つくろう! とびだす きょうりゅうはくぶつかん つくろう! とびだす きょうりゅうはくぶつかん
作: ジェニー・ジャコビー 絵: マイク・ラブ & ビアトリス・ブルー 訳: 田中薫子 監修: 平山廉  出版社: くもん出版 くもん出版の特集ページがあります!
トリケラトプス、ティラノサウルスなど、5つのポップアップを自分で作る、ずかん絵本!

ティモシーとおじいちゃん」 ママの声

ティモシーとおじいちゃん 作・絵:ロン・ブルックス
訳:むらまつさだふみ
出版社:偕成社 偕成社の特集ページがあります!
本体価格:\980+税
発行日:1981年08月
ISBN:9784039601001
評価スコア 4
評価ランキング 23,979
みんなの声 総数 4
「ティモシーとおじいちゃん」は現在購入できません
  • この絵本のレビューを書く

立場で選ぶ

並び替え

2件見つかりました

最初のページ 前の10件 1 次の10件 最後のページ
  • 偶然の出会いでした

    図書館で間違えて予約してしまったことが

    きっかけで読むことになりました。

    最初はあまり気が進まなかったんですが、

    読んでみてよかったと思います。

    友達を上手に作ることが出来る子や、

    あっという間に輪に入れる子には問題ないことですが、

    友達作りが苦手な子は苦労することだと思います。

    いつも一緒にいるおじいちゃんがそんな彼を

    手助けしてくれるお話です。

    おじいちゃんと一緒に住むってとても羨ましいなって

    思いました。

    投稿日:2015/06/01

    参考になりました
    感謝
    0
  • おじいちゃんって偉大

    気が弱そうで、社交的じゃなさそう。そんなティモシーは、学校でも友達もない。おじいちゃんしかいない。
    でも、おじいちゃん、おばあちゃんっていうのは、たとえ一緒になって遊んでくれなくても、ただ長く生きている、それだけで立派なのよね。
    家にいるおじいちゃんには時間はいっぱいある。だから、いろんな経験を話してくれる。聞いてくれる。一緒にいてくれる。
    そういう存在って、子供には大事だな、ってこの絵本読んであらためて思うのです。
    それでもって、ティモシーは、このおじいちゃんが、みんなの中に受け入れられるきっかけになるんだから、言うことなし。
    子供と読んでおもしろい!っていう手の本じゃーありません。小さい子にもむきません。

    投稿日:2010/03/10

    参考になりました
    感謝
    0

2件見つかりました

最初のページ 前の10件 1 次の10件 最後のページ

※参考になりましたボタンのご利用にはメンバー登録が必要です。

この作品にレビューを投稿された方は、こんな作品にも投稿しています

からすのパンやさん / はらぺこあおむし / きんぎょがにげた / バムとケロのそらのたび / もこ もこもこ / バムとケロのおかいもの / がたん ごとん がたん ごとん

絵本の人気検索キーワード

ぐりとぐら /  はらぺこあおむし /  バムとケロ /  こびとづかん /  はじめてのおつかい /  そらまめくん /  谷川俊太郎 /  ちいさなちいさな王様 /  いないいないばあ /  いやいやえん /  スイミー /  飛び出す絵本

出版社おすすめ



【連載】第2回「鬼遊び」シリーズ 廣嶋玲子さんインタビュー

みんなの声(4人)

絵本の評価(4)


全ページためしよみ
年齢別絵本セット