アンダーアース・アンダーウォーター 地中・水中図絵 アンダーアース・アンダーウォーター 地中・水中図絵 アンダーアース・アンダーウォーター 地中・水中図絵の試し読みができます!
作: アレクサンドラ・ミジェリンスカ ダニエル・ミジェリンスキ 編: 徳間書店児童書編集部  出版社: 徳間書店 徳間書店の特集ページがあります!

ねんどぼうや」 パパの声

ねんどぼうや 作:ミラ・ギンズバーグ
絵:ジョス・A・スミス
訳:覚 和歌子
出版社:徳間書店 徳間書店の特集ページがあります!
本体価格:\1,400+税
ISBN:9784198617240
評価スコア 4.07
評価ランキング 21,578
みんなの声 総数 28
「ねんどぼうや」は現在購入できません
  • この絵本のレビューを書く

立場で選ぶ

並び替え

2件見つかりました

最初のページ 前の10件 1 次の10件 最後のページ
  • 絵は良いけど話がホラー

    • ジュンイチさん
    • 40代
    • パパ
    • 東京都
    • 男の子12歳、男の子6歳

    我家の絵本を選ぶ規準は、絵の美しさ。
    この絵本は、その規準からすると優に及第点だったので読んでみました。
    作のミラ・ギンズバーグは、ロシア出身でアメリカに渡り、ロシアの昔話の再話に取り組んでいるとのことで、この作品もロシアの昔話が元になっているようです。
    絵は、確かにロシアという土地を想像させるものですが、アメリカンテイスト溢れるもの。
    ジョン・A・スミスの絵は、なかなか迫力があって、良い味を醸し出していると思います。

    お話は、老夫婦が子供の代わりにと、ねんどでぼうやをこしらえるシーンから始まります。
    出来たぼうやは、一見可愛らしいのですが、食べること食べること。
    そして、どんどん大きくなって、家畜は未だしも、何と、老夫婦まで食してしまうのです。
    鶏を食べるシーンなんて、ムシャムシャという感じですから、一寸と勘弁して欲しいところ。
    ここまでくると、完全にホラーの世界です。

    村には誰もいなくなったというところで、想像できない動物が立ち向かうのですが、なかなかエンディングは良い感じだと思いました。

    絵と題名からは想像し難い内容の絵本です。
    ホラーのような話を、綺麗な絵が補っていると言う感じであり、物語としてはあまりオススメし兼ねるものだと思います。

    投稿日:2011/06/13

    参考になりました
    感謝
    2
  • 意外な動物が現われて、めでたしめでたし。

    表題のあとに、“いろいろな国に、少しずつかたちを変えて、つたわっています”とあるように、どこかで読んだことがあるようなお話しです。
    おじいさんとおばあさんが子どものいない寂しさを紛らわすように、ねんどで男の子をこしらえました。するとねんどはすっくと立ち上がり、「ぼく、ねんどぼうや!おなかぺこぺこ」と言いました。ミルクとパンを平らげたねんどぼうやが、「もっと!もっと!」と言うのを聞いて、かるい悪寒が走りました。嫌な予感は的中!さらにヒートアップするねんどぼうやは、手当たりしだいに何でも飲み込んでいきます。槙ひろしさんの『くいしんぼうのあおむしくん』のリアル版という感じで、擬音も効いて恐怖さえ感じました。やり切れないエンディングを覚悟しはじめた頃、意外な動物が現われて、めでたしめでたしで幕引きとなるのですが、あの動物は外国では神の化身なのでしょうか?有名なノルウェーの昔話を連想する方も多いと思います。
    ある程度大きくなってから読まないと、怖すぎてこどもがついて来ないと思いますが、我が家ではめずらしく、息子が続けて持って来たので☆5としました。のちのちまで心に残りそうな作品です。

    投稿日:2010/09/23

    参考になりました
    感謝
    0

2件見つかりました

最初のページ 前の10件 1 次の10件 最後のページ

※参考になりましたボタンのご利用にはメンバー登録が必要です。

この作品にレビューを投稿された方は、こんな作品にも投稿しています

はらぺこあおむし / しろくまちゃんのほっとけーき / ぐりとぐら / おつきさまこんばんは / きんぎょがにげた / いないいないばあ / めっきらもっきらどおんどん / もこ もこもこ / バムとケロのさむいあさ / だるまさんが

絵本の人気検索キーワード

ぐりとぐら /  はらぺこあおむし /  バムとケロ /  こびとづかん /  はじめてのおつかい /  そらまめくん /  谷川俊太郎 /  ちいさなちいさな王様 /  いないいないばあ /  いやいやえん /  スイミー /  飛び出す絵本

出版社おすすめ

  • はりきりみかん
    はりきりみかんの試し読みができます!
    はりきりみかん
    作・絵:じゃんぼ かめ 出版社:国土社 国土社の特集ページがあります!
    いつも元気なはりきり子どもみかん、こたつの中でたいへんなことに・・・!


友達のように仲良くなった坊やとライオンのやさしい物語

みんなの声(28人)

絵本の評価(4.07)

何歳のお子さんに読んだ?


全ページためしよみ
年齢別絵本セット