まほうのさんぽみち まほうのさんぽみち
著: ロビン・ショー 訳: せなあいこ  出版社: 評論社 評論社の特集ページがあります!
絵本が大好きな女の子とパパの、幸せであたたかいお話。

おれはねこだぜ」 ママの声

おれはねこだぜ 作・絵:佐野 洋子
出版社:講談社 講談社の特集ページがあります!
本体価格:\1,000+税
発行日:1993年
ISBN:9784061318977
評価スコア 4.4
評価ランキング 10,545
みんなの声 総数 19
  • この絵本のレビューを書く

立場で選ぶ

並び替え

14件見つかりました

最初のページ 前の10件 1 2 次の10件 最後のページ
  • また読みたいと思える。クセになる絵本

    • ぼんぬさん
    • 40代
    • ママ
    • 北海道
    • 女の子3歳

    「おれはねこだぜ」のインパクトのあるタイトルにまず惹かれました。
    何よりも魚が好きで、魚の中でもさばが大好きな猫がいました。猫が林の中を歩いていると、たくさんのサバが、ねこめがけて泳いできます。魚たちは、きれいな声で歌います。「きみはさばをくっただろ」と。寝る前に読んだのですが、サバの大群が押し寄せてくる夢を観そうなくらいインパクト大でした!
    ストーリー性はさほどありません。フレーズも難しくないので、小さなお子さまから楽しめる絵本だと思います。

    投稿日:2019/08/23

    参考になりました
    感謝
    0
  • サバの恐怖

    このお話は、サバを食べたことのある普通の猫がある日大量の鯖に追いかけまわされるというお話でした。うちの子も猫が大量の鯖に追われているのを見てちょっと恐怖を感じていました!!猫が映画館に逃げ込んだ時に、周りが全部サバだったのが一番の恐怖だったそうです。

    投稿日:2016/04/28

    参考になりました
    感謝
    0
  • それでも、食べたいんだ

    いつも食べているサバに、追いかけられるというお話。
    いくら大好物でも、こんな大群に追いかけられるのでは、恐怖しか感じませんね。
    文字のないページでは、ドキッとしました。
    こんな目に合っても、まだサバが食べたいんだなーと、最後に笑ってしまいました。

    投稿日:2012/05/04

    参考になりました
    感謝
    0
  • 懲りてないのが笑える!

    サバが好きな猫。

    ある日、食べられたサバたちがずっと追いかけてきます。映画館に逃げ込んでもサバだらけ!!きゃー!

    でも、やっと逃げ切ったのに最後に「さてと、今夜は久しぶりにサバにするか」って、、、、懲りてないのね?!(笑)

    しかも昼食にサバ食べたのに夕食もサバなのに「久しぶりに」って、、、(笑)面白いです

    投稿日:2011/06/16

    参考になりました
    感謝
    0
  • 感受性の強いお子さんは木を付けて

    • てんぐざるさん
    • 40代
    • ママ
    • 埼玉県
    • 女の子15歳、女の子10歳

    ずいぶん前にこの絵本は読んでいたのですが、感想を描いたことはなかったんですね〜。
    ちょっぴり不思議なキモ面白い(勝手に作った言葉です)絵本です。
    少々小さめで、仲の色がすべてブラウン系で描かれているので、遠目で見えづらく、読み聞かせにはちょっと不向きかもしれません。

    これを読んだら、小さい子はお魚嫌いになっちゃうかもです。
    感受性のありすぎるお子さんの場合、あまり低年齢のうちから読むのは、お勧めできません。

    投稿日:2011/02/23

    参考になりました
    感謝
    0
  • サバ!

    サバが大好きな、ハードボイルドな感じのネコが登場します。
    やけにカッコつけている感じです。
    そんなネコの帽子に何かがぶつかったと思ったら、それはサバ!

    その後は、とにかくサバがたくさん出てきます。
    「きみは さばを くっただろ」ときれいな声で歌うサバ。
    そのサバは、結構怖い顔してます(笑)

    最近絵本離れしている息子に、久しぶりに読み聞かせてみたところ、
    大笑いしていました。

    ネコは、サバの食べ過ぎで幻覚を見たのでしょうか??
    ストーリー的には、「それで何?」と言いたいところですが、
    突拍子もない展開、個人的には嫌いじゃないです。

    佐野さんの不思議な世界に、笑わせてもらいました。

    投稿日:2011/01/18

    参考になりました
    感謝
    0
  • けっこう笑えます

    • ゆきこ178さん
    • 40代
    • ママ
    • 福岡県
    • 男の子10歳、男の子8歳、男の子7歳

    ストーリーは普通なんだけど、途中のサバと猫のイラストを見て子供たちが大笑い。
    私もなんだかおかしくて、読み聞かせにはいいかも・・・と思ってしまいました。

    投稿日:2010/05/26

    参考になりました
    感謝
    0
  • 面白い!

    • ススワタリさん
    • 30代
    • ママ
    • 愛知県
    • 男の子5歳、女の子3歳

    鯖が大好きな猫のお話。ある日、鯖の大群が空を飛んで襲ってきて、猫は一目散に逃げまくります。
    絵から猫の必死さも伝わってきて、猫の慌てぶりが本当に笑えます。
    鯖の大群はちょっと怖いけど、やっぱり笑える1冊です。

    投稿日:2009/05/20

    参考になりました
    感謝
    0
  • なにが言いたかったのか?

    我が家の3歳の娘、鯖が雨のように降り出したので、あまり意味がわからなかった絵本だったそうです。
    鯖ばっかり食べてるからサバになっちゃいそうだったのかなぁと言っていました。
    そして鯖から逃げた猫がまた「鯖食べたい」と思うところも3歳の娘にはわからなかったようです。
    もう少し子どもが大きくなったら笑えるのかもしれません。
    我が家の子どもには難しい絵本でした。

    投稿日:2009/04/25

    参考になりました
    感謝
    0
  • で、なに?

    で、なんだったの?(笑)
    結局サバはどうして飛んでいたのでしょうか。
    心くすぐられる謎と共に本を閉じました。
    娘「……おもしろかった、な」だそう。

    昼も食べておいて、夜は久しぶりにサバを食べたいとのたまうネコですが、いきなりサバの大群が飛んでいるところはプッ。
    まず右見て〜、左見て。その表情ったらありません、つられて私もプッ。

    盛り上がりからゆっくりテンションを戻すところで、プツッと切れた感じだったので、もう少しページ数が多かったらな、と思いました。

    投稿日:2008/01/18

    参考になりました
    感謝
    0

14件見つかりました

最初のページ 前の10件 1 2 次の10件 最後のページ

※参考になりましたボタンのご利用にはメンバー登録が必要です。

この作品にレビューを投稿された方は、こんな作品にも投稿しています

はらぺこあおむし / しろくまちゃんのほっとけーき / ぐりとぐら / おつきさまこんばんは / きんぎょがにげた / いないいないばあ / もこ もこもこ / ねないこ だれだ / おおきなかぶ / がたん ごとん がたん ごとん

絵本の人気検索キーワード

ぐりとぐら /  はらぺこあおむし /  バムとケロ /  こびとづかん /  はじめてのおつかい /  そらまめくん /  谷川俊太郎 /  ちいさなちいさな王様 /  いないいないばあ /  いやいやえん /  スイミー /  飛び出す絵本

出版社おすすめ



【連載】10周年でかえってきた! しごとば・取材日記 その9

みんなの声(19人)

絵本の評価(4.4)

何歳のお子さんに読んだ?


全ページためしよみ
年齢別絵本セット