おんせんたまご おんせんたまご おんせんたまごの試し読みができます!
文: 中尾 昌稔 絵: 河本徹朗  出版社: 大日本図書 大日本図書の特集ページがあります!
ふう、あったかい。ああ、いいきぶん。のんびり、ゆったり、おふろだーいすき!

おさらをあらわなかったおじさんなかなかよいと思う その他の方の声

おさらをあらわなかったおじさん 作:フィリス・クラジラフスキー
絵:バーバラ・クーニー
訳:光吉 夏弥
出版社:岩波書店 岩波書店の特集ページがあります!
本体価格:\780+税
発行日:1978年
ISBN:9784001151350
評価スコア 4.37
評価ランキング 11,344
みんなの声 総数 29
  • この絵本のレビューを書く

なかなかよいと思う その他の方の声から

みんなの声一覧へ

並び替え

2件見つかりました

最初のページ 前の10件 1 次の10件 最後のページ
  • 一人暮らしのおじさんは料理は大好き 自分で掃除もして偉いおじさんと思いきや 
    ご馳走をたくさん食べすぎて、食器洗いは明日に、ここ気持ちは分からないでもないですが・・・
    これが なんと毎日でしかもため込み過ぎよ! こんなに食器があるのもびっくり でも・・・やっぱり きたないよ〜!
    石けん入れや植木鉢 灰皿で食べるなんて ナンセンスきわまりなしですね
    これ 洗ったのかしら? 

    ここまでくると もうおかしさがこみ上げますが いつになったら洗うのかしらと心配になりました。
    このおじさんは やはり ユニークなおじさんだったのですね

    なんと お皿や汚れた食器を 何で洗ったと思いますか
    はじめは えっ!を驚きました。   でも トラックに汚れた食器を乗せて、なんと 雨で洗うなんて  マンガの世界だと思うと おじさんのアイデアに感心しました 
    こんな 発想を誰がするでしょう?  このおじさんならではです
    でも やはり このおじさんは 偉い! 

    汚いのはこりごり ここまで我慢したから?

    ご飯食べた後は 必ず食器をあらうようになったのですって、 幸せなきもちになってね

    あら?  ふつうの おじさんに なってる。
    ナンセンスな おもしろいおじさんも なかなか ゆかいで 漫画の世界を楽しませてもらえたのに・・・

    この絵本は 19才の時 ガンで死にかけていた男の子のために書いてあげた絵本と聞いて 作者の優しさ感じます
    ガンの男の子は このお話 おもしろかったのでは 笑っている顔が見えるように思えました

    本も作者の思いを知ると 奥が深いですね!

    ナンセンス絵本は 子供にはうけるかも!

    投稿日:2010/12/17

    参考になりました
    感謝
    0
  • 見習っちゃだめ!?

    ぺこぺこのお腹をかかえて帰宅したおじさん。たっぷり料理して食べたら、疲れていたのでお皿を洗わず、次の日に洗うことにしました。ところが次の日もその次の日もお皿を洗えず、おじさんの家にはどんどん汚れたお皿が積み重なっていきます。きれいなお皿がなくなったら石鹸いれや灰皿でご飯を食べる始末・・・。なにもかも使ってしまい、お皿でうまったおじさんの家。おじさんはどうするのでしょう?

    「今日出来ることは今日しましょう」をそのままお話にしたような絵本です。お片づけがうまくできないお子さんに聞かせると効果的かもしれません!? 押し付けがましくせず、さらっと読んだらいいのではないかと思います。最後におじさんが機転をきかせてピンチを切り抜けるところを楽しんでください。

    投稿日:2006/11/25

    参考になりました
    感謝
    0

2件見つかりました

最初のページ 前の10件 1 次の10件 最後のページ

※参考になりましたボタンのご利用にはメンバー登録が必要です。

この作品にレビューを投稿された方は、こんな作品にも投稿しています

はらぺこあおむし / しろくまちゃんのほっとけーき / ぐりとぐら / おつきさまこんばんは / きんぎょがにげた / いないいないばあ / もこ もこもこ / ねないこ だれだ / がたん ごとん がたん ごとん / じゃあじゃあびりびり

絵本の人気検索キーワード

ぐりとぐら /  はらぺこあおむし /  バムとケロ /  こびとづかん /  はじめてのおつかい /  そらまめくん /  谷川俊太郎 /  ちいさなちいさな王様 /  いないいないばあ /  いやいやえん /  スイミー /  飛び出す絵本

出版社おすすめ

  • パンダ銭湯
    パンダ銭湯
    作・絵:ツペラ ツペラ(tupera tupera) 出版社:絵本館 絵本館の特集ページがあります!
    いま、明かされるパンダのひみつ。


『あの日からの或る日の絵とことば』 荒井良二さん、筒井大介さん インタビュー

みんなの声(29人)

絵本の評価(4.37)

何歳のお子さんに読んだ?


全ページためしよみ
年齢別絵本セット