虫・むし・オンステージ! 虫・むし・オンステージ!
写真・文: 森上信夫  出版社: フレーベル館 フレーベル館の特集ページがあります!
いよいよ夏、真っ盛り。虫たちのアツいステージを見逃すな!!!
まことあつさん 30代・ママ

虫を見る目がかわる
虫好きな息子たちのために 今まで様々…

たなかさんちのおひっこし自信を持っておすすめしたい みんなの声

たなかさんちのおひっこし 作・絵:大島 妙子
出版社:あかね書房 あかね書房の特集ページがあります!
本体価格:\1,200+税
発行日:1993年12月
ISBN:9784251030320
評価スコア 4.65
評価ランキング 2,625
みんなの声 総数 33
  • この絵本のレビューを書く

自信を持っておすすめしたい みんなの声から

みんなの声一覧へ

並び替え

23件見つかりました

最初のページ 前の10件 1 2 3 次の10件 最後のページ
  • 楽しく笑いたい時にオススメ♪

    図書館から借りてきて、4歳と9歳の娘たちと読みました。

    我が家は『たなかさんちのだいぼうけん』から先に読んでしまったので、
    なぜたなかさんちが見晴らしの良い丘にあるのか、という経緯がわかりました。
    ウメさんとも、こうして出会ったんですね(^^)♪

    4歳の次女は、おうちの足から血が出ているのを見て
    「あっ!!」と指差していましたが、
    ハナさんが足袋を作ってあげたのを見て一安心♪
    私はウメさんも同じようにカーテンで足袋を作ってあげていたのを見て嬉しくなりました。

    大島妙子さんの作品は、どれもこれも面白いですね(^^)。
    楽しく笑いたい時に読むのにオススメです♪

    投稿日:2013/06/29

    参考になりました
    感謝
    1
  • ドシン ドシン

    ある朝、家に足がはえてドシン、ドシンと歩き出したのは驚きですが、おばあさんの為に足に血を流してまでお引越しするのは、おばあさんに住みよい場所に暮らしてもらいたいからだと思いました。見晴らしがよい丘の上、仲間と暮らせる場所ならのんびり、ゆったりと過ごせて楽しいだろうなあと思いました。

    投稿日:2018/01/12

    参考になりました
    感謝
    0
  • 豪快なお話!!

    とっても楽しいお話です♪
    家に足が生えて、おひっこししちゃうんです!!
    なんとも豪快なお話で、何度読んでもおもしろくて
    笑顔になれます。
    たどりついた見晴らしのよい丘には、同じような家が
    もう一軒!!
    楽しそうな暮らしぶりに、暖かな気持ちになれました♪

    投稿日:2016/02/04

    参考になりました
    感謝
    0
  • おもしろすぎるお引っ越し

    たなかさんちは、ハナさんと、ねこのチャメと、にわとりのオフクロさんの三人で暮らしています。なんとものどかな田舎暮らし…と思ったら、そのおうちは、都会の真ん中、ビルの間で、肩身がせまそうにたっていて、日当たりも良くありませんでした。ところが、ある日、大変なことが起こったのです。
    もうびっくりです。
    なんとおうちに…
    ページをめくるたびに、信じられない光景が目に飛び込んできます。
    色んな人を驚かして、時には声をかけてもらって、そして、けがをしてと、おもしろすぎます。
    そして、たどり着いたところは…
    最後の最後まで、笑顔がとまりません。

    投稿日:2015/10/28

    参考になりました
    感謝
    0
  • 楽しい「ちいさいおうち」

    どんなおひっこしなのかな?と思っていたら・・・
    な、なんと!!おうちにあしがはえて、勝手に歩き出して
    しまうのですね。おうち自身もよっぽど今の場所が嫌だった
    のだろうなあ。
    ちょっと『ちいさいおうち』みたいな始まり方ですが、でも、
    全然違う(笑)。
    最後は幸せな出逢いもあってよかったです♪
    私も老後は、こんな風に気のあう友達の近くで暮らしたいな。

    投稿日:2013/09/15

    参考になりました
    感謝
    0
  • 面白いです

    たなかさんちのおひっこし、普通のお引越しかと思いきや、なんとたなかさんちに足が生えてしまうんです!もうびっくり!途中で足がケガしちゃうと、ハナおばあさんは足袋を作ってあげたり、慣れていくハナさんがすごいです。そして最後は、ちゃんとハナさんぴったりの場所へお引越し。そしてそこには・・・。とても楽しいお話です。オススメです。

    投稿日:2012/05/29

    参考になりました
    感謝
    0
  • まさにファンタジー!!

    足が生えて家ごと引っ越すなんて、まさに既成概念を打ち破るお話です。まさにファンタジーです。

    穏やかに落ち着くエンディングまで物語は走りっぱなし。
    でもそれが娘には楽しいようで、ぷぷぷ、と二人で大笑いです。

    小学低学年からとなっていますが、3歳の娘も十分に楽しめています。

    投稿日:2010/01/27

    参考になりました
    感謝
    0
  • ビックリ〜!

    • Yuayaさん
    • 20代
    • ママ
    • 石川県
    • 男の子6歳、女の子3歳

    たなかさんは生まれ育ったこの家が大好き。
    でもゴミゴミした近代的な建物に囲まれちょっと住みにくそう。
    そんなある日のこと、大変な事が起こっちゃうんです!!!

    いやービックリ!!
    子供たちも「えぇっ!」と驚いていました。
    だって、家に足が生えるんだもん。
    そりゃビックリです。
    しかも巨大な人間の足で結構不気味・・・!

    ドシンドシンとどこへ向かうのやら、ありえないたなかさんのお引越し。
    ありえなさがおもしろいんだが、どこか不気味に感じちゃう。
    そのうち足が怪我をして血が出てくるのには「やっぱり人間の足なのっ!?」と色々考えてしまいました(笑)
    でもおもしろかったです^^

    こんな不思議な家、たなかさんの家だけじゃなかったことにもビックリ。
    ドタバタビックリな内容ですが、最後はほのぼの。
    「たなかさんちのだいぼうけん」もぜひ読みたいなと思いました。

    投稿日:2009/06/20

    参考になりました
    感謝
    0
  • こんな家、いいよねぇ。

    小学校では「読書感想画」っていうのを描くんですが、そのときに読んで聞かせたお話。
    最初は絵は見せずに。絵が描き終わってから絵を見せての読み聞かせです。

    「わ、でっかい足!」
    「おばあちゃん、かわいい!」

    大島妙子さんのだいたんな絵に子供達は声をあげてよろこんでいました。続きの「たなかさんちのだいぼうけん」も、次々でてくる海の生き物たちを楽しみながら聞いてくれました。
    2冊一緒にぜひどうぞ。

    投稿日:2009/05/30

    参考になりました
    感謝
    0
  • 愉快なおひっこし

    • こりえ♪さん
    • 30代
    • ママ
    • 神奈川県
    • 女の子2歳

    大島 妙子さんの絵本は楽しくなってしまうものが多いので好きなのですが、原点ここにありですね。
    この作品、デビュー作ということで楽しみにして読みましたが、やっぱり愉快なお話でした。

    タイトルを見て、普通にお引越しをするのかと思ったら、意外な展開。
    何が驚いたかって、家に足がはえて歩き出したことはもちろん、そんな状況にいつしか慣れて楽しんでいるおばあちゃん。ありえないです。笑

    ドタバタと賑やかな展開でしたが、最後はホッとするような穏やかなお話に。
    どんな状況でも明るく振舞うおばあちゃんに、元気をもらいました。

    投稿日:2009/04/08

    参考になりました
    感謝
    0

23件見つかりました

最初のページ 前の10件 1 2 3 次の10件 最後のページ

※参考になりましたボタンのご利用にはメンバー登録が必要です。

この作品にレビューを投稿された方は、こんな作品にも投稿しています

からすのパンやさん / はらぺこあおむし / しろくまちゃんのほっとけーき / ぐりとぐら / おつきさまこんばんは / きんぎょがにげた / いないいないばあ / もこ もこもこ / はじめてのおつかい / がたん ごとん がたん ごとん

絵本の人気検索キーワード

ぐりとぐら /  はらぺこあおむし /  バムとケロ /  こびとづかん /  はじめてのおつかい /  そらまめくん /  谷川俊太郎 /  ちいさなちいさな王様 /  いないいないばあ /  いやいやえん /  スイミー /  飛び出す絵本

出版社おすすめ



優しく平等な心の大切さを、絵本・映像・音楽で学べる

みんなの声(33人)

絵本の評価(4.65)

何歳のお子さんに読んだ?


全ページためしよみ
年齢別絵本セット