話題
しばわんこの和の行事えほん

しばわんこの和の行事えほん(白泉社)

お正月、節分、夏祭り...季節に縁のある遊びに触れながら、親子で楽しめる日本の行事をご紹介。

  • 全ページ
  • ためしよみ

ないたあかおに」 みんなの声

ないたあかおに 作:浜田 廣介
絵:池田 龍雄
出版社:偕成社 偕成社の特集ページがあります!
税込価格:\1,100
発行日:1965年12月
ISBN:9784033020204
評価スコア 4.72
評価ランキング 1,291
みんなの声 総数 49
  • この絵本のレビューを書く

並び替え

49件見つかりました

最初のページ 前の10件 1 2 3 4 5 次の10件 最後のページ
  • 真の友達

    • きらきら虫さん
    • 40代
    • ママ
    • 茨城県
    • 女の子16歳、男の子13歳

    昨年のお話会で、ブラックシアターにしてやりました。

    ベースはこの本で、全文掲載の梶山俊夫(絵)の本も参考にしました。


    メンバー全員であらためて読みこむと、子どものころには見えなかったことも見えたりするのが面白くて。


    青鬼は友だち思いで、赤鬼のために旅に出て可哀そう。

    それに対して赤鬼は・・・?

    子どもの頃は、自分だけいい思いをしてちょっとずるいとか、まああまりいい印象じゃなかったかな?

    でも、じっくり全文を読むと、赤鬼がどれだけ人間と友だちになりたかったかわかるんです。

    「人間と友だちになれる!」そのうれしさに一芝居打ったのですよね。

    青鬼のこともちゃんと気使っているし。

    自分の夢だけしか見えなくなった、ちょっと猪突猛進タイプ?

    決して悪くないやつと、すごくいいやつが離れ離れになるから哀しいのですね。


    最初に読むならこの本でお話を知ってもらって、年齢が上がったらぜひ全文読んでもらいたいです。


    ブラックシアターの光が、せつなく美しく、素敵な作品になりました。

    投稿日:2010/11/24

    参考になりました
    感謝
    3
  • 複数の画家さんの絵本がありますが…

    • てんぐざるさん
    • 40代
    • ママ
    • 埼玉県
    • 女の子13歳、女の子9歳

    子どもたちと読みましたが、自分の感想をメインで書きたいので、「読んだ人」はあえて『大人』で!
    実は、この絵本自分が子供の時に読んで、すごく気に入っていた絵本だったんです。持っていたはずなのですが、実家にはなく…。
    更に「ないたあかおに」は複数の出版社から、複数の画家さんのイラストで描かれているので、自分の求めている作品がどれか、最初探すのに苦労しました。

    でも、これです。1965年初版の池田龍雄さんが書かれたこの絵本が大好きだったんです!
    子どもたちは、「おにが細くっておにっぽくな〜い」とか言ってますが(確かに、私の記憶の中では、もう少し強面のおにだったような…、記憶というのは年月がたつと修正されるんですね)、
    特に見てほしいのは、赤おにが作った木の看板(手紙)です。
    その後ろに見えるおにの家が、妙にかわいいのも、赤おにの性格がにじみ出ていますよね。

    子ども心にいつまでも印象深かったシーンが2つ。
    1つは仲良くなりたかったのに、人間たちが逃げてしまったあとで、せっかく作った看板を壊している赤おにのページ。
    もう1つは、赤おにのために悪者になって、どこかへ行ってしまった青おにの住みか(岩場)の前で、たたずむ赤おにのページ。
    このシーンは、浜田さんの文章がひと際心に残ります。
    うちの子供たちは、わりと最近読みましたが、私は幼稚園の頃に読んでいるので、1人読みでも(ひらがなさえ読めれば)幼稚園から十分読めます。

    投稿日:2009/05/06

    参考になりました
    感謝
    3
  • いろんな解釈ができるんだ、と思う

    • セルバさん
    • 30代
    • ママ
    • 東京都
    • 女の子6歳、女の子5歳、男の子0歳

     子供の頃に自分自身が読んで、なんてあかおにさんは嫌な人なんだろうと思ったのをすごく覚えています。だから、あんまり自分の子供には積極的に読み聞かせようとは思っていませんでした。でも、教科書に載っている絵本ということで、ある雑誌にお薦めされていたため、長女が自分で選んで図書館で借りてきていました。

     今子供に読み聞かせてあげると、私自身は赤鬼に焦点を当てて読んでいたけど、子供達は青鬼の気持ちも考えてあげていたりして、いろんな解釈があるんだな、と感慨深いです。こういう風にいろんなふうに考えを巡らせることができる絵本だからこそ、いい絵本としてながい年月親しまれているんだな、と思いました。

     長女はこの絵本を読んで、青鬼さんは優しいね、強い人だ、と言っていました。次女は、赤鬼さんはよかったね、と。
     きっともう少し大きくなったら別の感想を持つことでしょう。また読み返すのが楽しみです。

    投稿日:2010/03/02

    参考になりました
    感謝
    1
  • 有名なお話

    有名なお話で、私も子どもの頃に読んだ記憶はあるのですが内容はすっかり忘れていました。あらためて読み直してみて、こんなお話だったんだなと思うと同時に、悲しいラストにどうも納得がいかない気持ちになりました。

    まず、青鬼がいい人(鬼)すぎますね。そこまでの自己犠牲を払ってまで友人の為に行動できるなんて、相当な深い友情です。事前に話し合って青鬼が遠くへ行かなくてもいいような方法を考えてもよかったのにな〜なんて思ってしまいました。

    また、恐れられるはずの鬼なのに人間たちは一度きりの小芝居を見て、すっかり信じてしまうというのもちょっと現実味がありません。一緒に読んだ6歳の娘は、「このおにたちはほんとうにこわくないの?」と最後まで半信半疑でした。内容をふまえた上でもう一度読み返してみようと思います。

    投稿日:2021/07/23

    参考になりました
    感謝
    0
  • 大人向け「泣いた赤おに」?

    文章を読んで、ちょっと違和感を覚えました。
    梶山俊夫さんが絵を描いた「泣いた赤おに」と文章が少し違うのです。
    梶山版は、原作全文を載せていると記載されています。
    この池田龍雄版は、作者自身が簡略化したものでしょうか?
    タイトルも文章もひらがなに置き換えたのだから、子どもたちをイメージしての修正のはずです。
    でも、絵本としてみた時、赤おに青おにはいかにも人間的です。
    大人の目線で見ると、気弱な赤おにタイプ、赤おに思いの青おにタイプの誰かを想像できてしまいます。
    そうであれば、赤おにと青おには絶対に再会しなくてはいけないと思うのです。
    続編を考えるのは各人の課題でしょうか。

    投稿日:2021/06/26

    参考になりました
    感謝
    0
  • 読んであげたいお話

    節分の時期に是非おすすめしたい絵本です。わるものと思われがちな鬼ですが、このお話を読むと読み手のわたしがつい感情移入してうるうるしてしまいます。赤おにと青おにの友情と優しさ、切ないラストが印象的です。

    投稿日:2021/03/01

    参考になりました
    感謝
    0
  • 本当の友達

    早いかなと思いつつも、4歳次女に読みました。
    人間と仲良くなりたい鬼の物語です。
    赤鬼は鬼ですが、心優しい鬼です。
    人間と仲良くなりたいけれど、鬼なので怖がられてしまい、仲良くできません。
    それを知った友達の青鬼が、自分が人間の前で暴れるから、赤鬼に自分をこらしめるように言います。そうすれば、人間はみんな赤鬼をいい鬼だと思って仲良くしてくれるはずだと。
    思惑通り、人間と仲良くなれた青鬼。
    でも、最後に青鬼は、赤鬼と青鬼が仲良くしているのを人間に見られてはまずいから、と手紙を残して旅立ってしまいます。
    赤鬼の幸せを願っての青鬼の行動に泣きそうになりました。
    と、同時にもし自分が赤鬼なら、青鬼を失ってまで自分は人間と友達になりたかったんだろうか、これで本当に良かったんだろうかと自問自答すると思います。
    次女は神妙な面持ちで、最後まで聞いてくれていました。

    投稿日:2021/01/22

    参考になりました
    感謝
    0
  • 何か一つのめぼしいことをやり遂げるには

    自分も小さい頃に読んだと思われる絵本です。
    記憶が定かではありませんが、なんとなく、印象に残っていたお話。
    青鬼の優しさと、それに気づく赤鬼の素直さに、ジーンとします。
    「何か一つのめぼしいことをやり遂げるには、きっとどこかで痛い思いか、損をしなくちゃならないさ」というセリフが、なんとも、悲しく、考えさせられます。

    投稿日:2020/07/16

    参考になりました
    感謝
    0
  • 言わずと知れた、名作!

    • あさのこさん
    • 30代
    • ママ
    • 東京都
    • 女の子8歳、男の子5歳

    5歳と8歳の子供達と一緒に読みました。
    理解しやすい文章なので二人とも物語にすぐ引き込まれじっと話を聞いていました。

    人間と仲良くなりたい赤鬼。そこで青鬼と一芝居打って人間に安心感を持ってもらおうとする。

    青鬼は赤鬼を思って最後は離れていくことに。赤鬼に記した手紙は名文です!

    投稿日:2020/01/30

    参考になりました
    感謝
    0
  • 昔からこの本を知っていて  本箱から出して読んでみました
    涙が出ます

    赤鬼は優しい鬼で 村人と仲良くしたいのですが・・・・鬼ですから人間になかなか 優しい鬼だとは 思ってもらえず・・・

    そんな時 友だちの青鬼がやって来て 話を聞き 何とかして赤鬼の願いを叶えてあげようと 考えるのです

    それは 自分が 人間に乱暴して そこへ赤鬼が青鬼を 懲らしめ 追い出すという作戦でした
    見事に 成功して 赤鬼は 人間と仲良くなれました
    しかし・・・・ ふと 青鬼のことを思い出して 訪ねにいくと

    手紙が書いてありました

    それを見て 友達思いの青鬼の優しさに 涙しました

    なかなか こういう友だちはいません 
    私もこんなふうに 友だちを大切にできるかな〜?

    投稿日:2019/11/26

    参考になりました
    感謝
    0

49件見つかりました

最初のページ 前の10件 1 2 3 4 5 次の10件 最後のページ

※参考になりましたボタンのご利用にはメンバー登録が必要です。

この作品にレビューを投稿された方は、こんな作品にも投稿しています

はらぺこあおむし / しろくまちゃんのほっとけーき / ぐりとぐら / おつきさまこんばんは / きんぎょがにげた / いないいないばあ / もこ もこもこ / ねないこ だれだ / がたん ごとん がたん ごとん / じゃあじゃあびりびり

絵本の人気検索キーワード

ぐりとぐら /  はらぺこあおむし /  バムとケロ /  こびとづかん /  はじめてのおつかい /  そらまめくん /  谷川俊太郎 /  ちいさなちいさな王様 /  いないいないばあ /  いやいやえん /  スイミー /  飛び出す絵本

出版社おすすめ

  • わたしたち
    わたしたち
     出版社:岩崎書店 岩崎書店の特集ページがあります!
    母と子の強い絆を描いたチリの絵本。いつか旅立ってゆく、あなたへおくるメッセージ
  • なまえのないねこ
    なまえのないねこの試し読みができます!
    なまえのないねこ
     出版社:小峰書店 小峰書店の特集ページがあります!
    ぼくは ねこ。なまえのない ねこ。ひとりぼっちの猫が最後にみつけた「ほんとうに欲しかったもの」とは…


出版社いちおし!新刊&オススメ絵本情報

みんなの声(49人)

絵本の評価(4.72)

何歳のお子さんに読んだ?


全ページためしよみ
年齢別絵本セット