もったいないばあさん かわを ゆく もったいないばあさん かわを ゆく
作・絵: 真珠 まりこ  出版社: 講談社 講談社の特集ページがあります!
川を舞台に、水の循環、命のつながりをテーマにした絵本です。

秋 あき」 ママの声

秋 あき 作・絵:五味 太郎
出版社:絵本館 絵本館の特集ページがあります!
本体価格:\1,300+税
発行日:1981年03月
ISBN:9784871100410
評価スコア 4.42
評価ランキング 9,682
みんなの声 総数 11
  • この絵本のレビューを書く

立場で選ぶ

並び替え

8件見つかりました

最初のページ 前の10件 1 次の10件 最後のページ
  • いろいろな秋、と〜ま〜れ

    このお話は、一本の棒にいろいろな秋のものが止まるお話でした。トンボとかぼうに止まりそうなものから、運動会やおにぎりなど普通では考えられないようなものも止まっていて、そういったところがうちの子のツボだったみたいです。

    投稿日:2016/10/21

    参考になりました
    感謝
    0
  • 秋から冬・・・季節を感じます

    幼稚園や小学校1〜3年生に読みました。
    秋の風物詩がいくつも出てきて、棒に止まります。
    表紙のぼうしからとんぼ、運動会、お祭り・・

    今日読んだ3年生は、1つ1つに
    「ありえへん!」
    「えっ〜」
    「落ちそう」
    「すごい!!」と反応してくれました。
    大きな月がとまると
    「わあ〜」と歓声があがりました。

    運動会・遠足シーズンにもオススメですが、11月にも。
    裏表紙の雪だるまに気づいた子どもたちが、
    「冬になってる!!もう一度最初から見せて!」
    と言ってくれたらしめたもの。
    自分たちで気がついて、夏〜秋〜冬に納得した後には満足そうな笑顔をみせてくれました。

    投稿日:2010/11/27

    参考になりました
    感謝
    0
  • 季節

    • 環菜さん
    • 20代
    • ママ
    • 宮崎県
    • 男の子4歳、男の子2歳

    「〇〇 とまった」

    真っ青の空に映える、不思議な一本の棒。そこに何かがとまります。

    とんぼ。運動会。バス。おにぎり。月。
    (・・・途中のヘリはなんで???)

    最後は冬の気配を残して終わります。

    季節の移り変わりを、こんなに簡素化して、まっすぐ伝えてくるところはさすが五味太郎さん!と思える作品ですね。

    投稿日:2010/10/25

    参考になりました
    感謝
    0
  • 季節の移り変わりを感じながら

    文字がとても少なく絵を見て感じる絵本です。
    絵を見ているだけで季節がだんだんと夏から秋へうつっていくことがわかります。
    私はこの絵本を見てとても心が落ち着きました。
    文字が少なく小さな子向けのようにも思われますが、この五味さんの絵から伝わってくるメッセージを感じ取ることが出来るのは6歳の娘にはまだ少し無理なようでした。
    読んだ後に私がお話をしてあげました。
    最後のページで冬の気配が感じられ、続きの「ふゆ」も是非読んでみたいと思いました。

    2歳の息子はおみこしのまつりのページが大好きで何度もめくっています。

    投稿日:2008/10/23

    参考になりました
    感謝
    0
  • いろいろとまる

    • みどぅさん
    • 30代
    • ママ
    • 愛知県
    • 男の子2歳

    図書館で出会いました。

    鳥が止まっていた棒にトンボが止まって・・・
    ページをめくると、ヘリコプターが止まって・・・
    ヘリコプター??
    さらにページをめくると旗を持った女の子。
    運動会!?

    なんとも不思議なお話です。

    2歳2ヶ月の息子も、「○○とまった」という繰り返しが面白いみたいで、解るところだけは自分でページをめくりながら「バスとまったー」というように楽しんでいます。うんどうかい、おまつり、おんがく、などは理解できないらしく、何度教えても毎回「コレ何?」と聞かれます。もう少し成長したらまた借りたい1冊です。

    他の季節のお話もあるようなので、見つけたら借りたいと思います。

    投稿日:2007/05/16

    参考になりました
    感謝
    0
  • くすくすと笑いがでました。

    • れんげKさん
    • 30代
    • ママ
    • 石川県
    • 男の子6歳、男の子6歳

    棒の上に、止まっていく、数々の「秋」・・・。

    そうだね〜と、納得してしまうものから、
    これは・・・秋だけど、五味太郎さんらしい〜!と、笑ってしまうものまで。

    子供たちも、身近に秋と感じるものから、実は今まで経験したことない秋まで、順順に見入っていました。

    私は、思いもよらないものが棒に止まっていくので、くすくす笑いを抑えながら読んでいました。

    母子そろって、読み終わったら、「あ〜おもしろかった!」と言った感じの内容でした。

    投稿日:2007/04/13

    参考になりました
    感謝
    0
  • 季節を感じる

    • さたちゃんさん
    • 30代
    • ママ
    • 新潟県
    • 男の子6歳、女の子2歳

    文字も少なく 赤ちゃんから楽しめます。

    絵本を通して季節を感じるには良い絵本だと思います。
    「秋」って聞いて色々連想されるものが 出てきます。

    次は何??? とワクワクする絵本です。
    そして 「秋の空気がとまると・・・」。
    季節は「冬」に移り変わります。
    裏表紙までしっかり楽しんで見てくださいね。

    投稿日:2006/10/12

    参考になりました
    感謝
    0
  • 秋の代名詞がいっぱい

    • ぽぽろんさん
    • 20代
    • ママ
    • 長野県
    • 女の子4歳、男の子2歳

    ある秋の風景。一本の棒の先にトンボが止まった。次はヘリコプター!?1ページごとに、バスやおにぎりやキクの花などがとまります。
    出てくるものは、秋らしいものばかりですが、棒の先にくっついているのがおかしいです。
    最後は、冬が近づいてるなあと感じます。

    投稿日:2004/02/03

    参考になりました
    感謝
    0

8件見つかりました

最初のページ 前の10件 1 次の10件 最後のページ

※参考になりましたボタンのご利用にはメンバー登録が必要です。

この作品にレビューを投稿された方は、こんな作品にも投稿しています

はらぺこあおむし / しろくまちゃんのほっとけーき / ぐりとぐら / おつきさまこんばんは / きんぎょがにげた / いないいないばあ / もこ もこもこ / がたん ごとん がたん ごとん / ぼくのおべんとう / しゃっくりがいこつ

絵本の人気検索キーワード

ぐりとぐら /  はらぺこあおむし /  バムとケロ /  こびとづかん /  はじめてのおつかい /  そらまめくん /  谷川俊太郎 /  ちいさなちいさな王様 /  いないいないばあ /  いやいやえん /  スイミー /  飛び出す絵本

出版社おすすめ



子どもが喜ぶ「うんち」がいっぱい!世界20ヵ国以上で翻訳の絵本

みんなの声(11人)

絵本の評価(4.42)

何歳のお子さんに読んだ?


全ページためしよみ
年齢別絵本セット