がんばれ ちびゴジラ がんばれ ちびゴジラ がんばれ ちびゴジラの試し読みができます!
作: さかざきちはる  出版社: 講談社 講談社の特集ページがあります!
ぼくは、つよくておおきい、ちびゴジラ。

おさらをあらわなかったおじさん自信を持っておすすめしたい みんなの声

おさらをあらわなかったおじさん 作:フィリス・クラジラフスキー
絵:バーバラ・クーニー
訳:光吉 夏弥
出版社:岩波書店 岩波書店の特集ページがあります!
本体価格:\780+税
発行日:1978年
ISBN:9784001151350
評価スコア 4.37
評価ランキング 11,317
みんなの声 総数 29
「おさらをあらわなかったおじさん」は現在購入できません
  • この絵本のレビューを書く

自信を持っておすすめしたい みんなの声から

みんなの声一覧へ

並び替え

14件見つかりました

最初のページ 前の10件 1 2 次の10件 最後のページ
  • いつものように食事をして、食器をかたずける。
    この日常がある日ちょっとしたことで崩れてしまったら?!

    「ま、いっか」

    って私たちの日常にもよくあること、でも
    これが積み重ねるととんでもないことになりますね。

    笑っていられない状況、人としての闇はちょっとしたきっかけで
    すぐに落ちてしまう。

    そして逆にそれはちょっとしたきっかけさえあればすぐに戻すことは
    できることも知りました。

    おさらをあらわないおじさん。状況はかなりなものです。

    投稿日:2018/01/20

    参考になりました
    感謝
    0
  • 恐怖の一冊!長男とも読まないと!

    • ムスカンさん
    • 30代
    • ママ
    • 東京都
    • 男の子11歳、女の子6歳

    6歳の娘と読みました。

    とっても穏やかな絵と語り口調なのですが、
    使って汚れたお皿がたまっていくというなんとも恐ろしいお話!

    一度気を緩めてサボってしまうと、次から次にどうでもよくなって、
    どんどんどんどん怠惰になって、
    みるみるうちにゴミ屋敷ならぬ、
    汚れたお皿屋敷に・・・!

    キャー!

    と叫ぶ私と娘。
    恐怖の一冊です。

    ともかくこれは、私はお皿はここまでためることはないけれども、
    とにかく部屋の片づけをしようとしない長男と読むべきでした。

    いつもきれいなお部屋にいるととっても気持ちがいいもんね!

    つい最近やっと一発奮起して部屋を片付けた長男ですが、
    どうせまた机の上にいろいろたまることでしょう、
    そうしたらこの絵本を一緒に読みたいと思います。

    投稿日:2017/11/10

    参考になりました
    感謝
    0
  • 洗練されたオシャレな挿し絵

    一人暮らしのおじさんは、たくさん料理をつくって食べるとくたびれてしまい、使ったお皿をそのまま放っておきます。次の日も、その次の日もお皿を洗わなかったので、汚れたお皿はどんどん増えてきれいなお皿がなくなり、とうとう灰皿や植木鉢で食事をするようになるおじさん。読んでいる私たちは、このままどうなってしまうんだろう?と心配でたまりません。でもおじさんはスゴい解決策を思いつくんです。
    バーバラ・クーニーの洗練された絵と、ユーモアたっぷりのおはなしがとてもマッチしている絵本だと思います。黒と赤と緑の3色で描かれた挿し絵はとてもオシャレです。

    投稿日:2014/12/19

    参考になりました
    感謝
    0
  • 笑って読みました

    難しい教訓めいたものではなく
    面倒でお皿を洗わなかったおじさんが
    だんだん皿が無くなって鉢やなんでも使って
    食べてしまいやっぱりお皿洗わないとね、、という
    話なんですが、笑って読みました。
    だからちゃんと片付けしなきゃね、と言わないように。。。
    ユーモアたっぷりの本です。
    ときにユーモアで育児したほうがいいなとおもいました。

    投稿日:2013/11/20

    参考になりました
    感謝
    0
  • 8歳の着眼点

    古い本ながら、そのユーモアセンスは今も変わらない。
    毎日片付けなさいと怒られる娘は、なんだか斜め目線。そういう意味で読んだわけではないのに。。。
    お皿がなくなってなんでもよくなった辺りでは、うへ〜〜と喜んでいましたが、ラストに「やっぱりな、そうなると思ったわ」「雨なんか汚いやん」と現実を引っ張り込んでいました。
    8歳にもなると、難しいものです。

    私は前編大喜びで読みました。

    投稿日:2010/12/04

    参考になりました
    感謝
    0
  • 使ったものは片付けよう!

    • 事務員さん
    • 30代
    • ママ
    • 福岡県
    • 女の子6歳、女の子3歳

    一人暮らしのおじさんは
    自分で料理を作り、自分で後片付けしなければいけません。
    なのに、この日はお腹いっぱいになって
    後片付けをせず寝てしまいます。
    そして、次の日また同じことを。

    片付けしないと楽だと味を占めたのです。
    何日も何日もお皿を洗わず、
    お皿がなくなると植木鉢や灰皿を使う有様。

    このあたりから娘は「やめてーー」と言い出します。

    使うものがなくなった時おじさんは
    雨でお皿を洗いました。

    とても古い本です。とても滑稽で後味の良いお話でした。

    投稿日:2010/11/16

    参考になりました
    感謝
    0
  • お皿を持ち過ぎ

    子供の絵本にしては、かわいくない話です。

    一人暮らしで料理好きのおじさんが、お皿を洗うのが面倒で、どんどん汚れたお皿をためてしまうというもの。私にはちょっと耳が痛い話でした。

    それにしても、一人暮らしのわりに、よくこんなにお皿を持っていたものです。足の踏み場もなくなるほど積み重ねられるとは、普段はどうやってしまってあるのでしょうか。

    最後の洗い方がユニークですが、奇抜ではなく、そこが味わいのある理由かと思いました。

    投稿日:2010/10/24

    参考になりました
    感謝
    0
  • どこまで このおじさんは 貫くのかと…

     「やるな〜、このおじさん!」が息子の読後第一声。
     「たいしたもんだ〜」と私が言ったら、「ははは、感心しちゃダメだよ。」と息子。

     “こどもには、明るい笑いを”というクラジラフスキーさんの信条が、本当によく伝わってくる作品でした。

     どこまで、このおじさんは貫くのかと読みましたが、凄い!
     お皿の洗い方にも参りました。

     たくさんの来客と楽しい時間の後に、ド〜〜〜ンと残った食器のあまりの多さに、食洗機には入りきらず、3回まわしもめんどくさく、おじさんのような気持ちになったことがあるような、ないような〜。
     おじさんのように、括れる腹もなく、ははは、高揚した気分が冷めながらも台所に立つのでした。
     
     常識を逸脱した、スケールの大きいこの手のおはなしが、息子にはいつもうけました。

     7歳の頃の思い出の一冊です。

    投稿日:2010/05/17

    参考になりました
    感謝
    0
  •  おじさんは、一人暮らし。ちょっととぼけていてひょうひょうとした感じのおじさんです。
     その日とても疲れていたので、お皿はそのままにして寝てしまいました。次の日も、その次の日もお皿をそのままにして、寝てしまいます。
     とうとう部屋中お皿だらけ、灰皿や植木鉢まで使うありさま。
     おじさんの気持がよくわかるのは、子供よりママのほうだと思います。料理を作るのは、楽しいけど片付けは、めんどうですよね。
     おじさんは、雨の日にお皿を全部トラックに載せて、外へ運びます。
     雨で洗ってしまいます。このおおざっぱさが、おじさんのキャラクターとピッタリで笑ってしまいます。
     それからは、もちろんお皿はその日のうちに洗うようになったそうです。片付けは、ためないでしよう!!というメッセージが子どもに伝わればいいですね。私は、自分にも言い聞かせています。

    投稿日:2009/10/10

    参考になりました
    感謝
    0
  • 限界に挑戦?

    「キラキラ読書クラブ」という読書案内で見て読みたいと思いました。

    一人暮らしのおじさんが、おさらを洗わずにいました。次の日も、その次の日も。

    お皿を使い果たし、灰皿を使うあたり、「これはどうよ?」と思い、私ならこの辺で観念して洗いそうと思いました。

    ただ、お皿というとても身近な物をどこまで洗わずにすむのかには、とても興味が持てました。

    おじさんがどこまで洗わずにいて、その後どのようにしたか?は、読んで確かめてくださいね。

    とてもおしもろいお話です。

    投稿日:2008/09/12

    参考になりました
    感謝
    0

14件見つかりました

最初のページ 前の10件 1 2 次の10件 最後のページ

※参考になりましたボタンのご利用にはメンバー登録が必要です。

この作品にレビューを投稿された方は、こんな作品にも投稿しています

はらぺこあおむし / しろくまちゃんのほっとけーき / ぐりとぐら / おつきさまこんばんは / きんぎょがにげた / いないいないばあ / もこ もこもこ / ねないこ だれだ / がたん ごとん がたん ごとん / じゃあじゃあびりびり

絵本の人気検索キーワード

ぐりとぐら /  はらぺこあおむし /  バムとケロ /  こびとづかん /  はじめてのおつかい /  そらまめくん /  谷川俊太郎 /  ちいさなちいさな王様 /  いないいないばあ /  いやいやえん /  スイミー /  飛び出す絵本

出版社おすすめ

  • どんぐりちゃん
    どんぐりちゃんの試し読みができます!
    どんぐりちゃん
    作:アン・ドヒョン 絵:イ・ヘリ 訳:ゲ・イル 出版社:星の環会 星の環会の特集ページがあります!
    どんぐりちゃんの一生を描いた韓国のやさしい翻訳絵本


親子に贈る、ちいさな幸せの物語『そらはあおくて』杉浦さやかさんインタビュー

みんなの声(29人)

絵本の評価(4.37)

何歳のお子さんに読んだ?


全ページためしよみ
年齢別絵本セット