もうなかないよ、クリズラ もうなかないよ、クリズラ
作: ゼバスティアン・ロート 訳: 平野 卿子  出版社: 冨山房 冨山房の特集ページがあります!
読み手の年齢を選ばない子どもから大人まで、それぞれの感性で理解してうけとめる事のできる「みんなの本」です。

おにのおめん まめまきのおはなし自信を持っておすすめしたい みんなの声

おにのおめん  まめまきのおはなし 作:神沢 利子
絵:狩野 富貴子
出版社:教育画劇 教育画劇の特集ページがあります!
本体価格:\1,200+税
発行日:1993年
ISBN:9784876920471
評価スコア 4.36
評価ランキング 10,663
みんなの声 総数 13
  • この絵本のレビューを書く

自信を持っておすすめしたい みんなの声から

みんなの声一覧へ

並び替え

7件見つかりました

最初のページ 前の10件 1 次の10件 最後のページ
  • 子供が保育園から借りてきました。

    • 梅木水晶さん
    • 30代
    • ママ
    • 山形県
    • 女の子5歳、男の子2歳、女の子0歳

    これがごく一般的な日本の家庭で行われる節分のあるべき形がこの絵本の中には記されています。兄弟げんかのシーンは読んでいるだけで何だか泣けてきました。作った物壊れたら悲しいよね。この絵本の中でも日本のお父さんは働き者でした。

    掲載日:2017/02/28

    参考になりました
    感謝
    0
  • おすすめです!

    節分を前に、図書館で借りてきた一冊ですが、3歳3カ月の息子も私も大変気に入り、何度も読みました。
    神沢利子さんの本はいいなぁ。言葉もきれい。
    絵の方は初めてなのですが、温かいタッチで、描写も細かくて、気に入りました。
    兄弟の話で、弟が4歳らしいのですが、息子は自分を兄の立場に重ねて読んでいたようです。弟もいないのに、ずいぶんしっかりしてきたものだなぁと驚きました(笑)
    ラストのページで、弟がひとり佇んでいる姿と台詞がかわいくて、我が家のコレクションに加えたいなぁと考えています。
    ばぁばにも読んでもらっていましたが、一語一句記憶しているようで、細かな読み間違いを何箇所か指摘していました(笑)
    節分の日には、「豆まきには鬼がいなくちゃつまんないもんなぁ」という兄の台詞を口にしたり、かなり影響を受けた様子です。

    掲載日:2017/02/13

    参考になりました
    感謝
    0
  • 本当の節分

    このお話は、昔ながらの節分をする家族を描いたお話でした。本当の豆を使って、お庭に豆をまいてと、うちの家庭との豆まきとは違っている様子がうちの子には新鮮だったみたいです。昔ながらの風景が新鮮で楽しかったです。

    掲載日:2016/02/03

    参考になりました
    感謝
    0
  • おにいちゃんの存在感

    • レイラさん
    • 40代
    • ママ
    • 兵庫県
    • 男の子22歳、男の子19歳

    まめまきのおはなし、と副題にあります。
    さとしは、お兄ちゃんが作ったオニのお面を被って大はしゃぎです。
    さあ、おうちで豆まきが始まります。
    おばあちゃんも同居ですから、自然に節分の風習が語り継がれている様子です。
    仕事帰りのお父さんも合流して、煎り豆をいただきます。
    オニのお面は本当に迫力満点。
    お兄ちゃんの存在感も抜群です。
    さとし、おにいちゃん、両親、おばあちゃんがそれぞれいい立ち位置で
    ほっこり気分になりました。
    幼稚園児くらいから楽しめそうです。

    掲載日:2016/01/21

    参考になりました
    感謝
    0
  • 家庭での風景

    • Yuayaさん
    • 20代
    • ママ
    • 石川県
    • 男の子8歳、女の子5歳

    昔ながらの家庭での節分の風景がよく描かれた絵本でした。
    少し懐かしい感じがします。
    お兄ちゃんが描いて作った鬼のお面を鬼になりきって被る弟の姿がかわいく、それを見て怖がるふりをする大人の姿が素敵です。
    昔からやってきた節分の日。
    おばあちゃんから子へ孫へと受け継がれていた伝統ですね^^
    温かい家庭でほっこりしました。

    掲載日:2012/02/02

    参考になりました
    感謝
    0
  • きちんと伝えたくて選んだ一冊です

     私の幼い頃は、節分の日に窓と玄関を開けると、ご近所の「福は内〜、鬼は外〜。」の声が聞こえて来たものです。
      
     5歳の頃、なんか意味も解らないで、鬼役の母(夫は戸主ですから)に豆をぶつけていましたので、この絵本を読みながら節分のお話をしました。
     
     お兄ちゃんの作った手作りの鬼のお面が上手です。
     弟とお面の取り合いになるのかと思いきや、こういう兄弟げんかもあるんでしょうね。
     旧暦でいうところの大晦日に翌年の無病息災を願う行事であること。
     年の数だけお豆を食べるとか。
     鬼にぶつけた豆から芽が出てはまずいという験担ぎから、豆を煎る話しも出てきます。
     
     「なぜ、鬼に豆なの?」と聞かれて、魔目・魔滅・豆って説明したら、「しゃれ?」って言われましたっけ(笑)。

     遡れば、平安時代までいえいえ中国からという行事ですが、きちんと伝えたくて選んだ一冊です。

    掲載日:2010/01/22

    参考になりました
    感謝
    0
  • 家族

    家族の温もりが伝わってきました。

    家族の思いやりが伝わってきました。

    おにいちゃんが、弟のさとしにおにいちゃんなりに「節分」の意味を

    教えているのがよかったです。

    おにいちゃんも家族のみんなから教えてもらったんだと思いました。

    この絵本から、節分のことを学ぶことが出来ます。

    泣きべそのさとしを、おばあちゃんがしっかり抱き寄せるところが、

    おかあさんが上手く家族を指揮っているんだと思いました。

    家族仲良く暮らしているどこにでもある家庭がよかったです。

    ほのぼの家族に癒されました。絵にも温かさが感じられてよかったです

    掲載日:2009/05/19

    参考になりました
    感謝
    0

7件見つかりました

最初のページ 前の10件 1 次の10件 最後のページ

※参考になりましたボタンのご利用にはメンバー登録が必要です。

この作品にレビューを投稿された方は、こんな作品にも投稿しています

はらぺこあおむし / しろくまちゃんのほっとけーき / ぐりとぐら / おつきさまこんばんは / きんぎょがにげた / いないいないばあ / もこ もこもこ / ねないこ だれだ / がたん ごとん がたん ごとん / じゃあじゃあびりびり

絵本の人気検索キーワード

ぐりとぐら /  はらぺこあおむし /  バムとケロ /  こびとづかん /  はじめてのおつかい /  そらまめくん /  谷川俊太郎 /  ちいさなちいさな王様 /  いないいないばあ /  いやいやえん /  スイミー /  飛び出す絵本

出版社おすすめ



本をふって、ゆらして、おどかして☆遊んで楽しめる参加型絵本

みんなの声(13人)

絵本の評価(4.36)

何歳のお子さんに読んだ?


全ページためしよみ
年齢別絵本セット