話題
お金の使い方と計算がわかる おかねのれんしゅうちょう

お金の使い方と計算がわかる おかねのれんしゅうちょう(学研)

4歳からできる、金銭教育!新聞やTVで話題の幼児ドリル♪キャンペーン対象

新刊
トラといっしょに

トラといっしょに(徳間書店)

美しいイラストで描いた心に残る絵本

ねんどぼうや自信を持っておすすめしたい みんなの声

ねんどぼうや 作:ミラ・ギンズバーグ
絵:ジョス・A・スミス
訳:覚 和歌子
出版社:徳間書店 徳間書店の特集ページがあります!
本体価格:\1,400+税
ISBN:9784198617240
評価スコア 4.07
評価ランキング 23,137
みんなの声 総数 28
「ねんどぼうや」は現在購入できません
  • この絵本のレビューを書く

自信を持っておすすめしたい みんなの声から

みんなの声一覧へ

並び替え

7件見つかりました

最初のページ 前の10件 1 次の10件 最後のページ
  • かわいいけど、こわーいねんどぼうや。

    • はなしんさん
    • 30代
    • ママ
    • 千葉県
    • 女の子6歳、男の子4歳

    表紙のねんどぼうやの、かわいらしさが目を惹きます。絵の美しさ、色彩の豊かさに胸が躍り、読み進んでゆくと・・・、だんだんねんどぼうやが、凶暴に、そして巨大に変身してゆくのに、ちょっと大人の私でもショックをうけました。子供たちも、度肝を抜かされたような様子。
    それでも、面白かった絵本です。

    投稿日:2004/06/10

    参考になりました
    感謝
    3
  • 怖い・・・

    このお話表紙から見たらとっても楽しいお話だと思っていたのですが・・・意外に怖かったです。私が!!人とかを飲み込んだりしていたのでちょっとえぐい感じもしたのですが、うちの子はなぜか笑って見ていました。その姿も怖かったです・・・。

    投稿日:2012/06/07

    参考になりました
    感謝
    0
  • 意外な動物が現われて、めでたしめでたし。

    表題のあとに、“いろいろな国に、少しずつかたちを変えて、つたわっています”とあるように、どこかで読んだことがあるようなお話しです。
    おじいさんとおばあさんが子どものいない寂しさを紛らわすように、ねんどで男の子をこしらえました。するとねんどはすっくと立ち上がり、「ぼく、ねんどぼうや!おなかぺこぺこ」と言いました。ミルクとパンを平らげたねんどぼうやが、「もっと!もっと!」と言うのを聞いて、かるい悪寒が走りました。嫌な予感は的中!さらにヒートアップするねんどぼうやは、手当たりしだいに何でも飲み込んでいきます。槙ひろしさんの『くいしんぼうのあおむしくん』のリアル版という感じで、擬音も効いて恐怖さえ感じました。やり切れないエンディングを覚悟しはじめた頃、意外な動物が現われて、めでたしめでたしで幕引きとなるのですが、あの動物は外国では神の化身なのでしょうか?有名なノルウェーの昔話を連想する方も多いと思います。
    ある程度大きくなってから読まないと、怖すぎてこどもがついて来ないと思いますが、我が家ではめずらしく、息子が続けて持って来たので☆5としました。のちのちまで心に残りそうな作品です。

    投稿日:2010/09/23

    参考になりました
    感謝
    0
  • こんな結末アリ?!

    かわいいおはなしとおもっていたら、なかなかシュールな展開で、いい意味でうらぎられました。それが新鮮で、心に残りました。
    なんどか、図書館でかりましたが、けっきょく買ってしまいました。
    不思議な気持ちが体験できます。子供も、私も好きで、お友達にもすすめています。

    投稿日:2010/01/21

    参考になりました
    感謝
    0
  • 迫力満点!

    • のんき母さん
    • 30代
    • ママ
    • 北海道
    • 男の子8歳、女の子6歳、女の子3歳

    食べて食べて どんどん大きくなる ねんどぼうやが ダイナミックに 描かれています。ショート映画を見ているような感覚に…
    こどもたちは 『こわ〜い…』のめり込むの 間違いなし♪ 最後は 正義の味方(やぎ)が ねんどぼうやを やっつけてくれるのですが、なんだか 憎めないねんどぼうやが 少し 可哀想かな…

    投稿日:2006/02/26

    参考になりました
    感謝
    0
  • 絵の迫力がすごい

    • サンフラワーさん
    • 30代
    • その他の方
    • 岐阜県
    • 男の子9歳、女の子4歳

     おじいさんがつくったねんどぼうや。焼き上がると「ぼく、ねんどぼうや。おなかぺこぺこ。」と言って動きだし、ミルクやパンをはじめ、イヌ、ネコ、人間であるおじいさんやおばあさんまで食べ、どんどん大きくなっていく。最後は、鹿におなかを割られ、食べられていたものが、どんどん出てきて、ハッピーエンドとなる。
     お話は、単純でわかりやすいので、低学年向けかと思いましたが、絵が写実的で、大人っぽく、迫力があるので、高学年にも読んであげたら、静かに聞いていました。

    投稿日:2004/03/02

    参考になりました
    感謝
    0
  • かわいいけど、こわ〜い ねんどぼうや

    表紙を見ると、ねんどぼうやがとてもかわいかったので、こんな内容だとは思いませんでした。           子供が独立して、二人で暮らすおじいさんと、おばあさん。おじいさんは、ねんどで人形を作ります。やがて、ねんどぼうやはドンドン成長して・・・続きは、ぜひこの本を読んで見てくださいね!

    投稿日:2004/02/07

    参考になりました
    感謝
    0

7件見つかりました

最初のページ 前の10件 1 次の10件 最後のページ

※参考になりましたボタンのご利用にはメンバー登録が必要です。

この作品にレビューを投稿された方は、こんな作品にも投稿しています

はらぺこあおむし / しろくまちゃんのほっとけーき / ぐりとぐら / おつきさまこんばんは / きんぎょがにげた / いないいないばあ / めっきらもっきらどおんどん / もこ もこもこ / バムとケロのさむいあさ / だるまさんが

絵本の人気検索キーワード

ぐりとぐら /  はらぺこあおむし /  バムとケロ /  こびとづかん /  はじめてのおつかい /  そらまめくん /  谷川俊太郎 /  ちいさなちいさな王様 /  いないいないばあ /  いやいやえん /  スイミー /  飛び出す絵本

出版社おすすめ



似ているのはいや?自分やお友達の良いところを見つけよう

みんなの声(28人)

絵本の評価(4.07)

何歳のお子さんに読んだ?


全ページためしよみ
年齢別絵本セット