改訂新版グラファロ もりで いちばん つよいのは? 改訂新版グラファロ もりで いちばん つよいのは?
文: ジュリア・ドナルドソン 絵: アクセル・シェフラー 訳: 久山 太市  出版社: 評論社 評論社の特集ページがあります!
英国王室、ウィリアム王子の子どもたちが大好きな絵本として、TVで紹介されました!

ピンク、ぺっこんなかなかよいと思う みんなの声

ピンク、ぺっこん 作:村上 康成
出版社:徳間書店 徳間書店の特集ページがあります!
本体価格:\1,300+税
発行日:2000年08月
ISBN:9784198612320
評価スコア 4.68
評価ランキング 1,764
みんなの声 総数 33
  • この絵本のレビューを書く

なかなかよいと思う みんなの声から

みんなの声一覧へ

並び替え

9件見つかりました

最初のページ 前の10件 1 次の10件 最後のページ
  • 食物連鎖

    リズムの良い言葉に乗せて流れるように読む事が出来る絵本でした。ヤマメはあまり目にしないのでじっくり観察する事が出来て良かったです。主人公の御蔭でヤマメが何をこのんで食べるのかをする事が出来たし、逆にヤマメの天敵は何なのかも知る事が出来て勉強になりました。絵本を読む事で自然と食物連鎖を知る事が出来るのも良いと思いました。最後の夕焼けの場面のビンク色がとても素敵でうっとりしました。実際にヤマメを見てみたくなる、もっと自然に興味が出る絵本です。

    投稿日:2008/10/27

    参考になりました
    感謝
    1
  • 川に住んでいる魚たちはこんな生活をしているんだな〜というのが子どもにもよくわかるお話でした。おいしい餌を食べて自由に泳ぎ回っているように見えるお魚ですが、鳥や大きな魚に気を付けないと食べられてしまいます。人間に釣られてしまったときはどうなることかと思いましたが、ピンクは小さかったおかげで逃がしてもらえてよかったです^^

    投稿日:2017/08/09

    参考になりました
    感謝
    0
  • かわいいヤマメの稚魚たち

    とってもかわいいヤマメの稚魚たち。
    でもいつもおなかはぺっこぺこ。
    さわやかな川の中の暮らしを追ってゆくと、、、
    エサをうまく取ってしまったイワナのおじさんが、
    こんどはヤマセミに、あ〜あ、一寸先は暗闇なんですね。
    ドキッと悲しい瞬間でした。
    美味しいカゲロウにありついたヤマメたちに、よかったことと思いながら
    カゲロウたちのことも思ってしまいました。

    投稿日:2016/11/03

    参考になりました
    感謝
    0
  • 生存競争

    • みちんさんさん
    • 30代
    • ママ
    • 愛知県
    • 女の子3歳、女の子1歳

    おなかがすいたヤマメのピンク。
    ごはんを食べようとしますが…ぱくっと何度もほかのものに先をこされてしまいます。
    生存競争が激しいなーと思ってしまいました。
    でもこれが自然な姿なのですよね。
    釣り人に釣られてしまったときは心配でした。
    「生きる」ことに一生懸命な姿に感じるものがありました。

    投稿日:2015/03/29

    参考になりました
    感謝
    0
  • 生きること

     きれいな色でくっきり描かれた絵が印象的です。
     ピンクたちが、おなかをすかせて食べ物を探します。せっかく見つけても横取りされたり。きびしい自然の中で、がんばっていきているピンクにしみじみします。
     釣りのおじさんがリリースしてくれたのにはホッとしました。けれど、釣りをする人は、魚が釣れたらたのしいだろうし、、。いろいろ考えてしまいます。

     生きることの厳しさや、自然の美しさが感じられるお話でした。

    投稿日:2013/04/01

    参考になりました
    感謝
    0
  • 可愛いけどリアル

    ピンクたちは可愛くて元気いっぱい。
    リズミカルな文体も読み易く、ちょっとドキドキ、楽しかったです。

    娘は「ピンク」の名前や絵も気に入って何度も読みましたが、
    鳥に「おじさん」が食べられてしまうところは少し怖いようです。

    もう少し大きくなったらもっと内容全体が
    理解できて勉強になるかもと思いました。

    でもまた近いうちにピンクシリーズ読んでみたいと思います。

    投稿日:2013/03/29

    参考になりました
    感謝
    0
  • 1作目

    シリーズであるようですね。

    この絵本は譲ってもらった絵本です。

    まだ子供には生きていく為には

    こんなに大変だということが分かりませんので

    気軽な感じで読んであげました。

    魚がいっぱいでてくるページが

    特に気に入ってるのか

    そこばかりよく見てます。

    投稿日:2011/10/03

    参考になりました
    感謝
    0
  • ごはんを食べるのも大変だね

    • ぽにょさん
    • 30代
    • ママ
    • 埼玉県
    • 女の子2歳

    いつもお腹がペコペコのヤマメの子供達の1日を描いたとても可愛らしい絵本。小さな虫を食べた岩魚がカワセミに食べられちゃう自然界の食物連鎖や釣り人との関係がさりげなく織り込まれているのも魅力です。
    娘はこの絵本でママがごはんを作ってテーブルに並べてくれるのと違って、お魚さん達は大変なんだということを知ったようです。

    投稿日:2008/01/27

    参考になりました
    感謝
    0
  • 魚の絵がいい!

    この本はうちの子じゃなく村上さんの魚の絵がすばらしいと魚好きの主人が惚れ込んで購入した本です。確かにかわいい絵だけどその魚の特徴をよく捉えた絵です。
    内容はと言うと,こどもにはまだよく理解できないかな・・自然の大切さをこの本を通して感じて欲しいかなと思います。自然好きの大人の方には是非お勧めです。

    投稿日:2006/03/16

    参考になりました
    感謝
    0

9件見つかりました

最初のページ 前の10件 1 次の10件 最後のページ

※参考になりましたボタンのご利用にはメンバー登録が必要です。

この作品にレビューを投稿された方は、こんな作品にも投稿しています

からすのパンやさん / はらぺこあおむし / しろくまちゃんのほっとけーき / ぐりとぐら / おつきさまこんばんは / きんぎょがにげた / いないいないばあ / もこ もこもこ / はじめてのおつかい / がたん ごとん がたん ごとん

絵本の人気検索キーワード

ぐりとぐら /  はらぺこあおむし /  バムとケロ /  こびとづかん /  はじめてのおつかい /  そらまめくん /  谷川俊太郎 /  ちいさなちいさな王様 /  いないいないばあ /  いやいやえん /  スイミー /  飛び出す絵本

出版社おすすめ



親子に贈る、ちいさな幸せの物語『そらはあおくて』杉浦さやかさんインタビュー

みんなの声(33人)

絵本の評価(4.68)

何歳のお子さんに読んだ?


全ページためしよみ
年齢別絵本セット