アンダーアース・アンダーウォーター 地中・水中図絵 アンダーアース・アンダーウォーター 地中・水中図絵 アンダーアース・アンダーウォーター 地中・水中図絵の試し読みができます!
作: アレクサンドラ・ミジェリンスカ ダニエル・ミジェリンスキ 編: 徳間書店児童書編集部  出版社: 徳間書店 徳間書店の特集ページがあります!

てん」 せんせいの声

てん 作・絵:ピーター・レイノルズ
訳:谷川 俊太郎
出版社:あすなろ書房 あすなろ書房の特集ページがあります!
本体価格:\1,300+税
発行日:2004年01月
ISBN:9784751522639
評価スコア 4.81
評価ランキング 228
みんなの声 総数 92
  • この絵本のレビューを書く

並び替え

5件見つかりました

最初のページ 前の10件 1 次の10件 最後のページ
  • 可能性を広げる言葉

    立ち読みに載っていて、ぜひ読んでみたいと思い、図書館で借りた一冊です。

    お絵描きが大嫌いなワシテが描いた“てん”。
    その“てん”の可能性を、先生が上手く広げてあげていることに感動しました!!

    子どもが白紙だと、大人は「どうして書かないの?」なんて言葉を掛けてしまいがちですが・・・ワシテの先生は一味違います。

    ワシテの先生のように、その子らしさを引き出してあげられる、可能性を広げてあげられるような言葉掛けや、物事の視点を持った保育者になりたいと思いました。
    絵本として楽しむというよりも、保育者として色々と考えさせられ、とても勉強になった一冊でした。

    投稿日:2007/11/23

    参考になりました
    感謝
    0
  • 子どもの可能性を広げる

    • かっぴーさん
    • 30代
    • せんせい
    • 埼玉県
    • 女の子3歳

    この本は、ぜひ保育者になる人には読んでほしい絵本ですね。私も保育者養成校でおススメしています。「子どもの可能性を広げるのは先生次第だなあ」と実感するストーリーです。逆に、子どものやったことや作ったものを上手い・下手で判断したり、大人の固定観念で強要したりすることがいかによくないかを感じさせてくれます。育児や教育に携わる際に、いいヒントを与えてくれるすばらしい絵本だと思います。同時にこの先生のようでありたいと強く思います。

    投稿日:2007/08/09

    参考になりました
    感謝
    0
  • 励まされ、勇気を得られます

    絵が描ける、描けないに関わらずに励まされ勇気を得られる絵本です。真っ白な紙を見て「ふぶきのなかのほっきょくぐまね。」といった先生がすごい。この先生との出会いをもとにワシテは変わっていきます。同時に表情も穏やかになってきます。

    私もこんな先生に出会っていたらなぁ…、と今更思います。学生には「子ども達に絵を描く事や物を作ることを嫌いにさせないで。楽しい!ことを実感させてあげて」と伝えています。絵画製作活動は手先を使ったり、考えたり、試行錯誤を繰り返したりしますから、子どもを心身ともに成長させるものです。不用意な大人の価値観を強要したり、上手・下手といった単純な評価は避けたいです。評価にとらわれないクリエイティウ゛な活動って本当に楽しいですから。

    投稿日:2007/04/11

    参考になりました
    感謝
    0
  • みんなワシテ☆

    誰だって『じょうずに描きたい』『素敵に描きたい』だって、認めてほしんだもの。。大好きな人に、優しい言葉で。
    もちろん、ワシテがなかなか描けないのは、下手だからじゃない。どうしたら周りに認めてもらえるか、考えちゃって頭がぐるぐる…ワシテみたいな子ってきっと最近、沢山いますよね。私も、どちらかというと、描くまでにすごく時間の掛かる子どもでした(笑)
    でも、そんなこと、考える必要なんて全然ない!だって、『てん』一つにだって、その子の想いがつまってるんだもの。大切なのは気づくこと。自分というものを見つけること。そして、そんな手伝いをそっとする大人。。
    《あなたは、あなたでいいんだよ。あたしがちゃんとみてるから。そのままのあなたが素敵なんだよ》
    どんな言葉を掛けるより、どんなご褒美をもらうより、一人の人に認められたワシテの心は満たされたのではないでしょうか。それと同じように、読者も、多くの知識と言葉で《認める大切さ》を教わるより、一人の少女と先生、そして第二のワシテの姿を通して、人が人を認めること、そして、自分を自分で認めてあげることの大切さを感じられるのではないでしょうか。。まるで、ワシテと一緒に《わたし》の存在も包み込んでもらえたような。。何歳になっても、みんなワシテと一緒、認められるとがんばれる。これって、生きていくための一生の宝物になると思う…ワシテの気持ちと一緒に、ページをめくる度に花開いていく温かい絵、温かい言葉、温かい思いを胸に読みたい一冊です。。

    出会った子どもに、そして、お母さんに、お父さんに…そんな素敵な贈り物ができる保育者に、なりたいな☆っと読むたび思い泣いてしまう、さんしょです(恥)

    投稿日:2006/11/13

    参考になりました
    感謝
    0
  • 何と声かけしますか??

    • ☆☆☆さん
    • 20代
    • せんせい
    • 神奈川県

    こどもが描いた絵が白紙なら何と声かけをするかな?と思わず考え込んでしまいました・・。お絵かき大嫌いなワシテがやっと描いたと思ったらちいさなちいさなてんひとつ・でもそのちいさなてんからワシテは大変身!常識にとらわれず、その子らしさをひきだしてあげられるような声かけをしてあげられるようになりたいな。と思いました。視点を変えるという大切さをおしえてもらいました。こどもはもちろん大人にぜひよんでもらいたい素敵な1冊でした!

    投稿日:2005/08/19

    参考になりました
    感謝
    0

5件見つかりました

最初のページ 前の10件 1 次の10件 最後のページ

※参考になりましたボタンのご利用にはメンバー登録が必要です。

この作品にレビューを投稿された方は、こんな作品にも投稿しています

はらぺこあおむし / しろくまちゃんのほっとけーき / ぐりとぐら / きんぎょがにげた / いないいないばあ / バムとケロのそらのたび / もこ もこもこ / がたん ごとん がたん ごとん / バムとケロのさむいあさ

絵本の人気検索キーワード

ぐりとぐら /  はらぺこあおむし /  バムとケロ /  こびとづかん /  はじめてのおつかい /  そらまめくん /  谷川俊太郎 /  ちいさなちいさな王様 /  いないいないばあ /  いやいやえん /  スイミー /  飛び出す絵本

出版社おすすめ



親子に贈る、ちいさな幸せの物語『そらはあおくて』杉浦さやかさんインタビュー

みんなの声(92人)

絵本の評価(4.81)

何歳のお子さんに読んだ?


全ページためしよみ
年齢別絵本セット