話題
まほうのさんぽみち

まほうのさんぽみち(評論社)

絵本が大好きな女の子とパパの、幸せであたたかいお話。

新刊
だれかのプレゼント

だれかのプレゼント(文溪堂)

『100にんのサンタクロース』谷口智則さん待望の新作サンタ絵本

まゆとおに−やまんばのむすめまゆのおはなし」 せんせいの声

まゆとおに−やまんばのむすめまゆのおはなし 作:富安 陽子
絵:降矢 なな
出版社:福音館書店
税込価格:\990
発行日:2004年03月
ISBN:9784834009989
評価スコア 4.86
評価ランキング 53
みんなの声 総数 140
  • この絵本のレビューを書く

並び替え

6件見つかりました

最初のページ 前の10件 1 次の10件 最後のページ
  • まゆとおにのやりとりが面白い♪

    まゆは天真爛漫という言葉がはぴったりな女の子♪おにはまゆのことを食べようとしているのに、全然気付かない!むしろ、素直すぎる!そんなおにとまゆのやりとりがとても面白いです(*^^*)子どもたちも大好きですが、私も「まゆ」シリーズは読んでいるのが楽しくて、つい手にとってしまいます★

    投稿日:2019/05/14

    参考になりました
    感謝
    0
  • 怖いものしらず!!

    • あ〜こさん
    • 20代
    • せんせい
    • 愛知県

    ある日、オニを知らないまゆは、オニに出会います
    オニも、まゆをやまんばの娘と知らず、まゆのことを食べようと、まゆに悟られず、まゆを食べる準備を始めるのですが…

    見ているこっちはまゆ、早く気づいて!!
    と思うのですがまゆの優しさが自分を救うこのに…

    力持ちのまゆは、結局最後までオニが自分を食べようとしていたことに気づかないのですが、そこがまたまゆらしいというかなんと言うか…
    大人でも、十分に楽しめる絵本です!!

    投稿日:2009/05/06

    参考になりました
    感謝
    0
  • おに大好き!!

    保育園の2歳児クラス(2歳〜3歳)でこの絵本を読み聞かせました。
    いつもはわいわいとにぎやかな子ども達も、表紙をみると「しーん・・・」鬼が出てくると「わぁ・・」とためいき?が。
    一度読み終わると「もう一回おに読んで!!」とアンコールの嵐でした。 豆まきだと泣いてしまうのに、この絵本だと大喜び!少し2歳には長いかな?とも思いましたがそんな心配も吹き飛ぶくらいこの絵本を気に入ってくれました!

    投稿日:2009/02/07

    参考になりました
    感謝
    0
  • まゆの魅力!

    • ぽー嬢さん
    • 30代
    • せんせい
    • 東京都
    • 男の子4歳、女の子2歳

    鬼とのやり取りにハラハラドキドキ!とても楽しいお話しで子ども達は手に汗を握って集中!力強くパワフルなまゆの姿に大喜びです。
    ラスト、やまんばかあさんのおにぎりがとても美味しそうです!
    子どもらしく素直で可愛いまゆの魅力にすっかりハマってしまいました。

    投稿日:2009/01/04

    参考になりました
    感謝
    0
  • まゆ あんたは格好いい!

    元々は幼年童話の形をとって書かれたやまんばのお話から、むすめのまゆが主人公になって絵本が出ています。
     
    まゆはとっても力持ち!自分を食べそうになった鬼を「えい!」と持ち上げるなんて朝飯前。
    まゆはとっても世間知らず。だって鬼のツノを見て「鹿でもないのに角があるなんて変だな」と思うだけなんです。

    でもまゆがその世間知らずで力持ちだったお陰で、
    鬼は時々美味しいおにぎりを食べさせてくれる友だちの家を得るのですよね。

    そして、やっぱり鬼を連れて帰ったからと行って、あわてふためかず、ヤケドの治療をしてやってご馳走をするヤマンバ母さんが一番イケてるかもしれませんね〜。

    投稿日:2007/01/03

    参考になりました
    感謝
    0
  • 大根汁と特製おにぎり

    「まゆとうりんこ」を読んでこのシリーズの面白さ、楽しさに気付きました。
    やまんばというと、かなり年をとり、決して美しくない、しかも何でも食べてしまうというイメージがあります。でもまゆのおかあさんはスタイルよく、心優しく心広く、力持ちです。おにもかなわない山姥親子でしたが、相手を疑わない清らかな心をまゆは持っています。おにの鬼らしさ(赤くて、大きくて、したたかで醜い…)とのギャップが面白さを倍増しています。
    これもまゆのダイナミックで好奇心旺盛でやさしさところが、嬉しくさえ感じられます。

    母子で山と運んでいた大根が大根汁になっていました。まぜご飯の特製おにぎりとともに、温かそうで美味しそうで、私もごちそうになりたい!と思いました。きつねにも振る舞っています。そしてやまんばだけはキセルでタバコを飲み、コーヒー(のようなもの)を飲んでいます。粋だなぁ、と思いました。

    投稿日:2006/12/28

    参考になりました
    感謝
    0

6件見つかりました

最初のページ 前の10件 1 次の10件 最後のページ

※参考になりましたボタンのご利用にはメンバー登録が必要です。

この作品にレビューを投稿された方は、こんな作品にも投稿しています

はらぺこあおむし / しろくまちゃんのほっとけーき / ぐりとぐら / おつきさまこんばんは / きんぎょがにげた / いないいないばあ / もこ もこもこ / ねないこ だれだ / がたん ごとん がたん ごとん / くだもの

絵本の人気検索キーワード

ぐりとぐら /  はらぺこあおむし /  バムとケロ /  こびとづかん /  はじめてのおつかい /  そらまめくん /  谷川俊太郎 /  ちいさなちいさな王様 /  いないいないばあ /  いやいやえん /  スイミー /  飛び出す絵本

出版社おすすめ



人気作品・注目の新刊をご紹介!絵本ナビプラチナブック

全ページためしよみ
年齢別絵本セット