宮沢賢治の絵本 貝の火 宮沢賢治の絵本 貝の火
作: 宮沢 賢治 絵: おくはら ゆめ  出版社: 三起商行(ミキハウス) 三起商行(ミキハウス)の特集ページがあります!
親子のひばりは、沢山おじきをして申しました。 「これは貝の火という宝珠でございます。 王さまのお伝言ではあなた様のお手入れ次第で、この珠はどんなにでも立派になる

落語絵本8 いちがんこく」 パパの声

落語絵本8 いちがんこく 作・絵:川端 誠
出版社:クレヨンハウス
本体価格:\1,400+税
発行日:2004年01月
ISBN:9784861010163
評価スコア 4.5
評価ランキング 6,250
みんなの声 総数 33
  • この絵本のレビューを書く

立場で選ぶ

並び替え

2件見つかりました

最初のページ 前の10件 1 次の10件 最後のページ
  • 川端さんの持ち味をたっぷりと味わえる、創作落語絵本です。
    枕では江戸時代にテレビを登場させ、時代劇の中に『風来坊』を然り気無く登場させ、ウキウキするような出足から本題に入ります。
    オチは何となく予感させるのですが、一つ目小娘を追いかけるところから、絵の中に顔が描かれていません。
    ヤッパリ感は否めないけれど、絵本ならではの表現。
    川端さんの描くカチカチした姿がとても効果的でした。

    投稿日:2015/02/26

    参考になりました
    感謝
    0
  • またしてもやってくれました!

    落語絵本です。
    今回のオチも大変良く、「またしてもやってくれました!」と言った感じです。
    オープニングが常識を覆す江戸時代のテレビから始まり、「一目散」や「一目瞭然」の使い方には思わず、親の方が笑ってしまいました。
    絵本として大変子供にもわかり易く簡潔に上手くまとまっているのではないでしょか。
    うちの娘には、こういった「一目散」、「一目瞭然」といった面白さがわかる年齢ではないので、本当の意味で楽しめるのは小学校に入ってからかな。
    わが家の本棚にはこの作品のほかに「じゅげむ」や「めぐろのさんま」がありますが、全作品読んでみたいと思いました。

    投稿日:2004/04/30

    参考になりました
    感謝
    0

2件見つかりました

最初のページ 前の10件 1 次の10件 最後のページ

※参考になりましたボタンのご利用にはメンバー登録が必要です。

この作品にレビューを投稿された方は、こんな作品にも投稿しています

どうぞのいす / はらぺこあおむし / しろくまちゃんのほっとけーき / おつきさまこんばんは / きんぎょがにげた / いないいないばあ / もこ もこもこ / はじめてのおつかい / がたん ごとん がたん ごとん / かいじゅうたちのいるところ

絵本の人気検索キーワード

ぐりとぐら /  はらぺこあおむし /  バムとケロ /  こびとづかん /  はじめてのおつかい /  そらまめくん /  谷川俊太郎 /  ちいさなちいさな王様 /  いないいないばあ /  いやいやえん /  スイミー /  飛び出す絵本

出版社おすすめ

  • パンダのパンやさん
    パンダのパンやさんの試し読みができます!
    パンダのパンやさん
     出版社:金の星社 金の星社の特集ページがあります!
    金の星社 創業100周年記念出版!パンダのパンやさんは大にぎわい。下町の銘店へ、パンの配達にでかける


あかちゃんの視線をくぎづけにする『もいもい』しかけ絵本

全ページためしよみ
年齢別絵本セット