に〜っこり に〜っこり に〜っこりの試し読みができます!
作: いしづ ちひろ 絵: くわざわ ゆうこ  出版社: くもん出版 くもん出版の特集ページがあります!
赤ちゃんの笑顔はまわりのみんなを幸せにしてくれます。累計発行部数30万部突破の人気シリーズ第1巻!

百年たってわらった木なかなかよいと思う みんなの声

百年たってわらった木 作:中野 美咲
絵:おぼ まこと
出版社:くもん出版 くもん出版の特集ページがあります!
本体価格:\1,200+税
発行日:2003年10月
ISBN:9784774307244
評価スコア 4.64
評価ランキング 2,747
みんなの声 総数 32
「百年たってわらった木」は現在購入できません
  • この絵本のレビューを書く

なかなかよいと思う みんなの声から

みんなの声一覧へ

並び替え

6件見つかりました

最初のページ 前の10件 1 次の10件 最後のページ
  • 意外な作者

    • 環菜さん
    • 20代
    • ママ
    • 宮崎県
    • 男の子6歳、男の子4歳

    最初は知らずに読みました。4歳の息子が気に入って、何度も繰り返し読みました。
    あとになってよくよく見れば、作者は子どもだったのですね。本当に驚きました。
    百年頑張り続けた木。気負い続けた木。その気負いは無意味であったと気づき、自然体の自分に戻りこの先また何百年と生きていくというお話。
    12〜13歳の少女がこんなにスケールの大きいお話を書けるなんて!
    いや、大人じゃないからこそ書けたのでしょうか。
    作者の年齢を知ってから読むと、また違う味わい方ができます。

    投稿日:2012/11/12

    参考になりました
    感謝
    0
  • 木の顔の部分の位置がちょっとびっくり

    • てんぐざるさん
    • 40代
    • ママ
    • 埼玉県
    • 女の子16歳、女の子11歳

    普通、気を擬人化すると、たいてい木の幹の模様の部分を顔に見立てたりするものですが、この絵本の中の木は木の股の大きなこぶの部分に顔がついていて、最初ちょっと違和感がありました。
    慣れてくると、こういうのもありだなと、思えました。

    絵は全体的に色鮮やかではっきりしています。字も太く読みやすいし、たくさんの動物たちが出てくるので、読み聞かせなどには使いやすいと思います。
    読んであげるなら4歳以上小学校低学年くらいにお薦めします。

    投稿日:2011/11/13

    参考になりました
    感謝
    0
  • 生きる

    おぼまことさんの作品だったのでこの絵本を選びました。100年も生きた主人公の深みのある体を力強く描いているのがよいと思いました。人によく思われようと生きるよりも、自分らしさを大切にして飾らずにありのままを見せて生きることの有意義さを感じられる絵本でした。行き方の方向を示唆してくれる絵本でした。

    投稿日:2010/09/13

    参考になりました
    感謝
    0
  • 無理をしなくていいんだ・・

     息子が小学2年生のときに、国語の教科書に「木」にまつわる話が載っていました。そのころちょうど2年生に絵本を読む機会があり、選んだ本です。本屋さんでふらふらーっと物色中?に偶然の出会いをしました。私としては、絵があまり好みのものではなかったのですが、読んでみると、不思議と絵がしっくりきました。
     子供も大人も本当の自分を偽って、無理をして生きることはないんだ・・・ありのままの自分を受け入れてくれる誰かは必ずいるんだ、と思える絵本だと思います。

    投稿日:2007/10/28

    参考になりました
    感謝
    0
  • 木を子供におきかえると・・

    • ちびびさん
    • 30代
    • ママ
    • 千葉県
    • 男の子3歳

    素朴な絵にひかれ、また絵を描かれた方にイベントで
    お会いする機会があったことから購入しました。
    3歳になったばかりの息子にはまだちょっと長かったかな。
    大人がじっくり読んでじーんとくる内容です。
    頑張ることをつい毎日子供に求めてしまいがちな私には
    木を子供に置き換えると反省させられることも。
    誰もが生きてるだけで幸せなんだ、と思って暮らせたら
    いいのになぁ、と思いました。
    年齢を重ねて大きくなった、とはいえまだまだ子供の
    我が子にもう少しゆっくりのびのび接していこうと
    思い直した1冊でした。

    投稿日:2007/05/14

    参考になりました
    感謝
    0
  • 12歳の自分探し

    • 金のりんごさん
    • 40代
    • ママ
    • 神奈川県
    • 女の子11歳、男の子8歳、男の子6歳

    子どもの創作コンクールの最優秀賞受賞作で、なんと作者12歳の時の作品です。
    というわけで、今12歳である6年生の教室で読んできました。
    私自身は、テーマが文章の前面に出てしまうより、もう少しオブラートで包んだ表現の方が好きなのですが、作者と同じ歳の子どもには、ストレートな方が気持ちよく伝わるのかなと思い、問いかけるような気持ちで読みました。

    教室はシーンとなり、読み終わったときに拍手もありました。
    このメッセージをしっかりと受け止めて、ありのままに自分らしく突き進んでいって欲しいですね。

    投稿日:2006/02/09

    参考になりました
    感謝
    0

6件見つかりました

最初のページ 前の10件 1 次の10件 最後のページ

※参考になりましたボタンのご利用にはメンバー登録が必要です。

この作品にレビューを投稿された方は、こんな作品にも投稿しています

はらぺこあおむし / しろくまちゃんのほっとけーき / ぐりとぐら / きんぎょがにげた / いないいないばあ / もこ もこもこ / ねないこ だれだ / がたん ごとん がたん ごとん / よるくま / だるまさんが

絵本の人気検索キーワード

ぐりとぐら /  はらぺこあおむし /  バムとケロ /  こびとづかん /  はじめてのおつかい /  そらまめくん /  谷川俊太郎 /  ちいさなちいさな王様 /  いないいないばあ /  いやいやえん /  スイミー /  飛び出す絵本

出版社おすすめ



みやこしあきこさん×シドニー・スミスさん インタビュー

みんなの声(32人)

絵本の評価(4.64)

何歳のお子さんに読んだ?


全ページためしよみ
年齢別絵本セット