魚市場 魚市場
絵・構成: 沢田 重隆  出版社: 評論社 評論社の特集ページがあります!
お魚は好き? 築地を舞台に、魚の流通のしくみやさまざまな魚の種類などを、細密かつダイナミックなイラストで紹介します!

にんじんばたけのパピプペポなかなかよいと思う みんなの声

にんじんばたけのパピプペポ 作・絵:かこ さとし
出版社:偕成社 偕成社の特集ページがあります!
本体価格:\1,000+税
発行日:1973年11月
ISBN:9784032060805
評価スコア 4.71
評価ランキング 1,165
みんなの声 総数 62
  • この絵本のレビューを書く

なかなかよいと思う みんなの声から

みんなの声一覧へ

並び替え

14件見つかりました

最初のページ 前の10件 1 2 次の10件 最後のページ
  • 懐かしい

    6歳の息子と3歳の娘に読みました。
    私も小さな頃読んだ記憶があります。しかし筋は全く忘れておりました。そうか〜、こういう話で、こういう落ちだったのね、と思い出しながら読んでおりました。
    ホッペタが丸くて赤いこぶたちゃん達の顔が大人になっても印象に残っていたですが、画力があるなあ、と今回も改めて思いながら読み直しました。
    子どものしつけの声掛けにも使えそうな、絵本ですね。
    うちでは嫌いな野菜がでてくると、『にんじんばたけのにんじんと一緒だよ、食べると頭がよくなるよ〜』と言っています。

    投稿日:2016/10/25

    参考になりました
    感謝
    0
  • にんじんの力

    • みちんさんさん
    • 30代
    • ママ
    • 愛知県
    • 女の子3歳、女の子1歳

    20匹のこどもみんながみんな怠け者と言うのは困りものですね。
    どう見てもにんじんだよねーと思っていた赤い根っこの草を毒だと言ってとりあげた面々…え?と思っていましたがラストあたりで再登場して仲直りしたようで一安心。やはり悪いことはできませんね。
    にんじんおいしい!と思えるのではないかな?と思います。

    投稿日:2014/11/05

    参考になりました
    感謝
    0
  • テーマはにんじんではありません

    にんじんばたけはお話の中にでてくるし、

    にんじんも出てきますが、子供たちの変わりぶりが

    一番の見ものだとおもいます。

    みんながそれぞれおもしろい名前がついていて、

    親のいうことを聞かない子ブタだちが、どうして変わったのか?

    それはとてもおもしろい流れでした。

    オススメです。

    投稿日:2014/08/31

    参考になりました
    感謝
    0
  • 意外な展開が新鮮

    • たはももさん
    • 30代
    • ママ
    • 広島県
    • 男の子8歳、男の子5歳、女の子1歳

    8歳、5歳、1歳の子供たちに読みました。
    1歳の子はぶたさんとにんじんを指さしていましたが、もちろん内容はわからず。
    8歳・5歳の子供には何か感じるものがあったようです。
    教訓が隠されているお話だと思いますが、
    くどくどしておらず、さっぱりとお話は展開します。

    子ぶたさんに嘘をついたうさぎさん達が
    子ぶたさん達のおかげで体調がよくなるシーンは子供の教育にとてもよいと思いました。
    何かされても、それを恨んだりせず、手をさしのべれる心を持ってほしいと思いました。

    投稿日:2013/06/02

    参考になりました
    感謝
    0
  • こんなにんじん欲しい♪

    昔、保育所で働いていた頃、幼児さんのクラスが
    このお話を発表会で劇にしていたのですが、
    お話が今ひとつ分からなかったので、
    手に取ってみました。

    こぶたたちが見つけたにんじんを、もぐらが
    「あかだいこん」と言ってるのを読んで
    「ふ〜ん、にんじんじゃなくて、あかだいこんなんだ」と
    素直に思ってしまった私です(爆)
    さすがに、次のページの「みかんごぼう」で気付きましたが。

    このお話、こぶた達の名前の付け方がいいですね!
    「ぱぴぷぺぽ」と「ばびぶべぼ」からとった名前で
    響きがとってもいいです。
    もう、名前だけで3才の娘は大うけです。

    お話は、ある意味説教臭いお話なのですが、
    加古さんのほのぼのとした絵を見てると
    説教臭さを感じないのが不思議です。

    娘は、最後の方のページの本の形をした図書館や
    ピアノの形の劇場のページが大好きです。

    投稿日:2011/01/27

    参考になりました
    感謝
    0
  • すごい!

    • オパーサンさん
    • 30代
    • ママ
    • 福島県
    • 女の子4歳、女の子1歳

    かなり昔からある絵本ですが、私は読んだ記憶がありません。
    でも、ほとんど絵本を読んでこなかったはずの夫が覚えていました。
    草ぼうぼうの原っぱに住んでいる20匹のコブタ。このコブタたち、とっても人相が悪いんです。顔色は青白く、目つきが鋭い。お父さんとお母さんが働いていても、なまけてばかりいる困ったちゃんたちです。
    でもある日、見たことのないおかしな草の根を見つけることで、激変します。桃色ほっぺのニコニコいい子ちゃんたちに!
    ここからのコブタちゃんたちはすばらしい活躍をします。
    草ぼうぼうの荒地を耕して立派な畑にし、井戸を掘り、にんじんを育て、それをみんなに分けてあげるのです。お金持ちには高く売り、困っている人には分けてあげるなんて、まさに社会の目指すところではないですか!
    廃材から焼いたレンガでは、まず公共施設を作り、余った材料で自分たちの小さい家を建て直します。
    子供向けの絵本ですが、社会を担っている大人たちに考えて欲しいことがたくさん詰まっていました。

    投稿日:2010/03/31

    参考になりました
    感謝
    0
  • にんじんを食べるようになるかも!?

    • イザリウオさん
    • 40代
    • ママ
    • 群馬県
    • 男の子9歳、男の子7歳

    何ともかこさとしさんらしいお話で、私までふむふむ、そうかあなどと思わされていしまいます。
    20ぴきのこぶたの兄弟は、怠け者の困った子。
    ある日、ニンジンを食べたらみんな良い子になって、お父さんとお母さんは大喜び。
    早速、家族みんなで育てて増やすことに。
    にんじんって、子供の嫌いな食べ物のトップ3に必ずはいってますよね。
    この本を読めば、うまくすると自分から食べてみるようになるかもしれませんよ(笑)。

    投稿日:2009/10/28

    参考になりました
    感謝
    0
  • 楽しい絵本なんだけど

     出てくる子豚たちも面白くて,リズム感もあって,楽しい絵本なのですが,かこさとしさんの絵本にしては,少し説教くさい気がしました。

     あとがきを読むと,この絵本は,にんじんぎらいの子のために作ったのがもとになった,いわば「対症療法」のひとつであったと書かれていました。

     なるほどそう考えると納得できます。
     息子も,人参は好きでもない・嫌いでもないという程度だったのですが,絵本を読んだ次の日は,人参が食べたいと言っていました。

     ですが,そんな事を気にしなくても,子豚たちが歌う「パピプペポ」の歌も楽しくて,十分楽しめる絵本でした。

    投稿日:2009/10/16

    参考になりました
    感謝
    0
  • リズムが楽しい

    • ゆんぼさん
    • 20代
    • ママ
    • 大阪府
    • 女の子10歳、女の子3歳、男の子0歳

    20匹のこぶたの名前を早口言葉のように読むと、リズムがあって楽しい。歌がいくつかでてくるので、子どもももう一回!とせがみました。1匹1匹の表情や手に持っている物もいろいろで、絵を見るのも楽しいです。

    投稿日:2009/03/18

    参考になりました
    感謝
    0
  • ユニークな名前

    荒れた土地をこぶた兄弟20匹と親が一生懸命働いて、素敵な畑にするお話です。

    絵本の題名からしてなんだか面白そうな絵本だと思いました。
    なんといってもこぶたが20匹の兄弟であったり、その名前がまたまたユニークで・・・(笑)
    この絵本を通して様々な教訓があることに、さらに驚きました。

    野菜を作る時の導入や、何か教訓を伝えたい時には、是非子ども達に読み聞かせたいオススメの一冊です☆

    投稿日:2008/09/20

    参考になりました
    感謝
    0

14件見つかりました

最初のページ 前の10件 1 2 次の10件 最後のページ

※参考になりましたボタンのご利用にはメンバー登録が必要です。

この作品にレビューを投稿された方は、こんな作品にも投稿しています

はらぺこあおむし / しろくまちゃんのほっとけーき / ぐりとぐら / おつきさまこんばんは / きんぎょがにげた / いないいないばあ / もこ もこもこ / ねないこ だれだ / がたん ごとん がたん ごとん / じゃあじゃあびりびり

絵本の人気検索キーワード

ぐりとぐら /  はらぺこあおむし /  バムとケロ /  こびとづかん /  はじめてのおつかい /  そらまめくん /  谷川俊太郎 /  ちいさなちいさな王様 /  いないいないばあ /  いやいやえん /  スイミー /  飛び出す絵本

出版社おすすめ



親子に贈る、ちいさな幸せの物語『そらはあおくて』杉浦さやかさんインタビュー

みんなの声(62人)

絵本の評価(4.71)

何歳のお子さんに読んだ?


全ページためしよみ
年齢別絵本セット