チコちゃんに叱られる チコちゃんに叱られる
文: 海老 克也 絵: オオシカケンイチ  出版社: 文溪堂 文溪堂の特集ページがあります!
あの「チコちゃんに叱られる」が絵本になりました!知られざるチコちゃん3歳の時のお話

おさらをあらわなかったおじさんなかなかよいと思う ママの声

おさらをあらわなかったおじさん 作:フィリス・クラジラフスキー
絵:バーバラ・クーニー
訳:光吉 夏弥
出版社:岩波書店 岩波書店の特集ページがあります!
本体価格:\780+税
発行日:1978年
ISBN:9784001151350
評価スコア 4.37
評価ランキング 11,352
みんなの声 総数 29
  • この絵本のレビューを書く

なかなかよいと思う ママの声から

みんなの声一覧へ

並び替え

9件見つかりました

最初のページ 前の10件 1 次の10件 最後のページ
  • 構図

    表紙の構図が楽しかったのでこの絵本を選びました。主人公のおじさんが徹底した性格なのが良かったです。どんな状況になっても自分の好きな料理だけは決してやめないところが筋が通っていて気に入りました。どんどん重なっていくお皿に魅せられました。

    投稿日:2010/10/24

    参考になりました
    感謝
    1
  • スッキリ!

    • たんさんさん
    • 30代
    • ママ
    • 大分県
    • 女の子8歳、男の子4歳、女の子2歳

    だんだんめんどうになっておさらをあらわなくなっていったおじさん。
    あらわない様子がとんとん拍子?にすすんでいってついにははいざらやせっけんいれまで使い果たしてしまいます。
    感情移入もできてこれからどうなるのだるというワクワク感、それの解決法も実に鮮やか。
    最後はスッキリした気持ちになっておわります。
    素朴でとてもいい絵本だと思います。

    投稿日:2010/11/18

    参考になりました
    感謝
    0
  • なんとなく耳が痛いような・・・・?

    お料理は大好きでせっせとやるのに
    後片付けとなったら なんとなく面倒で
    ついつい洗い物を溜めこんでしまう一人暮らしのおじさん。
    恐ろしいほどに積み上げられた洗い物の食器。
    最後には使える食器がなくなって
    とてもありえないものが食器代わりになってしまって
    「うへ〜〜〜!!!」と叫びたくなります。
    子供に読み聞かせながら 普段ズボラな私の行動を振り返って
    (ああ、他人事じゃないかも。。。)と思ってギクっとしてしまった私です。

    投稿日:2010/08/19

    参考になりました
    感謝
    0
  • とにかく笑えます!

    題名とあらすじに
    ひとめ惚れしてお買い上げ☆

    こういう3色刷りの
    レトロなかわいい雰囲気は
    昔の洋書ならではって
    感じがしますね

    こんなあり得ない話は大好き

    ひとりで笑いながら
    読んじゃうくらい

    面倒な事でも
    毎日コツコツしないと
    大変な事になるんだよって
    そんな固い教えじゃなくって

    ただ単に
    おもしろおかしく
    笑い話にして
    読んでもらいたいです★

    投稿日:2009/05/18

    参考になりました
    感謝
    0
  • 古典のすばらしさを感じる絵本です。

    • 西の魔女さん
    • 30代
    • ママ
    • 福岡県
    • 女の子14歳、男の子10歳

    来る日も来る日も
    お皿を洗わずに積み上げ続けるおじさんのお話。
    優しい言葉で 丁寧に繰り返される文章に
    古典の良さをしみじみと感じる事が出来ます。
    また 可愛らしい色使いと温かみのある絵からは
    バージニア・リー・バートン女史の作品や
    『おさるとぼうしうり』の絵本を連想させられました。

    さてさて お皿を積み上げ続けたおじさんは…。
    心和む結末に にっこり笑顔になりますよ。
    この梅雨の季節にピッタリの絵本だと思います。

    そして 小さなサイズの絵本ですので
    少人数でじっくり楽しむのが良いかとも。
    または ストーリー・テリングとして語っても面白そうだなと
    思えてくる絵本でもありました。

    投稿日:2008/06/21

    参考になりました
    感謝
    0
  • 雨の食器洗い機

    このお話の主人公が「おじさん」だから笑えるけれど、おばさんだったらちょっと笑えなかったなと思いました。
    私も、おさらだけでなくいろいろなものの片付けが苦手です。だから、おさらを洗わないおおじさんの気持ちがわかりました。全部のおさらを雨で洗う場面は、大型の自動食器洗い機のようでおもしかったです。

    ちゃんと片付けができるようになったおじさんはえらいな、と思いました。

    投稿日:2008/02/19

    参考になりました
    感謝
    0
  • ひとりぐらしってこんなもの

    • ホートンさん
    • 30代
    • ママ
    • 愛知県
    • 男の子5歳、女の子4歳

    本を読んでいる間、あまり言葉を発しない5歳の息子が、このおじさんが「ひとりですんでいる」というくだりに来ると必ず「かわいそうだね」と言います。私は、ひそかに「いいなあ、気楽で……」と思っていたので意表をつかれました。子供にとっては、ひとりで住んでひとりで料理を作るという暮らしは「かわいそう」に映るのですね。いや、それが当然の感覚かもしれません。家族がいたら、ペットでもいたら、こんな物語にはならなかったでしょう。ひとりでごちそうを作って、洗い物をため続けるなんて、ありがちですね^^; わびしいひとりぐらし! この物語は底抜けにほがらかに描かれていますが、そのままほがらかに受け取るか、ブラックユーモアと見るか、複雑な感じです。

    投稿日:2006/02/24

    参考になりました
    感謝
    0
  • なんて夢のない(笑)

    • ポポロさん
    • 30代
    • ママ
    • 神奈川県
    • 男の子6歳

    読み始めてびっくりしました。
    ひとりぐらしの中年のおじさん。面倒くさくておさらを洗わない。タイトルそのままのストーリーで、なんの冒険があるわけでもなく、使い終わったおさらが積み上げられていく。
    こどもに何の夢も与えられないじゃない!
    ところが後半から、ちょっとユニークな展開になっていくのです。はいざら、植木鉢、かびん、何でも使えそうなものを使うおじさん。そしてもう本当に何もおさらとして使えるものがなくなると、ちょどよく雨が降って・・・。
    読み終えたときには、こどもはすっかりこのユーモアにはまってました。
    「すごいねえ〜。」「ぼくだったらもっと高く積み上げられる!」「ぼくだったらふでばこも使うな」「ぼくだったら・・」その後は「ぼくだったら・・」のオンパレード。食器を洗うという日常の生活がこんなに想像力をかきたてるものになるとは正直言って驚きました。
    でも大きくなってこんなおじさんにはならないでね(笑)

    投稿日:2005/10/12

    参考になりました
    感謝
    0
  • 後片付けの苦手な自分に自戒を込めて

    • ムースさん
    • 40代
    • ママ
    • その他
    • 男の子9歳、女の子4歳

     一人暮らしをしているおじさんが、ずーっとお皿を洗わずに過ごしていたら……。このおじさん、たくさん食べるので、食後は疲れてしまいお皿を洗わずに済ませてしまいます。汚れたお皿が流しに入りきらなくなると、椅子の上、本棚の上、床の上……とお皿を置きだし、しまいには家に入るのも困るくらい、汚れたお皿まみれの家になってしまいます。おまけに、どこに何があるかわからないので、いつも探し物ばかりする羽目に。
     息子に「これは後片付けの苦手な人にプレゼントするといい絵本だね」と言ったら、「じゃあ、ママだ。これを読んだらママのパイル(物の積み重ね)がなくなるね」と図星をつかれました! 恥ずかしながら、まだ山積みの一角は存在しています。(苦笑)
     ユーモアのあるお話ですが、結末があっさりしすぎ? 予想通りに終わってしまったので4つ星にしました。

    投稿日:2003/12/22

    参考になりました
    感謝
    0

9件見つかりました

最初のページ 前の10件 1 次の10件 最後のページ

※参考になりましたボタンのご利用にはメンバー登録が必要です。

この作品にレビューを投稿された方は、こんな作品にも投稿しています

はらぺこあおむし / しろくまちゃんのほっとけーき / ぐりとぐら / おつきさまこんばんは / きんぎょがにげた / いないいないばあ / もこ もこもこ / ねないこ だれだ / がたん ごとん がたん ごとん / じゃあじゃあびりびり

絵本の人気検索キーワード

ぐりとぐら /  はらぺこあおむし /  バムとケロ /  こびとづかん /  はじめてのおつかい /  そらまめくん /  谷川俊太郎 /  ちいさなちいさな王様 /  いないいないばあ /  いやいやえん /  スイミー /  飛び出す絵本

出版社おすすめ

  • はりきりみかん
    はりきりみかんの試し読みができます!
    はりきりみかん
    作・絵:じゃんぼ かめ 出版社:国土社 国土社の特集ページがあります!
    いつも元気なはりきり子どもみかん、こたつの中でたいへんなことに・・・!


「おしえて!コロ和尚 こどものどうとく」シリーズ監修・釈徹宗さんインタビュー<br>

みんなの声(29人)

絵本の評価(4.37)

何歳のお子さんに読んだ?


全ページためしよみ
年齢別絵本セット