ぬにゅ〜ぽんぽん ぬにゅ〜ぽんぽん ぬにゅ〜ぽんぽんの試し読みができます!
作: ちかつたけお  出版社: KADOKAWA KADOKAWAの特集ページがあります!
子どもの想像力をはぐくむ、新感覚の絵本! 1・2・3さい向け

くだもの自信を持っておすすめしたい ママの声

くだもの 作:平山 和子
出版社:福音館書店
本体価格:\900+税
発行日:1981年10月
ISBN:9784834008531
評価スコア 4.75
評価ランキング 681
みんなの声 総数 491
  • この絵本のレビューを書く

並び替え

349件見つかりました

最初のページ 前の10件 1 2 3 4 5 ... 次の10件 最後のページ
  • 幸せな時間をくれます

    絵本クラブ対象

    • ひぽさん
    • 30代
    • ママ
    • 埼玉県
    • 女の子1歳

    私はどうも絵本に「読み聞かせ」のイメージが強くて、実はこの本を図書館で初めて見たとき、このような絵を見て楽しむ様な絵本って、いったいどうやって見せたらいいんだろう??って感じてしまっていました。
    でも、かなり評判のいい絵本だったので、くだものが大好きな娘の反応が見たくて1歳半の頃購入しました。

    初めのうちは、私もめくって読み上げる様な読み方をしてしまっていたので、娘もあまりいい反応をしてくれなかったのですが、ある日イチゴを食べる真似をしてみせてから、まるで変わりました!
    それからというもの皆さんの感想にもあるとおり、本当に楽しそうに食べる真似をするんです。
    1歳9か月の今、自分から持ってくるお気に入りの本の1つです。

    この絵本を開いて二人で食べて食べさせあって、「おいし〜い」ってニコニコ笑って、これが「幸せな時間」なんだな〜と思います。

    投稿日:2009/05/24

    参考になりました
    感謝
    10
  • 買って大正解

    0歳の娘に、いろんなくだものの名前を教えたくて購入しました。
    写実的な絵だったので、あんまりかわいくないなと思っていたのですが、
    「昔からある絵本だし、いい絵本なんだろうな」と思い、
    購入を決めました。

    結論からいうと、買って大正解です。
    娘の一番お気に入りの絵本で、
    1歳半になった今でも読まない日はないくらいです。

    あまりにも本物そっくりなので、食べる真似をしたり、
    「どうぞ」って言って私に食べさせてくれたり。

    娘はこの絵本で「いただきます」「ごちそうさま」のあいさつ、
    「おいしい」の言葉を覚えました。
    今では、ぬいぐるみにこの絵本を持ってきて、くだものを食べさせてあげています。

    実はこの本、友達からもプレゼントされて、計2冊持ってます。
    でも重複した本がこの本で本当によかったと思っています。
    一冊はおうち用、一冊は実家においてあります。

    この絵本は読んであげる絵本ではなくて、
    コミュニケーションをとる絵本だと思います。
    昔から今まで人気があるのも、うなづけます。
    娘が子供を産んで、この本で「いただきます」を教えてたら
    感動してしまう気がします。

    でもきっとその頃でも残ってる絵本だと思います。
    本当に買って大正解でした。
    続編?の「おにぎり」「やさい」も買おうか検討中です。

    投稿日:2010/01/21

    参考になりました
    感謝
    8
  • 初めの一冊

    息子が一歳前に、この絵本と出会い、今は、一歳になった娘が読んでいます。
    この絵本で『さぁ どうぞ』と私が言い、娘の口元に運ぶマネをすると、娘も口をあけて、モグモグ。

    何度か読んでいると、私が『さぁ どうぞ』と言うと、自ら食べるマネをします。
    そして、私が『おいしいねぇ〜』とホッペをポンポンとしていると、娘も笑顔でホッペをポンポン。

    ちなみに息子の時も同じ様な反応でした。

    今は、息子が娘に読んであげている姿を見ると、簡単なやりとりなので、兄妹遊びにもなるんだなぁ〜。と、ほのぼのしました。

    家族で楽しめる一冊だと思います。

    投稿日:2012/05/26

    参考になりました
    感謝
    2
  • はじめての絵本

    生まれてはじめて読んであげた絵本です。

    くだものが大きくリアルに描いてあるシンプルな本なので、
    ただ書いてあることを読むだけでなく、「これは、なあに?」
    「わぁ、おいしそうだね」などとおしゃべりしながら見ています。

    まだ0歳の頃から手に届くところに置いていたので、
    破いたりしてしまって、ボロボロですが、娘は気に入って
    いるようで、何度も読んでと持ってきます。

    1歳を過ぎた頃には、ページをめくるたびに、くだものを手でつかんで
    食べるふりをしたり、ママやパパにも食べさせてくれるようになって、
    読むたびに幸せな気分にさせてくれる1冊になりました。

    投稿日:2010/02/21

    参考になりました
    感謝
    2
  • おいし〜い!

    図書館司書の方におすすめされて、購入しました。
    司書の方は、「幼稚園児に読み聞かせをしても、みんな本の近くに来て、果物を食べに来るのよ」とおっしゃっていました★
    2歳の娘も例外ではなく、「おいし〜い!!」と本の果物をいつもモグモグしています。最近では、0歳の妹の口にも入れてあげるようになり、姉妹のコミュニケーションにも一躍かってくれている本です。

    投稿日:2014/01/23

    参考になりました
    感謝
    1
  • みずみずしい☆

    これも、かならずベストセラーで紹介されますよね。

    私が子どもの頃は、『絵本=おとぎばなし』。
    リアルなのは、図鑑ぐらいだった気がします。
    しかも、ストーリーではなく日常の何気ない風景。
    大人にとっては、何でもない世界。
    でも、赤ちゃん目線では、こんな風に見えるんだ〜!
    と気付かされる1冊でした。
    この『絵本なのにリアル』の発想は、
    当時の絵本界に新旋風を巻き起こしたんじゃないかな?
    と勝手に思ってます。

    投稿日:2010/09/10

    参考になりました
    感謝
    1
  • どうぞって!

    • らずもねさん
    • 30代
    • ママ
    • 福岡県
    • 男の子2歳、男の子0歳

    「さあどうぞ!」っていう響きが気に入ったらしく
    2歳になりお話を始めたころ
    お友達におもちゃを渡す時とか
    「さあどうぞ」って連発してました

    果物もこの本で覚えました。
    すべてのページで自ら手をだして
    食べるフリをし「むしゃむしゃ」してました
    とっても優しいタッチの絵で大好きです

    気のせいかお腹が減ってる時に
    この本を持ってくるような・・・・・?

    投稿日:2010/03/31

    参考になりました
    感謝
    1
  • いただきます

    • きのぴいさん
    • 30代
    • ママ
    • 栃木県
    • 女の子4歳、男の子1歳

    あまりに表紙の絵がリアルでおいしそうなので買ってしまいました。
    我が家でくだものといえばバナナ。
    バナナ以外のくだものも知って欲しいという願いもこめて読み聞かせをしています。

    くいしんぼうの息子には、この絵が本物に見えるのでしょう。
    「はい、どうぞ」と言うと、いただきますのポーズをします。
    それがあまりにかわいいので読み聞かせにはついこの絵本を選んでしまうのですが・・・
    困ったことに、この絵本を読むと本当におなかがすいてしまうみたいです。
    読み聞かせの後に必ず「バナ、バナ」と片言でバナナを要求!!
    結局バナナを食べさせることになってしまいます。

    だから、この絵本は毎回おやつの前に読むというのが習慣になりました。

    投稿日:2010/03/18

    参考になりました
    感謝
    1
  • ヨダレをたらしながら見ていました!

    ページをめくると、果物の絵があって
    「…さあ、どうぞ。」ということばが添えられています。

    写実的ですが、ながめるだけの図鑑絵本にあらず!
    思わずつまみたくなる美しさ。
    ページを次々めくりながら、食べる真似っこ遊びするのが楽しいです。

    赤ちゃんの頃、長男も次男もヨダレをたらしながらこの絵本を見ていました。
    それは、もちろん「オイシソウ〜」というヨダレでもあるかと思いますが、
    中には、「コレ、シッテル〜」の、興奮のヨダレだったかも(笑)。

    自分の知っているもの、自分の好きなものが絵本に登場すると、
    子どもって、俄然絵本に興味を持つようになりますよネ!
    そういう意味で、これは最強のファーストブックといえるのでは…。

    投稿日:2009/11/11

    参考になりました
    感謝
    1
  • 本当に食べてしまいたい

    • 稲穂さん
    • 30代
    • ママ
    • 埼玉県
    • 男の子7歳、男の子4歳、女の子1歳

    0歳から読んでいますが、反応が面白くなってくるのは1歳からでしょうか。

    果物をつまんで口に持っていくと「あ〜ん」と口をあけるようになるのが
    1歳近くなってからでしたので。
    離乳食で食べることに慣れてきた頃からかも。

    兄弟全員が好きな本です。

    お兄ちゃんが下の子と一緒に楽しめるというのもポイントが高いですね。

    投稿日:2009/11/09

    参考になりました
    感謝
    1

349件見つかりました

最初のページ 前の10件 1 2 3 4 5 ... 次の10件 最後のページ

※参考になりましたボタンのご利用にはメンバー登録が必要です。

この作品にレビューを投稿された方は、こんな作品にも投稿しています

はらぺこあおむし / しろくまちゃんのほっとけーき / ぐりとぐら / きんぎょがにげた / いないいないばあ / もこ もこもこ / ねないこ だれだ / ちいさなうさこちゃん / あなあきしかけえほん かわいいてんとうむし / ドーナツやさんのおてつだい

絵本の人気検索キーワード

ぐりとぐら /  はらぺこあおむし /  バムとケロ /  こびとづかん /  はじめてのおつかい /  そらまめくん /  谷川俊太郎 /  ちいさなちいさな王様 /  いないいないばあ /  いやいやえん /  スイミー /  飛び出す絵本

出版社おすすめ

  • ゆき
    ゆきの試し読みができます!
    ゆき
     出版社:ひさかたチャイルド ひさかたチャイルドの特集ページがあります!
    雪が降るとだれもがくちずさむあの歌が、はたこうしろうさんのイラストで絵本になりました。


親子に贈る、ちいさな幸せの物語『そらはあおくて』杉浦さやかさんインタビュー

みんなの声(491人)

絵本の評価(4.75)

何歳のお子さんに読んだ?


全ページためしよみ
年齢別絵本セット