キキとジジ 魔女の宅急便 特別編その2 キキとジジ 魔女の宅急便 特別編その2
作: 角野 栄子 画: 佐竹 美保  出版社: 福音館書店 福音館書店の特集ページがあります!

アンパンマンとらくがきこぞう自信を持っておすすめしたい みんなの声

アンパンマンとらくがきこぞう 作:やなせ たかし
出版社:フレーベル館 フレーベル館の特集ページがあります!
本体価格:\583+税
発行日:1988年12月
ISBN:9784577003701
評価スコア 4.14
評価ランキング 19,259
みんなの声 総数 6
「アンパンマンとらくがきこぞう」は現在購入できません
  • この絵本のレビューを書く

自信を持っておすすめしたい みんなの声から

みんなの声一覧へ

並び替え

2件見つかりました

最初のページ 前の10件 1 次の10件 最後のページ
  • 「アンパンマン!新しい鼻よ!!」

    息子がアンパンマンが好きだった頃に購入した絵本です。
    らくがきこぞうの落書きに翻弄されながらも、いつものように
    アンパンマンが大活躍してくれます。

    壁に描いた、らくがきこぞうの道やドアの落書きがリアルすぎて、
    アンパンマンも騙されてしまいます。
    っていうか、いつもパトロールしているんだったら、そんなところに
    今まで道がなかったことぐらいわかっているはずなのですが(笑)

    なんといっても衝撃的だったのが、鼻のないアンパンマンの顔!
    でも、鼻がないと力が出ないらしく、すぐにジャムおじさんに
    小さなパンをもらって鼻を付けてしまいますが、衝撃的でした。
    せっかくのアニメ絵本なんですから、どうせなら、
    「アンパンマン!新しい鼻よ!!」と遠くからバタコさんに投げてもらい、
    クルクル回りながら新しい鼻をくっつけて欲しかったです。

    突っ込みどころ満載ですが、息子も楽しかったらしく、
    何度も読み聞かせました。

    投稿日:2010/02/27

    参考になりました
    感謝
    0
  • トッテチッテター

    • こりえ♪さん
    • 30代
    • ママ
    • 神奈川県
    • 女の子2歳

    アンパンマン・リターンズのシリーズ3作目は、らくがきこぞうのお話です。
    このらくがきこぞう、どんなキャラクターなのか知りませんでした。
    読んでみると、イタズラ好きなのだけどちゃんと反省もできる、お茶目で素直なキャラクターでした。

    バイキンマンが「ハヒフヘホー」と言うのと同じように、このらくがきこぞうは「トッテチッテター」と言います。
    童謡おもちゃのチャチャチャの兵隊さんみたいですね。笑
    このトッテチッテターが娘は気に入ったようで、これをいうたびにフッと笑います。

    バイキンマンが危険な場面では「あぶなーい!」と心配したり、いつも怒っているブルドックおじさんの笑顔を見て「もうだいじょうぶ?」とホッとした様子を見せたり、絵本に夢中な娘でした。
    やっぱりアンパンマンが大好きなのですね。

    投稿日:2009/03/18

    参考になりました
    感謝
    0

2件見つかりました

最初のページ 前の10件 1 次の10件 最後のページ

※参考になりましたボタンのご利用にはメンバー登録が必要です。

この作品にレビューを投稿された方は、こんな作品にも投稿しています

からすのパンやさん / はらぺこあおむし / しろくまちゃんのほっとけーき / ぐりとぐら / おつきさまこんばんは / きんぎょがにげた / いないいないばあ / もこ もこもこ / がたん ごとん がたん ごとん / じゃあじゃあびりびり

絵本の人気検索キーワード

ぐりとぐら /  はらぺこあおむし /  バムとケロ /  こびとづかん /  はじめてのおつかい /  そらまめくん /  谷川俊太郎 /  ちいさなちいさな王様 /  いないいないばあ /  いやいやえん /  スイミー /  飛び出す絵本

出版社おすすめ



>絵本エイド ―こころにひかりを―

みんなの声(6人)

絵本の評価(4.14)


全ページためしよみ
年齢別絵本セット