もうなかないよ、クリズラ もうなかないよ、クリズラ
作: ゼバスティアン・ロート 訳: 平野 卿子  出版社: 冨山房 冨山房の特集ページがあります!
読み手の年齢を選ばない子どもから大人まで、それぞれの感性で理解してうけとめる事のできる「みんなの本」です。

もっちゃう もっちゃう もうもっちゃうなかなかよいと思う みんなの声

もっちゃう もっちゃう もうもっちゃう 作・絵:土屋 富士夫
出版社:徳間書店 徳間書店の特集ページがあります!
本体価格:\1,400+税
発行日:2000年01月
ISBN:9784198611347
評価スコア 4.65
評価ランキング 2,422
みんなの声 総数 176
  • この絵本のレビューを書く

並び替え

42件見つかりました

最初のページ 前の10件 1 2 3 4 5 次の10件 最後のページ
  • 親子で楽しめました。

    • ムスカンさん
    • 30代
    • ママ
    • 東京都
    • 男の子5歳、女の子1歳

    主人公の男の子が同じくらいの年?なのと、
    自身でも経験があるからか、
    かなり食いつきがよく、読み終わった後にアンコールをせがまれました。

    デパートででてきたきりんやこうもり、
    ガイコツのトイレはとっても面白い!
    そうきたか〜って感じでした。

    なんでデパートなのにきりんさんやこうもりが出てくるの?と
    冷静な突っ込みを入れていた息子でしたが、

    最後はオチはとっても意外!
    あ〜あ、って感じでしたが、オシッコネタ大好きな息子は一人喜んでいました。
    なかなか面白く、親子で楽しめた一冊でした。

    投稿日:2012/09/06

    参考になりました
    感謝
    1
  • 最後が…

    • たまなこさん
    • 30代
    • ママ
    • 神奈川県
    • 7歳、4歳

    1年生の読み聞かせで読みました。
    「おしっこ」のお話しなので、子供達は笑いながら聞いてくれました。行けども行けどもおしっこできるようなトイレが見つからない…。
    最後の最後に「あぁ〜そういうことだったんだ!」とある程度大きい子だと納得できると思います。

    1年生位だと「え?!おもらししちゃったの?!」とか「どういうこと?!どうなっちゃったの?!」と最後のオチが書かれていないのがまたいいです。

    投稿日:2011/09/20

    参考になりました
    感謝
    1
  • わかる〜

    • ひなぎぬさん
    • 30代
    • ママ
    • 埼玉県
    • 女の子5歳、男の子3歳

    主人公は男の子なので、男子のほうが深く共感するのかな?
    とはいえ、男女問わず「わかる〜」の絵本だと思います。
    おしっこしたい!のに、トイレが使えない・・・。
    はじめは「トイレが故障」など一般的な理由だったのに、
    「キリンさん用のトイレで届かない」「迷路になってる」なんて理由に!
    子どもと「ありえな〜い」と一緒につっこんで大爆笑。
    最後にオチがあるのですが、見事にハマります。
    何十年も昔のほろ苦い失敗を思い出しますよ。

    投稿日:2011/07/21

    参考になりました
    感謝
    1
  • 読み聞かせでクスッと

    • ちょてぃさん
    • 30代
    • ママ
    • 静岡県
    • 女の子7歳、女の子3歳

    低学年の子達の読み聞かせ会で読みました。うちの子達も面白がっていましたが、やはり子供は、こういう系の話を面白がりますね。人気があります。

    投稿日:2010/11/15

    参考になりました
    感謝
    1
  • タイトル

    タイトルが気に入ったのでこの絵本を選びました。主人公の男の子の気持ちがひしひしと感じられるのが良かったです。どんな事があっても智子の子が諦めないのが素晴らしいと思いました。男の子の気持ちに共感できる絵本でした。トイレトレーニングの時期にも良いと思いました。

    投稿日:2010/10/28

    参考になりました
    感謝
    1
  • いそげ!いそげ!

    • 10月さん
    • 30代
    • ママ
    • 東京都
    • 男の子4歳

    デパートでトイレに行きたくなった男の子。
    トイレ トイレ!と急ぐも、なかなか目指すトイレ(ふつうのトイレ)に辿り着かず・・!
    もっちゃう もっちゃう もうもっちゃう!
    トイレが遠い〜。
    この感覚、だれでも一度はあるんじゃないかな。

    この絵本ではいろんなヘンなトイレが出てきますが、
    一番息子が笑ったのは迷路のトイレ。
    こんなの、ほんとにあったらツライなぁ。笑

    さいごのオチ、男の子がトイレに間に合ったのかは
    イマイチよく分からなかったようでした。
    なので私から「けっきょく漏らしちゃったんだよ」と。

    いつも外から帰ると大慌てでどたばたとトイレに駆け込む息子に、
    「ちょっとでも行きたくなったら早めに行こうねー」と読んでみたのでした。
    少しは伝わったかな・・?

    投稿日:2010/02/18

    参考になりました
    感謝
    1
  • 最後のオチは...

    誰でもこんな経験ありますよね。

    色んなトイレが出てきます。
    キリンのトイレは高すぎる。
    コウモリのトイレは上下逆さ。
    ガイコツのトイレは骨でできていて穴だらけ。
    妖怪のトイレは食べられちゃいそう。

    やっとたどり着いた普通のトイレ、ほっとして用を足します。
    あーすっきり!
    …でも、最後のオチは...笑ってしまいました。


    息子は最初、オチの意味が分からなかったようです。
    説明したらそういう事かとニヤリとしていました。

    投稿日:2018/11/07

    参考になりました
    感謝
    0
  • もっちゃいそうで、トイレを探し回る男の子ですが、行けども行けどもトイレは使えず。やっとトイレに行きついたと思ったら、キリン専用のトイレで高すぎて使えないなど、ユニークなトイレがいっぱいです。男の子がせっかく見つけたトイレなのに行けなくなるたびに、うちの子は大笑いでした。ラストの落ちも笑えます^^

    投稿日:2017/07/08

    参考になりました
    感謝
    0
  • あるある!

    トイレしたくなる子どもにいろんな障害が出て、なかなかトイレに行けないというユーモラスなお話。主人公の男の子が終始気の毒ですが、ストーリーは面白いです。ただトイレがようやくできるようになった子どもにとってはちょっとこわいと感じるのかも?もう少し年齢が上になって一人で読めるようになったくらいの子は楽しめると思います。

    投稿日:2015/12/28

    参考になりました
    感謝
    0
  • トイレへの遠い道

    • みちんさんさん
    • 30代
    • ママ
    • 愛知県
    • 女の子2歳、女の子0歳

    いきなり「もっちゃうもっちゃうもっちゃう」なたいへんな状態からのスタート!そしてその状態がずーっと続く。これは落ち着かないですね。
    ラストは結局夢オチでおもらしをしてしまったということだと思うのですがあまりはっきりそうとは分からない感じがありました。子どもだとこのラストはわかりにくいかも。
    出だしのうけつけのおねえさんが面白かったです。トイレで頭がいっぱいの時にこんな対応されたらたまりませんよね。

    投稿日:2014/03/03

    参考になりました
    感謝
    0

42件見つかりました

最初のページ 前の10件 1 2 3 4 5 次の10件 最後のページ

※参考になりましたボタンのご利用にはメンバー登録が必要です。

この作品にレビューを投稿された方は、こんな作品にも投稿しています

はらぺこあおむし / しろくまちゃんのほっとけーき / きんぎょがにげた / いないいないばあ / バムとケロのそらのたび / もこ もこもこ / がたん ごとん がたん ごとん / バムとケロのさむいあさ / おやすみ、ロジャー

絵本の人気検索キーワード

ぐりとぐら /  はらぺこあおむし /  バムとケロ /  こびとづかん /  はじめてのおつかい /  そらまめくん /  谷川俊太郎 /  ちいさなちいさな王様 /  いないいないばあ /  いやいやえん /  スイミー /  飛び出す絵本

出版社おすすめ



親子に贈る、ちいさな幸せの物語『そらはあおくて』杉浦さやかさんインタビュー

全ページためしよみ
年齢別絵本セット