話題
まほうのさんぽみち

まほうのさんぽみち(評論社)

絵本が大好きな女の子とパパの、幸せであたたかいお話。

話題
オオイシさん

オオイシさん(偕成社)

全ページ立ち読み公開中! はたらく石のオオイシさん♪

  • 全ページ

ぶたぶたくんのおかいもの」 その他の方の声

ぶたぶたくんのおかいもの 作・絵:土方 久功
出版社:福音館書店
本体価格:\900+税
発行日:1985年02月
ISBN:9784834001402
評価スコア 4.62
評価ランキング 3,389
みんなの声 総数 161
「ぶたぶたくんのおかいもの」は現在購入できません
  • この絵本のレビューを書く

並び替え

7件見つかりました

最初のページ 前の10件 1 次の10件 最後のページ
  • 地図を見ながら楽しみました。

    • 海猿さん
    • 30代
    • その他の方
    • 京都府
    • 男の子6歳、男の子3歳

    ぶたぶた君が、お母さんに頼まれて買い物に行くお話です。
    行くお店でお友達に会い、無事に買い物をしていく姿が可愛らしいです。最後にお母さんが待っていって家に帰れた時は、息子も嬉しそうに聞いてました。

    裏表紙の所に、ぶたぶた君達が買い物した地図が描いてあり、息子はそれを見ながら楽しんでました。

    投稿日:2012/05/26

    参考になりました
    感謝
    0
  • おつかい大冒険

    まだ、はじめてのおつかいデビューを果たしていない甥っ子に
    「おつかいにいくこと」を意識させたいと思って読んでやりました。
    自分が子供の頃に、気に入っていた絵本だったので
    久しぶりに読んでワクワク感もよみがえり、楽しく読めました。
    どのお店も個性的、絵も面白くて味があり、じっくり眺めて
    店頭に並ぶ商品の一つ一つをチェックしたくなる魅力があります。
    自分と、甥っ子のお気に入りのお店はパンやさんと、おかしやさん。
    「顔型パンたべた〜い♪」と言いながら盛り上がります。
    「キャラメルかいたい〜」などと、自分もお買い物に行ってみたいな、
    という気持ちももてたようです。
    子供にとっておつかいは、大冒険。ぶたぶたくんの大冒険を
    応援しながら読んでいる様子でした。

    最後に、ぶたぶたくんのおかいものコースの地図を見ながら、
    指でたどり、ここでコレをかったね、などとおさらいするのも
    まるで自分がお買い物をしているかのように楽しんでいました。

    投稿日:2010/11/27

    参考になりました
    感謝
    0
  • 紹介されなかったら…

    • 風の秋桜さん
    • 40代
    • その他の方
    • 埼玉県
    • 男の子17歳、男の子14歳

    図書館で読み聞かせ絵本として紹介されていなかったら、なかなか手に取らない表紙の絵本でした
    ぶたぶたくんもそんなにかわいらしいとは思えないし…
    でも読み始めると、なんだか昔っぽい中に、不思議な登場人物やら、かおつきパンとか、わけのわからない事が子供には楽しいらしい
    どう見ても3店の人間は「へんだ!」
    大人は疑問符がいっぱい????
    でもなんか憎めない、ぶたぶたくんたちでした

    投稿日:2009/02/19

    参考になりました
    感謝
    0
  • まさにシュール

    絵本はたくさん読んできましたが、今でもふと思い出して読みたくなる一冊です。
    内容は初めてのお使いといった、絵本には定番ネタなわけですが、何が忘れられないかと言ったらあの画。初めて母に読んでもらった時は軽くショックを受けました。
    キャラクター化された、ピンクの愛らしいpigしか知らなかった私にとって(本物の豚を見たことがなかったのです)あのぶたぶたくんはモンスターでした。そしてあの顔パン。あれは妖怪でした。妖怪のほうが怖いです。パンに顔。しかも笑ってる。はじめは目に留まってしまいましたが、2回目以降直視できないほど気味の悪さでした。
    でも、怖いもの見たさというかなんというか、結局半年ぐらい毎日読んでもらっていました。本棚の一番奥から引っ張り出して、ドキドキしながら読んでもらい、地図を指でなぞって、最後に顔パンと表紙をちら見、怖くなってまた本棚の一番奥に隠す、の毎日。しかし半年の間で、ぶたぶたくんが愛らしく思えるようになり、顔パンも変なの!と笑えるようになったのです。はじめて自分が成長しているのだなと感じた瞬間でした。

    投稿日:2009/01/24

    参考になりました
    感謝
    0
  • こんなにおもしろいのに700円☆

    • スゴさん
    • 20代
    • その他の方
    • 広島県

    私は保育士を目指している者です。私は小さいときこの絵本が大好きだったので、初めての実習に行く前(実習に持っていくのに何冊か用意する)に家のを探していたら、何と母に捨てられて(+_+)いたので新しいのを買いにいきました。そしたら・・・何と700円(税込み743円)!!という破格の安値(笑)最近の絵本はかわいいけど小さいし短いし高いし・・・それに比べて、このぶたぶたくんは内容は面白いし安いし絵がインパクトあるし(特に顔のパン)子どもの頃とは違う面で大好きになりました!!(^_^)

    投稿日:2007/03/11

    参考になりました
    感謝
    0
  • かわいいっ(≧∀≦)

    表紙のぶたぶたくんの絵がとってもキュートでかわいくって手に取った絵本です。中身も見てみると、どのキャラクターの絵も独特で味があって面白い。話し方もそれぞれ違っていて実際声に出して読んでみるとおもしろいかも!売ってある品物も、「何だ、これ??」と思うものもありました。最後には、ぶたぶたくんたちが通ってきた道の地図まであり、「なるほどね〜こうなってるんだ!」と納得してました☆

    投稿日:2006/05/15

    参考になりました
    感謝
    0
  • 読み聞かせにピッタリではないかしら?
    読むほうも聞くほうも、笑顔満開まちがいなし!
    ぶたぶたくんのおかいものは、「にこにこおじさん」「はやくちおねえさん」「ゆっくりおばあさん」というお店やさんの楽しさと、からすとこぐまのお友達の優しさで大成功。本の最後に「ぶたぶたくんの あるいたみち」という地図がついていて、これも子供と一緒に楽しめます。
    「ぶたぶた ぶたぶた」といいながら子供と買い物にでかけちゃうかも・・・なかなか癖になる本ですよ。

    投稿日:2005/02/13

    参考になりました
    感謝
    0

7件見つかりました

最初のページ 前の10件 1 次の10件 最後のページ

※参考になりましたボタンのご利用にはメンバー登録が必要です。

この作品にレビューを投稿された方は、こんな作品にも投稿しています

しろくまちゃんのほっとけーき / ぐりとぐら / きんぎょがにげた / いないいないばあ / もこ もこもこ / はじめてのおつかい / ねないこ だれだ / がたん ごとん がたん ごとん / バムとケロのさむいあさ / だるまさんが

絵本の人気検索キーワード

ぐりとぐら /  はらぺこあおむし /  バムとケロ /  こびとづかん /  はじめてのおつかい /  そらまめくん /  谷川俊太郎 /  ちいさなちいさな王様 /  いないいないばあ /  いやいやえん /  スイミー /  飛び出す絵本

出版社おすすめ



ずっと変わらない瞳…小鳥と少女の心の交流を描いた感動作

みんなの声(161人)

絵本の評価(4.62)

何歳のお子さんに読んだ?


全ページためしよみ
年齢別絵本セット