわかるけど、なんだか癒されるようなエンディングでした。

    掲載日:2015/04/23

    参考になりました
    感謝
    0
  • 寂しいおねえちゃん

    • みちんさんさん
    • 30代
    • ママ
    • 愛知県
    • 女の子3歳、女の子1歳

    弟が産まれて両親は弟のことばかりでおねえちゃんは寂しくなってしまったんですね。
    おねえちゃんやおにいちゃんはこの気持ち分かるかな。
    自分で箱を用意してすてごになってしまうところにはびっくり!そしてけっこうみんな相手にしてくれないものですね…。
    おかあさんもあまりおねえちゃんに寄り添ってくれないですし。赤ちゃんがいてももう少しこのおねえちゃんのことも気にかけてくれてもいいのでは?

    掲載日:2014/07/16

    参考になりました
    感謝
    0
  • 「かわいい」と名乗るポジティブさGOOD!

    弟にヤキモチを焼いて、家出をして捨て子になった主人公。
    自ら「KAWAII SUTEGO」と名乗るポジティブさ!
    卑屈にならない女の子がかわいいです。

    他の捨てられた動物たちもあつまり、通行人たちに拾ってくださいとアピールします。
    そして、どんどん素敵な新しい家族に拾われてゆく・・・
    最後に残った女の子はちょっとさびしくなってしまいます。

    でも、さすがに、ポジティブな女の子を産み育てたご両親。
    肝が据わってらっしゃる。
    普通に素敵な新しい家族に戻って行きます。

    大事件!と扱わず、こんな気持ちも日常だよ♪と、さらりと読ませてくれる。
    素敵な本だと思います。

    掲載日:2013/05/01

    参考になりました
    感謝
    0
  • ひざの上でじっくり聞かせたい

    • レースさん
    • 30代
    • ママ
    • 愛知県
    • 男の子8歳、男の子5歳

    三年生のクラスに、読み聞かせをするのに、候補にした本です。
    三年生の国語の教科書にも、同じくらいの年令の子どもが登場する本、ということで、紹介されていました。

    家で読んだときには、子どもは夢中になって、絵と文を目で追っていました。ストーリーもおもしろかったです。お姉ちゃんになった子どもの複雑な気持ちが描かれていて、すねて考えることやることがすべておかしいんだけど、いろいろあって、最後はちょっとホロリとします。

    本文とは別に、絵の中でのちいさなつぶやきもあって、笑いを誘います。

    集団に読み聞かせをするには、登場人物のセリフが多い(そういえば全部がセリフだったような気がします。)のと、ちいさなつぶやきをどう読んだらいいのかに迷いやめました。主人公の女の子のセリフの読み方によってもずいぶん印象が変わることになるかもしれないと思いました。
    自分の子ども(特に上の子)をひざの上において、じっくりと聞かせたい本です。

    掲載日:2012/03/02

    参考になりました
    感謝
    0
  • わかるなあ

    • ちょてぃさん
    • 30代
    • ママ
    • 静岡県
    • 女の子10歳、女の子6歳

    弟が生まれた、女の子の戸惑いや怒りや寂しさなどのストレートで不器用で一生懸命な感情や行動がユーモアたっぷりにいきいきと描かれた作品です。自分の子とだぶってくすっと笑ってしまう場面が多々ありました。なんだかんだ言っても、家族が一番なんですよね。

    掲載日:2012/01/03

    参考になりました
    感謝
    0
  • 姉、兄の気持ち…

    7年以上前だと思いますが、NHK教育のテレビ絵本でこの本を取りあげていました。当時娘は一人っ子だったので、感心がなかったようですが、弟ができてから読んだら、共感していました。妹や弟ができると、上の子供は複雑な気持ちになるんですね〜。(私は下だったので…。)そんな子供心を的確にとらえ、受け止めてくれるお話のようです。そして、ただ単に「赤ちゃんなんて嫌い」って終わらないのが良い所だと思いました。

    掲載日:2011/04/25

    参考になりました
    感謝
    0
  • 兄弟の本

    弟ができて上のおねえちゃんが
    怒って(すねて)、捨て子になります。
    自分を可愛がってくれる家を探すんです。
    捨てられるのではなくて、自分で捨て子になるなんて
    発想がおもしろい。
    最後はやっぱり、大好きな家族がもらってくれるんです。

    ママとパパは子供のこと好きです。
    そのあたりまえが嬉しいですよね。

    掲載日:2011/04/07

    参考になりました
    感謝
    0
  • お姉ちゃんになるって大変ね。

    うちに「おさる(おとうと)」がやってきて、ママは「おさる」ばかり可愛がるので、「あたし」は捨て子になろうと家出。いぬ、ねこ、かめも加わって、もらわれていく家を夢見ながら拾ってくれる人を待つ「あたし」。いぬ、ねこ、かめには拾ってくれる人が現れて、「あたし」はひとりぼっちに。そこへ、
    「おじょうさん、おじょうさん。
    わたしたちは このおさるの おねえさんに
    なってくれる こを さがしています。
    もし よかったら うちのこに なってくれませんか」
    と現れたのは…。

    ページ数は多いですが、文章は少なめ。絵も、白黒赤のシンプルなものですが毎ページにあり、絵本と児童書の間という感じで、3歳ぐらいから読めそうですよ。

    うちの娘は弟の誕生後、かなり可愛がってくれる比較的優しいおねえちゃんですが、本人なりに色々な葛藤もあるんだろうな、と思っています。このお話を読んで何か感じてくれたかな。私もこんな粋な親になりたいです。

    とってもキュートで、胸がキュンとする、あったかいお話です。

    掲載日:2011/02/18

    参考になりました
    感謝
    0

15件見つかりました

最初のページ 前の10件 1 2 次の10件 最後のページ

※参考になりましたボタンのご利用にはメンバー登録が必要です。

この作品にレビューを投稿された方は、こんな作品にも投稿しています

はらぺこあおむし / しろくまちゃんのほっとけーき / ぐりとぐら / おつきさまこんばんは / きんぎょがにげた / いないいないばあ / もこ もこもこ / ねないこ だれだ / がたん ごとん がたん ごとん / じゃあじゃあびりびり

絵本の人気検索キーワード

ぐりとぐら /  はらぺこあおむし /  バムとケロ /  こびとづかん /  はじめてのおつかい /  そらまめくん /  谷川俊太郎 /  ちいさなちいさな王様 /  いないいないばあ /  いやいやえん /  スイミー /  飛び出す絵本

出版社おすすめ



『星のゆうびんやさん ハイタツマン』「アキレスケンさん」 インタビュー

みんなの声(43人)

絵本の評価(4.57)

何歳のお子さんに読んだ?


全ページためしよみ
年齢別絵本セット