おんせんたまご おんせんたまご おんせんたまごの試し読みができます!
文: 中尾 昌稔 絵: 河本徹朗  出版社: 大日本図書 大日本図書の特集ページがあります!
ふう、あったかい。ああ、いいきぶん。のんびり、ゆったり、おふろだーいすき!

くだものなかなかよいと思う みんなの声

くだもの 作:平山 和子
出版社:福音館書店
本体価格:\900+税
発行日:1981年10月
ISBN:9784834008531
評価スコア 4.75
評価ランキング 684
みんなの声 総数 492
  • この絵本のレビューを書く

並び替え

101件見つかりました

最初のページ 前の10件 1 2 3 4 5 ... 次の10件 最後のページ
  • この本は、市の4ヶ月検診の時にいただきました。
    当時は読み聞かせには程遠く、1歳過ぎても興味をしめさず、2歳の今になってようやく楽しめるようになりました。

    色も形も大きさも、本物そっくりに描かれているくだものが出てきます。
    つぎのページでは、皮をむき、切った常態で「さあ どうぞ。」
    すいか、もも、ぶどう、なし・・・etc.どれも馴染みのあるくだものですよね。

    この本は字が少ないので、読み聞かせというより、やりとりしながら楽しむ本かと思います。
    わが子は、「このくだもの何だろうね?」と一緒に考えながら読んだり、
    「さあどうぞ」と本を差し出すと、「いただきます」と食べるまねをしたりしています。

    投稿日:2010/05/27

    参考になりました
    感謝
    2
  • バナナむけるかな

    絵がリアルで私は好きです。娘が一歳の時に購入しました。バナナ上手にむけるかなのところに興味があるようで、それから自らバナナをむこうとしだしました。この本のおかげです。あとは読むたびに、はいどうぞをおうむ返しのように、私のマネして言ってました。2歳のいま、自分で読むんだあ。と、一人で読んでます。もちろん自分で作り上げた文章で。それはそれで楽しそうにしてます。

    投稿日:2015/06/25

    参考になりました
    感謝
    1
  • こんな絵が描けるようになりたい(笑)

    年少の娘・1歳の息子がいます。
    正直、息子にとっては「まだ出会ったことのないもの」たちが多く、
    あまり興味を示してくれませんでした。
    他の方のレビューをみて、ちょっと期待してたのですが…。
    でもおいしいものがたくさん描かれているので
    実際に食べたら喜びそうです。


    それに対し、4歳の娘は図書館で借りた帰りに
    待ちきれなくて車の中で見ていました。

    ページをめくるたびに、
    「かーたん!なんとビックリだよ!!」
    と言いながら、大好きなくだものを食べて(?)いました。
    娘にとって、この絵本はまさに図鑑。
    文字もくだものの名前と「さあ どうぞ。」がほとんど。
    4歳には簡単に読めて楽しんでいます。

    最後に娘が言ったこと。
    「ねー、かーたん。メロンないね、何で?」

    投稿日:2011/11/03

    参考になりました
    感謝
    1
  • 真似をします

    0歳で購入しましたが、その時点では全く興味を持ちませんでした。
    1歳過ぎにに“すいか” “ばなな”と言えるようになって少し興味を持ち出して、2歳過ぎた今は本の真似をして「さあ どうぞ」とお友達に言えるようになりました。
    すいかやりんごを見るとこの本を持ち出して「同じ!同じ!」といって喜んでいます。

    投稿日:2010/09/03

    参考になりました
    感謝
    1
  • 本物みたい

    図鑑いらずです♪

    絵がとてもきれいに描かれていて美味しそうです。

    0歳のころに購入し何度も見せました。

    「どうぞ」

    嬉しそうに手を伸ばしパクパクを食べる真似をしてたのしんでいました。

    弟が生まれてからは 赤ちゃんの弟に読んであげて はいどうぞ と
    いいながら自分でパクパク食べているお姉ちゃんが微笑ましかったです。

    未満児にお勧めです。

    投稿日:2010/01/29

    参考になりました
    感謝
    1
  • ぱくっ!

    最近、おもちゃのお弁当箱を使って、お弁当を食べるフリをすると、にっこりする子どもたち。
    文章は、果物名と「さぁ、どうぞ。」だけ。でも、絵がとっても丁寧でキレイ!
    今日、初めて、子どもたちの前で読んだのですが、「さぁ、どうぞ。」と言いながら、絵本から口に手を運ぶと、ぱくっと食べるマネをしました!!
    しかも、「おいしいね。」と言うと、ほっぺに手をあてて、「おいしい、おいしい」までして、とってもかわいかったです♪
    0歳ちゃんにも、オススメの絵本です☆☆

    投稿日:2009/07/08

    参考になりました
    感謝
    1
  • リアルでいいです

    果物の絵がリアルでいいです。
    中途半端にファンシーじゃないから、本物を見せているような気分に。
    息子もじーっと見入ってます。おいしそうだからかな?

    投稿日:2006/11/01

    参考になりました
    感謝
    1
  • おいしい顔。

    • 小野伊都子さん
    • 30代
    • ママ
    • 愛知県
    • 男の子6歳、女の子3歳、妊娠中

     3歳の娘が1歳の頃に、大好きな本でした。
     ひとつひとつの果物が、みずみずしくて、本当に手を伸ばして、口をもぐもぐもぐ・・・とさせていたのを思い出します。
     「おいしい?」と聞くと、にこっと笑って、最高に”おいしい顔”をしてみせてくれました。
     そして今、果物が大好きな娘は、本物の果物を前に”おいしい顔”をみせてくれますが、それもこの絵本のおかげかな?
     もうすぐ生まれる三人目のBabyも、きっとお姉ちゃんと同じ”おいしい顔”をしてくれるのでしょう。楽しみです。

    投稿日:2003/04/14

    参考になりました
    感謝
    1
  • 写実的だけどやさしい

    初めてこの絵本を見たとき、写真のようにリアルだけど、やさしいタッチの絵だなと思いました。
    次々と果物をどうぞとだされて、果物の名前を覚えるのによいです。
    果物を切って見せているのも面白いです。
    0歳の子供は、食べ物だと理解しているのか、かなり真剣に見入って、何度も読んで欲しいそぶりをします。
    この作者の他の絵本も読んでみたいと思いました。

    投稿日:2018/04/03

    参考になりました
    感謝
    0
  • 美味しそう!

    正直、最初はどう読んでいいのかわかりませんでした。見開き一面に描かれた果物の絵に、文章は果物の名前と「さあ、どうぞ」の一文だけ。
    けれど、子どもに読んでいるうちに、果物の絵に手を伸ばすなど、少しずつアクションが表れました。何度か読んでいると、果物を食べる真似を始めたり、少し大きくなってからは母である私の口に果物を入れる真似をしたり。実際にバナナを食べる時は、この絵本を持ってきて、「エホントイッショダネ。○○クン(自分の名前)モ、ジョウズニムケルヨ」と自慢したり。
    ただ読むだけでは面白くないかもしれないけど、たくさんコミュニケーションがとれる絵本だと思います。

    投稿日:2017/03/28

    参考になりました
    感謝
    0

101件見つかりました

最初のページ 前の10件 1 2 3 4 5 ... 次の10件 最後のページ

※参考になりましたボタンのご利用にはメンバー登録が必要です。

この作品にレビューを投稿された方は、こんな作品にも投稿しています

はらぺこあおむし / しろくまちゃんのほっとけーき / ぐりとぐら / きんぎょがにげた / いないいないばあ / もこ もこもこ / はじめてのおつかい / がたん ごとん がたん ごとん / あなあきしかけえほん かわいいてんとうむし / ドーナツやさんのおてつだい

絵本の人気検索キーワード

ぐりとぐら /  はらぺこあおむし /  バムとケロ /  こびとづかん /  はじめてのおつかい /  そらまめくん /  谷川俊太郎 /  ちいさなちいさな王様 /  いないいないばあ /  いやいやえん /  スイミー /  飛び出す絵本

出版社おすすめ

  • はんぶん タヌキ
    はんぶん タヌキ
    作:長 新太 出版社:こぐま社 こぐま社の特集ページがあります!
    これからタヌキが化けますよ! 予告するのはいいけれど、半分どころかほとんど化け残るタヌキのお話


『あの日からの或る日の絵とことば』 荒井良二さん、筒井大介さん インタビュー

みんなの声(492人)

絵本の評価(4.75)

何歳のお子さんに読んだ?


全ページためしよみ
年齢別絵本セット