宮沢賢治の絵本 貝の火 宮沢賢治の絵本 貝の火
作: 宮沢 賢治 絵: おくはら ゆめ  出版社: 三起商行(ミキハウス) 三起商行(ミキハウス)の特集ページがあります!
親子のひばりは、沢山おじきをして申しました。 「これは貝の火という宝珠でございます。 王さまのお伝言ではあなた様のお手入れ次第で、この珠はどんなにでも立派になる

ちんちんでんしゃがはしるまち」 パパの声

ちんちんでんしゃがはしるまち 作・絵:高田勲
出版社:PHP研究所 PHP研究所の特集ページがあります!
本体価格:\971+税
ISBN:9784569588506
評価スコア 3.55
評価ランキング 36,060
みんなの声 総数 10
「ちんちんでんしゃがはしるまち」は現在購入できません
  • この絵本のレビューを書く

立場で選ぶ

並び替え

1件見つかりました

最初のページ 前の10件 1 次の10件 最後のページ
  • 現在も運転しています

    • ジョバンニさん
    • 40代
    • パパ
    • 広島県
    • 男の子5歳、女の子2歳

    ちんちん電車に乗りたくてしょうがない、幼稚園の年長さんか小学校の低学年と思われる「だいちゃん」が主人公のお話し。
    今から10年ほど前に書かれた物ですが、題材になっている都営荒川線は唯一の都電として現在も運行しているものです。風景は多少変わってはいますが、沿線の情景が細かに描かれているため、電車好きの子供には受けると思います。
    さて「だいちゃん」は一人でちんちん電車に乗って、終点の三ノ輪橋まで行ってしまうのですが、どこの駅から乗ったのかが判りません。手掛かりは、見返しに書かれている地図と文章と絵です。現在我が家では、鬼子母神前と雑司ヶ谷で意見が分かれていますが、こんなことをしていると、推理小説的にも読むことが出来ます。
    なお三ノ輪橋停留所は、平成9年に「関東の駅百選」に認定されています。季節には美しいバラが咲き誇っているそうです。

    投稿日:2004/01/15

    参考になりました
    感謝
    0

1件見つかりました

最初のページ 前の10件 1 次の10件 最後のページ

※参考になりましたボタンのご利用にはメンバー登録が必要です。

この作品にレビューを投稿された方は、こんな作品にも投稿しています

はらぺこあおむし / しろくまちゃんのほっとけーき / ぐりとぐら / きんぎょがにげた / いないいないばあ / もこ もこもこ / はじめてのおつかい / てぶくろ / がたん ごとん がたん ごとん / くだもの

絵本の人気検索キーワード

ぐりとぐら /  はらぺこあおむし /  バムとケロ /  こびとづかん /  はじめてのおつかい /  そらまめくん /  谷川俊太郎 /  ちいさなちいさな王様 /  いないいないばあ /  いやいやえん /  スイミー /  飛び出す絵本

出版社おすすめ

  • 築地市場
    築地市場の試し読みができます!
    築地市場
     出版社:小峰書店 小峰書店の特集ページがあります!
    豊洲への移転をひかえた市場の今を感謝の気持ちをこめて徹底取材!


親子に贈る、ちいさな幸せの物語『そらはあおくて』杉浦さやかさんインタビュー

みんなの声(10人)

絵本の評価(3.55)

何歳のお子さんに読んだ?


全ページためしよみ
年齢別絵本セット