宮沢賢治の絵本 貝の火 宮沢賢治の絵本 貝の火
作: 宮沢 賢治 絵: おくはら ゆめ  出版社: 三起商行(ミキハウス) 三起商行(ミキハウス)の特集ページがあります!
親子のひばりは、沢山おじきをして申しました。 「これは貝の火という宝珠でございます。 王さまのお伝言ではあなた様のお手入れ次第で、この珠はどんなにでも立派になる

あーんあん」 じいじ・ばあばの声

あーんあん 作・絵:せな けいこ
出版社:福音館書店
本体価格:\700+税
発行日:1972年12月
ISBN:9784834003727
評価スコア 4.48
評価ランキング 8,378
みんなの声 総数 163
  • この絵本のレビューを書く

並び替え

4件見つかりました

最初のページ 前の10件 1 次の10件 最後のページ
  • 泣いた涙で水が満々となり

    保育園で、一人泣くと、だんだんと伝染していって
    みんな大泣きまでは、ありそうですが、
    そこからは、頭に描いた通りに、進んでゆくのが
    この作家さんの個性かな?と思います。
    とても面白いです。
    お迎えに駆けつけるお母さんのばけつとあみも
    慣れた感じで面白いですね。

    投稿日:2017/04/11

    参考になりました
    感謝
    0
  • 良書

    • えほんじいさん
    • 60代
    • じいじ・ばあば
    • 京都府
    • 女の子2歳

    泣きすぎると魚になっちゃうっていう発想が斬新でした。しかも最後は網をもってお母さんが助けに来てくれる。やっぱり子供にとってお母さんは一番信頼できる存在なんだな、と思いました。あと、この本読んで「あーんあーんって泣くをお友達も泣いちゃうよ」なんて言うと時々孫は泣き止むようになりました。

    投稿日:2011/04/09

    参考になりました
    感謝
    0
  • せなさん

    • アイババさん
    • 50代
    • じいじ・ばあば
    • 京都府
    • 女の子2歳

    せなさんの切り絵が可愛い本です。「あーん あーん」とみんなで泣くと魚になるっていう発想が面白いです。初めて読んだ時孫はとっても驚いてました。これ読むと泣く子も黙ってしまいそうです。最後は網を持ったお母さんが助けに来てくれるって結末。最後まで奇想天外な展開で驚きましたが、孫には面白かったようで、時々読んでって持ってきます。

    投稿日:2010/10/13

    参考になりました
    感謝
    0
  • 連鎖反応

    一人泣き出すと連鎖反応で、次から次へと泣き出してしまうものだと知

    らされました。保育園に行くのはいいけれど、おかあさんと別れるのが

    嫌なんだと、おかあさんの偉大さを知らされる絵本でした。

    我が子を助け出すのにバケツと網を持って急行する母親がとても素敵で

    した。

    頼もしいおかあさんに子供も安心していられるのでおかあさんの存在っ

    て素晴しいと思いました。

    おかあさんから、親離れするのに・・・・いいえ、子離れ(?)するの

    に必読です。

    投稿日:2009/11/07

    参考になりました
    感謝
    0

4件見つかりました

最初のページ 前の10件 1 次の10件 最後のページ

※参考になりましたボタンのご利用にはメンバー登録が必要です。

この作品にレビューを投稿された方は、こんな作品にも投稿しています

はらぺこあおむし / しろくまちゃんのほっとけーき / ぐりとぐら / おつきさまこんばんは / きんぎょがにげた / いないいないばあ / もこ もこもこ / ねないこ だれだ / がたん ごとん がたん ごとん / じゃあじゃあびりびり

絵本の人気検索キーワード

ぐりとぐら /  はらぺこあおむし /  バムとケロ /  こびとづかん /  はじめてのおつかい /  そらまめくん /  谷川俊太郎 /  ちいさなちいさな王様 /  いないいないばあ /  いやいやえん /  スイミー /  飛び出す絵本

出版社おすすめ

  • パンダのパンやさん
    パンダのパンやさんの試し読みができます!
    パンダのパンやさん
     出版社:金の星社 金の星社の特集ページがあります!
    金の星社 創業100周年記念出版!パンダのパンやさんは大にぎわい。下町の銘店へ、パンの配達にでかける


【連載】10周年でかえってきた! しごとば・取材日記 その5

全ページためしよみ
年齢別絵本セット