ぬにゅ〜ぽんぽん ぬにゅ〜ぽんぽん ぬにゅ〜ぽんぽんの試し読みができます!
作: ちかつたけお  出版社: KADOKAWA KADOKAWAの特集ページがあります!
子どもの想像力をはぐくむ、新感覚の絵本! 1・2・3さい向け

てん」 その他の方の声

てん 作・絵:ピーター・レイノルズ
訳:谷川 俊太郎
出版社:あすなろ書房 あすなろ書房の特集ページがあります!
本体価格:\1,300+税
発行日:2004年01月
ISBN:9784751522639
評価スコア 4.81
評価ランキング 228
みんなの声 総数 92
  • この絵本のレビューを書く

並び替え

7件見つかりました

最初のページ 前の10件 1 次の10件 最後のページ
  • 子どもと関わる全ての人に

    自信のもてない子どもに、見方次第で世界は180度変わるんだってことを伝える絵本。
    また、何かを突き詰めることの素晴らしさを語っています。
    自分を、自分の絵を好きになった主人公の最後の言葉には、希望がふくらみます。


    短いセンテンスで、心に残る言葉がたくさんあります。
    読み聞かせるのではなく、家の目立つスペースに常に置いて、子どもが偶然に手にとって読むのを辛抱強く待って欲しいです。

    投稿日:2008/02/29

    参考になりました
    感謝
    3
  • すばらしい絵本

    読んでびっくりしました。目からうろこがぼろっと落ちました。
    この絵本にでてくる先生の導きのすばらしいこと。
    これは、絵だけにかかわらず、他のことにも応用できます。そして、子どもだけでなく、もちろん大人にも。
    芸術の秋にふさわしく、読み終わったとたん、なにか創作したくなるような絵本でした。

    投稿日:2015/09/30

    参考になりました
    感謝
    0
  • 中1のときの数学の先生、ミスターマトソン先生「じぶんのしるし」をつけるゆうきを与えてくれた
    こんなあとがきをみて  なるほど・・・・

    絵をかけない ワシテという女の子の顔は怖い顔です
    先生は 何も書いてない白いかみを見て 「あら!ふぶきの なかの ほっきょくぐまね」 こういうのですが・・・・
    ワステは納得しません
    先生のひと言 「なにかしるしをつけてみて」
    てん  タイトルの意味は深いですね〜

    怖い顔のワシテ  優しい顔になっている

    こんなふうに 大人のひと言で子どもの将来が決まるとしたら ちょっとこわいですね〜
    ほめて育てる    自信をもてると言うことはこういう事なんですかねえ〜

    でも〜 こんなにうまくいかないかも  
    でも   やっぱり 褒められたら嬉しいですよね 誰かに

    投稿日:2014/07/23

    参考になりました
    感謝
    0
  • こんな大人は、もっと必要。

    • 梨華さん
    • 30代
    • その他の方
    • 北海道

    ワタクシは、絵を描く事が苦手なのですが(^_^;)絵を描く事は嫌いではございません(o^_^o)
     学生の頃、好きでも嫌いでも、美術で絵を描く事は誰もが経験する事ですよね。
    ただ、才能が無いと片付けてしまうのって悲し過ぎます!絵は、遠い昔から、貴族の間では、宮廷画家たちがいたり、贅沢な観賞作品であったり、カメラが無かった時代には、肖像画を描く事をお仕事にしていた方だったいたのですが、少なくとも現代では、上手、下手ではなく、絵は心で感じるモノだと思うようになりました(o^_^o)
    この作品は、絵が大嫌いなワシテちゃんが、先生に言われて仕方なく描いた“点”1つでしたが、その先生の配慮のおかげで、絵が嫌いだったはずのワシテちゃんが、才能を開花させて行くお話です(o^_^o)
    何事も、きっかけが大事ですよね♪先生にうまく乗せられてしまったワシテちゃんでしたが、この先生は素晴らしいと思いました(o^_^o)そして、そんな先生のしてくれた事が嬉しかったワシテちゃんが、次のワシテ君になるかも知れない少年にその心を伝えたところも、ワタクシは、感動致しました(o^_^o)
    とても素敵な作品です♪このお話に登場するような、大人って必要ではないかと思わされる素晴らしい作品に出会いました(*^o^*)大人の方に是非♪読んでいただきたい作品です。おすすめ♪

    投稿日:2006/06/26

    参考になりました
    感謝
    0
  • とても素敵なお話です☆

    おとなの一言が子どもに与えてしまうであろう影響、子どもに対する受け止め方など、考えさせられました! この絵本のような先生はとてもステキだと思います☆ 「てん」をみて私は何と言ってあげられるでしょう・・ この絵本にでてくる女の子は先生から与えられたステキな言葉を更に他の子どもへと伝えています。きっと女の子自信成長もできたのだと思います。 
    この絵本を読んで思ったことを忘れないで子ども達と関わっていきたいです♪

    投稿日:2006/03/17

    参考になりました
    感謝
    0
  • 心に響きました

    • るなこさん
    • 20代
    • その他の方
    • 京都府

    自分に自信がなくなったときや落ち込んだとき、
    一歩踏み出す勇気がだせないとき、やさしく
    背中をそっと押してくれる、そんな本です。
    小さなお子さんでしたら少し難しいかもしれませんが
    たいせつな絵本として、大人になっても持ちつづけて
    いただけると思います。
    絵もとても素敵です。
    是非、一度手にとって見てください。

    投稿日:2005/10/24

    参考になりました
    感謝
    0
  • 心の「てん」を

    • マキノさん
    • 20代
    • その他の方
    • 滋賀県

    「てん」の奥深さを知りました。希望を感じるお話です。
    私は小学校の教員をしているのですが、この本に惹かれ、図画工作に時間に自分だけの「てん」を描きました。心の模様を描いているようで、子ども達の様々な「てん」をみていると、とてもすがすがしい気分になりました。

    投稿日:2005/07/26

    参考になりました
    感謝
    0

7件見つかりました

最初のページ 前の10件 1 次の10件 最後のページ

※参考になりましたボタンのご利用にはメンバー登録が必要です。

この作品にレビューを投稿された方は、こんな作品にも投稿しています

はらぺこあおむし / しろくまちゃんのほっとけーき / ぐりとぐら / きんぎょがにげた / いないいないばあ / バムとケロのそらのたび / もこ もこもこ / がたん ごとん がたん ごとん / バムとケロのさむいあさ

絵本の人気検索キーワード

ぐりとぐら /  はらぺこあおむし /  バムとケロ /  こびとづかん /  はじめてのおつかい /  そらまめくん /  谷川俊太郎 /  ちいさなちいさな王様 /  いないいないばあ /  いやいやえん /  スイミー /  飛び出す絵本

出版社おすすめ



大自然の中に遊びにいこう!米国で人気のシリーズ第四弾

みんなの声(92人)

絵本の評価(4.81)

何歳のお子さんに読んだ?


全ページためしよみ
年齢別絵本セット