宮沢賢治の絵本 貝の火 宮沢賢治の絵本 貝の火
作: 宮沢 賢治 絵: おくはら ゆめ  出版社: 三起商行(ミキハウス) 三起商行(ミキハウス)の特集ページがあります!
親子のひばりは、沢山おじきをして申しました。 「これは貝の火という宝珠でございます。 王さまのお伝言ではあなた様のお手入れ次第で、この珠はどんなにでも立派になる

ずーっとずっとだいすきだよ」 ママの声

ずーっとずっとだいすきだよ 作・絵:ハンス・ウィルヘルム
訳:久山 太市
出版社:評論社 評論社の特集ページがあります!
本体価格:\1,200+税
発行日:1988年11月
ISBN:9784566002760
評価スコア 4.66
評価ランキング 2,503
みんなの声 総数 156
  • この絵本のレビューを書く

並び替え

118件見つかりました

最初のページ 前の10件 1 2 3 4 5 ... 次の10件 最後のページ
  • 好きという言葉はたくさん使おう

    犬を可愛がる少年がいて、犬は老犬になり、病気で、死んでいく話なので切ないし、子供には重いかなと思いつつ読みましたが、予想外に良かった!もちろん切ないのですが、、、。

    同じ死ぬのでも「大好きだよ」といつもいつも言っていたら後悔が少ないんじゃないか、という考えは犬に限らず、人間にもあてはまるので、非常に良い絵本でした。私も、大事な人を粗末にせず、好きだとちゃんと伝えながら生きていきたいし、娘にもそう育って欲しいです。親が子供を「愛してる」「大好き」「可愛い」と言ってあげるのは、時代もあるかもしれませんが私は言ってもらった記憶がないけれど、だからこそ大事だと思うし、たくさん娘にも言ってあげたいです。

    犬を育てている隣人にドッググッズをおさがりする主人公の姿、なんだか成長した様子で、ジーンとしました。

    投稿日:2012/10/10

    参考になりました
    感謝
    2
  • 前向きなエンディングがいいです

    • ぽめらにーさん
    • 30代
    • ママ
    • 東京都
    • 男の子6歳、女の子3歳

    愛犬の死をただ悲しむ内容でなく、
    愛犬が老衰し、だんだん衰えていく現実を主人公がしっかり見つめ、
    真摯に受け止め、自分が今できることを懸命に行い、
    最後の死をもしっかりとうけとめるという過程が
    すばらしいと思いました。

    私たちは、とかく、目の前にある大事な物に気づかなかったり、
    軽視していたり、日々の生活をただ漫然と送り、
    その瞬間を大切にすることを忘れがちです。
    でも、この絵本を読んで、いかに、自分の気持ちをしっかりと伝えておくことが大事か、日々の生活を大切におくらなければならないかを再確認しました。
    突然、大切な物が目の前から消えてしまっても、後悔しないように・・・

     私のお気に入りの台詞は、
       
       ぼくだって、かなしくてたまらなかったけど、
       いくらか、きもちがらくだった。
       だってまいばんエルフィーに
       「ずーっと、だいすきだよ」っていってやっていたからね。

    精一杯向き合った結果なのだと思います。
    これは、私も多いに学ぶべき点でした。

    投稿日:2011/04/09

    参考になりました
    感謝
    2
  • 教科書で再開した絵本

    • 事務員さん
    • 30代
    • ママ
    • 福岡県
    • 女の子6歳、女の子4歳

    初めてこの絵本を手に取り娘に読んであげたのは園時代、
    小児科の待合室でした。
    テーマは「死」「別れ」「思いを伝える」といったところでしょうか。
    当時は娘の反応は鈍く、
    読んであげた私が待合室で
    じ〜んときて、うるっときたのを覚えています。
    そして昨夜このお話と再会しました。

    「音読するよ。これ長いから一回でいいでしょ?」と言って
    一年生の娘が読み出したのです。
    え?え?見せて!と教科書を見せてもらいました。
    挿絵をみて確信しました。
    まさか去年まではまだ早いと思ってたテーマだったのに
    教科書で再会するとは!
    こくごの時間にどんなことを先生は教えてくれて
    娘はどんな気持ちになるのだろう。
    そして彼女の行動に変化はあるのか、楽しみでなりません。

    難しい内容の大人向きと思い込んでいた絵本だったので
    驚きの再会でした。

    投稿日:2011/12/06

    参考になりました
    感謝
    1
  • 愛するということ

    何度も読み続けたい絵本です。

    「死」をテーマにした絵本なので、息子にはまだ早いかな?とこれまで読まずにきました。
    けれど、目を通してみると「死」というより「愛するということ」に大きく向き合った絵本でした。
    私自身、とても感動しました。

    ”「愛するということ」「愛を伝えること」を大切に今を生きる”という作者のメッセージが、優しい言葉で綴られています。

    7歳の息子はこの本の内容をどんなふうに受け取ったのか分かりませんが、これからも読み伝えていけたらと思っています。

    小学校低学年くらい〜にオススメです。

    投稿日:2010/09/09

    参考になりました
    感謝
    1
  • 一家に一冊置いておきたい絵本。

    友人より頂いたこの本。
    小学校1年生の教科書に採用されてるということで、3歳の娘には、きっと難しすぎるだろうなと思いながらも娘と一緒に読んでみました。
    犬が大好きな娘、1回目は、「?」という感じだったようですが、絵を一生懸命見ながら、「ワンワンどうしたの?」と心配顔。話の説明は難しいようで聞いても理解するのは難しいようですが、絵だけ見ていっても何かを感じとったようです。

    そしてこれは、エルフィーが弱っていって死んでしまうお話。3歳のコには、まだ「死」は、言葉で説明しても難しいようで難しい顔をしながら「死」について説明を聞いてました。
    そして、2回目に読んた時には「これ、ワンちゃんが死んじゃうんだよね」と一言。「死」をはっきりと理解していない中にも、なんとなくの意味がつかめてるようで、寂しそうに言っていました。
    内容的には、悲しいお話だけれど、「死」「命の尊さ」「愛すること」を学べる絵本だと思います。
    そういう意味でも、一家に一冊ぜひ置いておきたい本だと思いました。
    子供のみならず、大人が読んでもジーンとくるお話です。

    投稿日:2009/12/31

    参考になりました
    感謝
    1
  • これは、たまりませんねぇー

    こんな良い本見たことない!という位いいですねぇ。動物好きは勿論、人を愛する心の持ち主ならもうたまりません。主人公の男の子の優しさと成熟はすごい、ホンモノだと思います。隣の子に、亡きエルフィーのバスケットをあげて「ぼくよりそのこの方がバスケット必要だもんね」と言うところ、その心の気高さ、強さを感じ泣かずにはいられません。

    投稿日:2007/01/04

    参考になりました
    感謝
    1
  • だめねぇ

    三歳の子に読みました。そこまで内容は理解できてないかなぁと思いますが、最後に沢山の動物に囲まれている場面をみて、いけんねぇ。と一言。理由を聞くと、エルフィーが死んだから他の動物を飼ったらダメとのことで。
    子供なりに何か思うところがあったのかなぁと思いました。
    死についての絵本は読んだことがなかったので、子どもがどう感じるか心配でしたが、読んでみてよかったかなぁと思いました。

    投稿日:2019/09/08

    参考になりました
    感謝
    0
  • 最近犬が飼いたい息子に

    • イヨイヨさん
    • 30代
    • ママ
    • 山口県
    • 男の子4歳、女の子2歳

    幼稚園にこちらの本があるらしく、息子の希望でこちらをお迎えしました。
    4歳のむすこは、主人公の心情がわからないところもあるらしく、時々あれはなんでだろう?とつぶやいています。
    読む頻度は高くないですが、時々ふと思い出しては読んでーっともってきます。

    投稿日:2018/09/28

    参考になりました
    感謝
    0
  • 死について優しく触れられる絵本

    • みっとーさん
    • 30代
    • ママ
    • 大阪府
    • 男の子7歳、女の子5歳

    いつか動物は死んでしまう。
    その時後悔しないためにも「大好きだよ」って伝えよう。
    動物だけでなく、人にもあてはまることを犬の死を通して教えてくれます。死に関するテーマでありながらすっと納得できる素敵な絵本でした。

    投稿日:2018/07/06

    参考になりました
    感謝
    0
  • 考えさせられました。

    • ラテ子さん
    • 30代
    • ママ
    • 岐阜県
    • 女の子9歳、女の子7歳

    エルフィーという飼い犬が死んでしまうという悲しいお話の絵本です。
    主人公の男の子と一緒に過ごしてきたエルフィーが、だんだん弱って死んでしまう。なかなか重い内容ですが、避けては通れない命のお話だと思いました。主人公の男の子は「だいすきだよ」といつも言ってあげて最後を迎えるストーリです。悲しいけれど、しっかりと自分の気持ちを伝えて大切する。大人でもはっとさせられる1冊子供にもちゃんと伝わるいい絵本だと思いました。

    投稿日:2017/10/22

    参考になりました
    感謝
    0

118件見つかりました

最初のページ 前の10件 1 2 3 4 5 ... 次の10件 最後のページ

※参考になりましたボタンのご利用にはメンバー登録が必要です。

この作品にレビューを投稿された方は、こんな作品にも投稿しています

しろくまちゃんのほっとけーき / きんぎょがにげた / いないいないばあ / めっきらもっきらどおんどん / もこ もこもこ / おおきなかぶ / ぴょーん / くっついた / としょかんライオン

絵本の人気検索キーワード

ぐりとぐら /  はらぺこあおむし /  バムとケロ /  こびとづかん /  はじめてのおつかい /  そらまめくん /  谷川俊太郎 /  ちいさなちいさな王様 /  いないいないばあ /  いやいやえん /  スイミー /  飛び出す絵本

出版社おすすめ

  • なまえのないねこ
    なまえのないねこの試し読みができます!
    なまえのないねこ
     出版社:小峰書店 小峰書店の特集ページがあります!
    ぼくは ねこ。なまえのない ねこ。ひとりぼっちの猫が最後にみつけた「ほんとうに欲しかったもの」とは…


みやこしあきこさん×シドニー・スミスさん インタビュー

全ページためしよみ
年齢別絵本セット