話題
バムとケロのカレンダー2021

バムとケロのカレンダー2021(文溪堂)

今年もバムとケロのカレンダーが出来ました!

新刊
やきざかなののろい

やきざかなののろい(ポプラ社)

「ぼくは、やきざかながきらいです。やきざかながでると、食べ散らかして食べたふりをします」え〜っ、そんなことして、いいの?!

  • 全ページ

クリスマスのまえのばんなかなかよいと思う みんなの声

クリスマスのまえのばん 作:クレメント・C・ムーア
絵:ウィリアム・W・デンスロウ
訳:渡辺 茂男
出版社:福音館書店
本体価格:\1,800+税
発行日:1996年10月25日
ISBN:9784834013702
評価スコア 4.5
評価ランキング 6,657
みんなの声 総数 17
  • この絵本のレビューを書く

なかなかよいと思う みんなの声から

みんなの声一覧へ

並び替え

7件見つかりました

最初のページ 前の10件 1 次の10件 最後のページ
  • クリスマスの前に

    「クリスマスのまえのばん」という絵本が複数あったので、いくつか読んでみました。
    どの絵本でも、元はクレメント・C・ムーアさんの作品とのこと。
    ところが、絵や訳が変わると、がらっと作品の雰囲気が変わるのです。
    それこそ、同じ作者さんでつながっているとは思えないほどに。

    こちらの作品は、コミカルな絵が印象的です。
    ちゃめっけたっぷりの表情は、本当に子供のことが好きなのだと伝わってきました。

    投稿日:2012/12/02

    参考になりました
    感謝
    1
  • この文章にぴったり

    読み始めて気づきました。
    私、この文章、原語で読んだことがあった!ということに。
    結構訳すの、苦労したのです。物語、というよりは、詩みたい
    な感じだったので(似たような意味なのに違う単語が使われて
    いたりとか)。ああ、日本語できちんと訳されたこの絵本を
    先に読んでいればよかった(笑)。

    何冊か違う挿絵画家の絵本が出ているようですが(そして
    他のものは読んでいないのですが)、この本で挿絵を描いている
    ウィリアム・W・デンスロウさんの絵、文章にぴったりだなあって
    思いました。楽しくて懐かしい感じ。
    娘にもそのうちに翻訳されたものと、原語と、読み比べてみて
    ほしいなと思います。

    投稿日:2016/12/09

    参考になりました
    感謝
    0
  • 絵葉書のような

    • 月の華さん
    • 40代
    • ママ
    • 京都府
    • 男の子3歳

    なんとも暖かく、なつかしさの溢れるような絵です。
    訳は中村妙子さんの役のほうがリズムがあって好きですが、絵はこちらのほうが好みです。
    あれ?でも、このサンタさん、赤くない。
    この詩から今の赤いサンタさんのイメージができたと、聞きましたが?

    投稿日:2016/07/08

    参考になりました
    感謝
    0
  • 絵の楽しさが溢れ出た作品

    • ジュンイチさん
    • 40代
    • パパ
    • 東京都
    • 男の子12歳、男の子6歳

    1823年12月23日に、ニューヨークのある新聞社に投稿されたクリスマスの詩。
    作者のクレメント・C・ムーアが自分の子供のために書いたもので、公表の意思はなかったものの、友人があまりの素晴らしさに感銘して内緒で投稿した曰くつきの作品です。
    今回の作品の絵は、ウィリアム・W・デンスロウが1902年に描いたもの。
    デンスロウは、オズの魔法使いの絵を描いたことでも知られています。

    面白いのは、サンタクロースが毛皮をまとっていて、赤の服を着ていないこと。
    サンタクロースのイメージは、1931年にコカ・コーラ社が自社のコーポレートカラーの赤と白に合ったサンタクロースを宣伝キャラクターとして起用したことから世界中に定着したとされており、それ以前は、色々な服を着たサンタが存在していたようです。

    クレメント・C・ムーアの詩を元にした絵本は、邦訳されたものも多々あります。
    1912年 ジェシー・W・スミス、1980年(1999年に新装版) ターシャ・テューダー、最近では、リスベート・ツヴェルガーや、仕掛け絵本でニルート・ブタビバット等、実に沢山の作品が邦訳されています。

    今回、読み比べをしているのですが、この絵本が良いのは、何と言っても絵が楽しさに溢れているということ。
    サンタクロースがお茶目というのも良いし、擬人化したお月様なんて、これが100年以上も前のものとは、とても思えません。
    今見ても、とても斬新な構図で描かれていると、誰しもが思うのではないでしょうか?

    この作品は、絵が他のものよりもマンガチックな分、子供に受けが良いと思います。

    投稿日:2011/07/25

    参考になりました
    感謝
    0
  • 1822年の詩、1902年の絵

    • レイラさん
    • 40代
    • ママ
    • 兵庫県
    • 男の子15歳、男の子12歳

    ムーアの詩にはいろいろな画家が絵を添えていますが、
    その中でも一番古い挿絵でしょう。
    確かに古風ですが、実にモダンな迫力があります
    色調もちょっと斬新に感じました。
    もちろん、登場するセントニコラスはムーアの詩の通り、
    今のサンタクロースとは印象が違います。
    アールヌーボー調の装飾の凝った、そしてやはり、
    アメリカのお国柄がにじみ出ているようでした。
    とにかく、セントニコラスの陽気さが伝わってきます。
    本文にも絵の装飾が多いので、見開きで見ると目移りしてしまいますから、
    物語の本筋を描いた右ページだけしっかりと見せるようにして
    読んであげるのがコツでしょうね。
    どっしりとした装丁といい、古典の味わいを感じました。

    投稿日:2008/12/07

    参考になりました
    感謝
    0
  • 絵が素敵です

    いかにも外国風な絵で素敵!と思って図書館で借りてみました。
    100年前のお話だそうでサンタクロースがセントニコラスと
    いうことでした。
    子供達には「サンタさんのことだよ」って教えながら読みました。
    子供達のイメージしているサンタさんとは衣装が違うけど
    子供達はあまり気にしてなかったようで楽しく聞いてました。
    お話の左のページが色々な絵が描かれていて
    私も楽しく読みました。ゆっくりと絵を見ながら楽しみ
    たいなぁと思った素敵な本でした。
    子供も楽しんでましたが大人のサンタ本って感じですね。

    投稿日:2008/01/03

    参考になりました
    感謝
    0
  • 100年前のクリスマスの絵本。

    くりすますの前の晩、みんな寝静まった頃、元気なこびとのおじさんが、空飛ぶソリでやってきました。
    約100年前の絵本なので、サンタクロースではなく「セントニコラウス」という名前になっています。服も赤くないので、小さなお子様には混乱させてしまうかもしれません。
    でも、おじさんのおちゃめな行動が楽しく、絵の面白さやセンスはむしろ斬新で素敵です。
    図書館でみつけた絵本ですが、自分用に購入しようと思っています。

    投稿日:2006/12/09

    参考になりました
    感謝
    0

7件見つかりました

最初のページ 前の10件 1 次の10件 最後のページ

※参考になりましたボタンのご利用にはメンバー登録が必要です。

この作品にレビューを投稿された方は、こんな作品にも投稿しています

しろくまちゃんのほっとけーき / ぐりとぐら / きんぎょがにげた / 100万回生きたねこ / いないいないばあ / もこ もこもこ / はじめてのおつかい / がたん ごとん がたん ごとん / パパ、お月さまとって! / くだもの

絵本の人気検索キーワード

ぐりとぐら /  はらぺこあおむし /  バムとケロ /  こびとづかん /  はじめてのおつかい /  そらまめくん /  谷川俊太郎 /  ちいさなちいさな王様 /  いないいないばあ /  いやいやえん /  スイミー /  飛び出す絵本

出版社おすすめ



【連載】9月の新刊&オススメ絵本

みんなの声(17人)

絵本の評価(4.5)

何歳のお子さんに読んだ?


全ページためしよみ
年齢別絵本セット