アンダーアース・アンダーウォーター 地中・水中図絵 アンダーアース・アンダーウォーター 地中・水中図絵 アンダーアース・アンダーウォーター 地中・水中図絵の試し読みができます!
作: アレクサンドラ・ミジェリンスカ ダニエル・ミジェリンスキ 編: 徳間書店児童書編集部  出版社: 徳間書店 徳間書店の特集ページがあります!

せんろはつづくなかなかよいと思う ママの声

せんろはつづく 文:竹下 文子
絵:鈴木 まもる
出版社:金の星社 金の星社の特集ページがあります!
本体価格:\1,200+税
発行日:2003年10月
ISBN:9784323013633
評価スコア 4.76
評価ランキング 641
みんなの声 総数 218
  • この絵本のレビューを書く

なかなかよいと思う ママの声から

みんなの声一覧へ

並び替え

42件見つかりました

最初のページ 前の10件 1 2 3 4 5 次の10件 最後のページ
  • せんろシリーズ第1作

    先に、別のせんろシリーズを読んだことがありましたが、順番が違っていても、大丈夫でした。
    子供の反応がよかったので、手に取りましたが、気に入った様子でした。
    個人的に、第1作目は、線路が続いていくうえで、当たり前のことを教えてくれている作品だなと思いました。
    山があったら、トンネル。川があったら鉄橋。道路があったら踏み切りなどです。
    他のシリーズも読んでみたいと思いました。

    投稿日:2019/06/27

    参考になりました
    感謝
    0
  • レールを敷いて遊ぶ楽しさ

    • おかなしこさん
    • 30代
    • ママ
    • 愛知県
    • 男の子2歳、男の子0歳

    本を読みながら、レールを敷いておもちゃの電車で遊ぶときと同じ感覚を楽しめます。

    長年愛されてる絵本だと帯にありましたが、支持されてるだけのことはあるなぁと思いました。おなじシリーズがいくつかありますが、どれも絵がとても綺麗で、読んでいる大人も癒される絵本です。

    乗り物好きな男の子にプレゼントするなら、
    絶対に外さない一冊だと思います。

    投稿日:2019/05/24

    参考になりました
    感謝
    0
  • プラレールの世界!

    • こりこりこさん
    • 30代
    • ママ
    • 愛知県
    • 男の子4歳、女の子1歳

    プラレール好きな子は、特に楽しめる一冊かも
    しれません。
    小さなこどもたちが、プラレールのレールや情景を
    組むように、線路を広げていきます。
    川があったときなど、レールをまっすぐ
    つなげられないときは、次はどうする?といって
    トンネルを掘ってみたり、橋を渡らせたり。
    息子は「他にも◯◯みたいな方法もあるよね」などと
    いって想像するのを楽しんでいるようです。
    ひらがなを少しスムーズに読めるようになってきた
    ので、一人読みにもちょうどよかったです。
    各ページに小動物たちがでてきて、おてつだいを
    している姿なんかはとてもかわいらしく、
    一歳の妹もきゃっきゃと喜んでいます。

    投稿日:2016/11/24

    参考になりました
    感謝
    0
  • シンプルで、楽しい!

    線路をどんどん繋げて、その先には何があるのかな?と期待できる内容に、息子は引きこまれた様子でした。読み終わってすぐに「もう一回」と言われました。

    川があると鉄橋をつくり、道があると遮断機をつけたり、次にどうするんだろう?と息子と想像しながら読めるところに、子供の発想力が芽生えそうで、繰り返し読みたいと思いました。

    イラストの色合いも綺麗で、シリーズ他の本もどんどん読んであげたいと思いました。

    投稿日:2016/05/28

    参考になりました
    感謝
    0
  • 電車に興味の無い息子にも

    • スノコさん
    • 30代
    • ママ
    • 神奈川県
    • 男の子2歳

    2歳半の息子に読みました。息子はあまり電車に興味がなく、最初は静かに聞いているだけでした。
    それでも何度か読んでいくうち、「どうする?」の問いかけに「ジャンプする!」と楽しそうに答えたりするようになりました。また、動物が好きなので「うさぎさんがお手伝いしてくれてるよ!」と発見したりして喜んでいます。

    投稿日:2015/02/24

    参考になりました
    感謝
    0
  • 楽しいです

    乗り物好きにはとてもオススメの絵本です。

    子どもが何人かでてきますが、それぞれ違う色の

    格好をしています。帽子もかぶっているのですが、

    まるでクレヨンみたいできれいです。

    自分たちで線路を作る、プラレールみたいで

    楽しいと思います。

    その遊んでいる姿をおかあさんが赤ちゃんとみています。

    その顔がとても微笑ましい。

    本を読みながらベビーカーのそばでにこにこしている

    おかあさんも印象に残ります。

    投稿日:2014/06/05

    参考になりました
    感謝
    0
  • シリーズ第一弾から読んだ方が

    2歳7か月の息子に図書館で借りました。

    どんどん線路をつくり、山があったらトンネルをほり、
    川があったら鉄橋をつくり、踏切をつくり、駅をつくり、
    汽車をはしらせるストーリー。

    わたしたちは、こちらのシリーズ第三弾の「せんろはつづく どこまでもつづく」から読んでしまったので、この第一弾がちょっと物足りなくなってしまいました。
    このシリーズは、第一弾から読んだ方が良かったです。

    投稿日:2013/10/14

    参考になりました
    感謝
    0
  • 女の子でも楽しめる

    初めて購入した電車にまつわる本です。女の子なのでそれほど電車には興味がないのですが、広大な野原にどんどん線路がつながっていく様子が楽しいようで、興味深く見ています。

    途中、池のシーンに出てくるアヒルやうさぎ、遮断機のシーンに出てくる豚など、動物を見つけては「あっ、ぶたさん!」などと叫んでいます。

    ひそかにベビーカーに寝ている赤ちゃんも出てくるのです。ページの隅の方に出てくるだけなのですが、うちの子はめざとく見つけて「あかちゃん、あかちゃん」と喜んでいます。単なる電車の本ではなく、色々なものが登場し、あたたかい気持ちになれる絵本です。なので女の子でも十分楽しめると思います。

    投稿日:2013/06/25

    参考になりました
    感謝
    0
  • 力を合わせて

    こどもが本屋さんで見つけて手放さなかったくらい、気に入っているみたいです。みんなで力を合わせて線路をどんどん作っていく本です。途中でいくつか問題が起きますが、すぐに答えを出さないで、どうすればよいか問いかけられます。そこが良いところだと思います。何度も何度も読んでますが、息子も毎回、どうしたらいいかな〜と、眉をひそめ困った表情をするのがとても可愛いです。次のページで、問題が解決されると嬉しそうに喜びます。この考えて解決する流れが、よりいっそう楽しい気持ちにさせてくれるんでしょうね。

    投稿日:2012/10/23

    参考になりました
    感謝
    0
  • ここがスタート

    シリーズ続編「まだ つづく」のほうを先に読んでいました。
    線路は、ここからスタートしたのかぁ、と改めて思いました。
    線路をつなげるための工事ですので、男の子っぽい雰囲気かと思うのですが、絵がかわいいので、女の子にもオススメできます。

    投稿日:2012/10/23

    参考になりました
    感謝
    0

42件見つかりました

最初のページ 前の10件 1 2 3 4 5 次の10件 最後のページ

※参考になりましたボタンのご利用にはメンバー登録が必要です。

この作品にレビューを投稿された方は、こんな作品にも投稿しています

はらぺこあおむし / しろくまちゃんのほっとけーき / ぐりとぐら / きんぎょがにげた / めっきらもっきらどおんどん / もこ もこもこ / 14ひきのあさごはん / ねないこ だれだ / おおきなかぶ / オレ、カエルやめるや

絵本の人気検索キーワード

ぐりとぐら /  はらぺこあおむし /  バムとケロ /  こびとづかん /  はじめてのおつかい /  そらまめくん /  谷川俊太郎 /  ちいさなちいさな王様 /  いないいないばあ /  いやいやえん /  スイミー /  飛び出す絵本

出版社おすすめ



せなけいこさん 絵本作家デビュー50周年記念連載 せなさんを囲む人たちインタビュー

みんなの声(218人)

絵本の評価(4.76)

何歳のお子さんに読んだ?


全ページためしよみ
年齢別絵本セット