おててがでたよ」 その他の方の声

おててがでたよ 作:林 明子
出版社:福音館書店
本体価格:\800+税
発行日:1986年06月
ISBN:9784834006834
評価スコア 4.7
評価ランキング 1,536
みんなの声 総数 263
  • この絵本のレビューを書く

並び替え

4件見つかりました

最初のページ 前の10件 1 次の10件 最後のページ
  • もう自分で着れるもん

    • ハリーさん
    • 20代
    • その他の方
    • その他

    赤ちゃん絵本ですが、あかちゃんはもちろん、4歳くらいまで楽しめると思います。

    自分で着替えられるようになりたい!
    もう自分で着替えできるんだよ!
    子どもと読んでいると、そんな子どもの心の声がきこえます。
    体のどの部分がでてくるか、想像するのも楽しいです。
    「足だよ!」「手だよ!」
    自分の体を指差し、一生懸命伝えてくれます。

    投稿日:2004/11/04

    参考になりました
    感謝
    0
  • ここ!ここ!

    • ハリーさん
    • 20代
    • その他の方
    • その他

    赤ちゃん絵本ですが、あかちゃんはもちろん、4歳くらい、
    好きな子はもちろんもっと楽しめると思います。

    自分でお着替えできるようになりたい!
    もう自分でお着替えできるんだよ!

    子どもと読んでいると、そんな子どもの心の声がきこえます。
    体のどの部分がでてくるか、想像するのも楽しいです。
    「足だよ!」「手だよ!」
    自分の体を指差し、一生懸命伝えてくれます。

    投稿日:2004/06/02

    参考になりました
    感謝
    0
  • 子供がまねして遊びます

    3歳になる姪に見せたら、毛布を持ってきて、わたしが読んでいるとおりに、毛布から手を出し、頭を出し、そして頭、両手、両足をばぁっと出して遊んでいます。大人には単純な話しですが、子供にはつね日ごろからやっている行為を、絵本に書いているので、本を読むたびにやります。
     ただ姪が3歳なので、もう少し早めに読ませてあげたらもっと喜んだだろうなと思いました。
     本をはじめてせっする1歳〜2歳の乳幼児には最適なものかもしれませんね。

    投稿日:2004/01/21

    参考になりました
    感謝
    0
  • 親への最高の贈り物

    「おててがでたよ」

    このなにげない一言が、
    赤ん坊にとっては、親への最高の贈り物。
    そういう、赤ちゃんの言葉に、
    いつも耳を傾けてあげられる親になりたいと思う、ね。

    投稿日:2004/01/16

    参考になりました
    感謝
    0

4件見つかりました

最初のページ 前の10件 1 次の10件 最後のページ

※参考になりましたボタンのご利用にはメンバー登録が必要です。

この作品にレビューを投稿された方は、こんな作品にも投稿しています

はらぺこあおむし / しろくまちゃんのほっとけーき / ぐりとぐら / おつきさまこんばんは / きんぎょがにげた / いないいないばあ / もこ もこもこ / ねないこ だれだ / がたん ごとん がたん ごとん / じゃあじゃあびりびり

絵本の人気検索キーワード

ぐりとぐら /  はらぺこあおむし /  バムとケロ /  こびとづかん /  はじめてのおつかい /  そらまめくん /  谷川俊太郎 /  ちいさなちいさな王様 /  いないいないばあ /  いやいやえん /  スイミー /  飛び出す絵本

出版社おすすめ



似ているのはいや?自分やお友達の良いところを見つけよう

みんなの声(263人)

絵本の評価(4.7)

何歳のお子さんに読んだ?


全ページためしよみ
年齢別絵本セット