まほうのさんぽみち まほうのさんぽみち
著: ロビン・ショー 訳: せなあいこ  出版社: 評論社 評論社の特集ページがあります!
絵本が大好きな女の子とパパの、幸せであたたかいお話。

ねずみさんのながいパン」 パパの声

ねずみさんのながいパン 作:多田 ヒロシ
出版社:こぐま社 こぐま社の特集ページがあります!
本体価格:\900+税
発行日:2000年06月
ISBN:9784772101561
評価スコア 4.56
評価ランキング 5,093
みんなの声 総数 137
  • この絵本のレビューを書く

並び替え

2件見つかりました

最初のページ 前の10件 1 次の10件 最後のページ
  • いいお話です

    • キースパパさん
    • 40代
    • パパ
    • 東京都
    • 男の子3歳、女の子1歳

    絵本の持つ醍醐味、次のページをめくるワクワク感にあふれた絵本だと思います。
    次はどうなるのだろう?といった想像で読み手である大人も少しドキドキするので、一緒に読んでいて楽しい絵本です。
    小さなねずみが長いパンを持って走るのが、とてもユーモラスですね。

    投稿日:2014/01/02

    参考になりました
    感謝
    0
  • 動物たちの食事風景が○

    • ジュンイチさん
    • 40代
    • パパ
    • 東京都
    • 男の子12歳、男の子6歳

    物語は、ねずみさんが、長いパンをもって急いで走っているシーンから始まります。
    何処かの家に向かっているようなのですが、途中にいろいろな形の家を通り過ぎます。
    その家の姿形が、その住む動物を表わしていて、何とも言えず素敵です。
    そして、家の中では食事中。
    動物家族の食事風景も楽しげ。
    きりんさんの家なんて、思わず微笑んでしまうくらいです。

    向かっていたのは、やはりねずみさんの我家だったのですが、子沢山のねずみさんの食卓は本当に賑やかそうで、とてもほのぼのさせてくれることでしょう。

    ただ、気になったのは、パンを買ってきたのが、ママだったということ。
    ここは、パパの役目として描いて欲しかったところで、息子への立つ瀬がありませんでした。

    投稿日:2008/09/06

    参考になりました
    感謝
    0

2件見つかりました

最初のページ 前の10件 1 次の10件 最後のページ

※参考になりましたボタンのご利用にはメンバー登録が必要です。

この作品にレビューを投稿された方は、こんな作品にも投稿しています

はらぺこあおむし / しろくまちゃんのほっとけーき / ぐりとぐら / きんぎょがにげた / いないいないばあ / もこ もこもこ / おおきなかぶ / がたん ごとん がたん ごとん / うずらちゃんのかくれんぼ / ちょっとだけ

絵本の人気検索キーワード

ぐりとぐら /  はらぺこあおむし /  バムとケロ /  こびとづかん /  はじめてのおつかい /  そらまめくん /  谷川俊太郎 /  ちいさなちいさな王様 /  いないいないばあ /  いやいやえん /  スイミー /  飛び出す絵本

出版社おすすめ



みやこしあきこさん×シドニー・スミスさん インタビュー

みんなの声(137人)

絵本の評価(4.56)

何歳のお子さんに読んだ?


全ページためしよみ
年齢別絵本セット