これなんなん? これなんなん? これなんなん?の試し読みができます!
作: くりはらたかし  出版社: くもん出版 くもん出版の特集ページがあります!
タヌキの島に流れ着く、さまざまな人間の道具。何に使うもの? タヌキたちは物知りな長老に質問しますが、長老の答えは…?

あーんあん」 その他の方の声

あーんあん 作・絵:せな けいこ
出版社:福音館書店
本体価格:\700+税
発行日:1972年12月
ISBN:9784834003727
評価スコア 4.48
評価ランキング 8,378
みんなの声 総数 163
  • この絵本のレビューを書く

並び替え

5件見つかりました

最初のページ 前の10件 1 次の10件 最後のページ
  • いやだいやだ

    『ねないこだれだ』を楽しんでいたので、こちらも、同じ感じで、楽しめました!
    表紙から、話の内容も、インパクトが強いのですが、嫌な感じではなく、ひょうひょうと読むと、なんとも不思議に楽しくなる、せなけいこさんワールドです。

    投稿日:2017/10/31

    参考になりました
    感謝
    0
  • 涙の海で…まさかの変身!

    おったまげました。

    さすがせなけいこさん、そうくるか…と。

    最初はよくある光景。
    私も小さい頃は、お母さんと離れるのが嫌で保育園で泣いてました。
    それが連鎖して、他の子もあーんあんと泣き出す…

    うんうん、ここまでは簡単にイメージできる。

    けど、そこからなんです せなけいこワールドが展開されるのは!

    まあまあここからがお楽しみなので多くは語りませんが、
    魚釣りだって上手な母は偉大!
    そういうことです。

    投稿日:2013/06/15

    参考になりました
    感謝
    0
  • 保育園の思い出

    せな けいこさんの切り絵絵本です。

    男の子が保育園に行くことになります。勿論、お母さんは帰ってしまいますよね。離れたくない男の子はあーんあんと泣き出します。
    すると、保育園にいた子供たちもつられて泣き出して、そこは海になってしまいます。
    子供たちは魚になってしまいます。でも、きっとおかあさんは捜して、網とバケツを持って助けに来てくれるよね?

     あたたかい、切り貼り絵で描かれるエピソード。
    私が小さいときにも家にこの絵本がありました。

     私自身の保育園での思い出は多くはありません。覚えているのは母親が迎えに来てくれたときのうれしさ。その反対に迎えが遅いとき、ひとりずつ他の園児はうれしそうに帰っていくのに取り残される不安。

    子供の気持ちがよく分かっている絵本だと思います。
    全体に明るく描かれているのもいいですね。

    投稿日:2006/05/05

    参考になりました
    感謝
    0
  • 涙で海に!!(笑)

    4月の保育園では、よく目にしますよね。
    ほんとに泣いている子がいっぱい!
    泣いてるお友達をみてつられて泣いてしまうのも(笑)
    一人一人の子供の服の模様が、魚の模様に!
    そんなとこも子供は発見しました。しかも、私よりも(笑)

    投稿日:2003/05/21

    参考になりました
    感謝
    0
  • 大好きなおかあさん!

    ほいくえんは好きだけど、お母さんとはなれるのはイヤだ!
    涙はやがて海になり、みんなは魚になっちゃった。・・・ちぎり絵のほんわかした感じがとってもいいです。「おかあさんがばけつとあみもって、ぼくをむかえにきてくれるでしょう」と言う終わり方もとってもステキで、あったかい気分になります。

    投稿日:2002/10/05

    参考になりました
    感謝
    0

5件見つかりました

最初のページ 前の10件 1 次の10件 最後のページ

※参考になりましたボタンのご利用にはメンバー登録が必要です。

この作品にレビューを投稿された方は、こんな作品にも投稿しています

はらぺこあおむし / しろくまちゃんのほっとけーき / ぐりとぐら / おつきさまこんばんは / きんぎょがにげた / いないいないばあ / もこ もこもこ / ねないこ だれだ / がたん ごとん がたん ごとん / じゃあじゃあびりびり

絵本の人気検索キーワード

ぐりとぐら /  はらぺこあおむし /  バムとケロ /  こびとづかん /  はじめてのおつかい /  そらまめくん /  谷川俊太郎 /  ちいさなちいさな王様 /  いないいないばあ /  いやいやえん /  スイミー /  飛び出す絵本

出版社おすすめ



せなけいこさん 絵本作家デビュー50周年記念連載 せなさんを囲む人たちインタビュー

全ページためしよみ
年齢別絵本セット