話題
PUI PUI モルカー かるた

PUI PUI モルカー かるた(フレーベル館)

『PUI PUI モルカー』の名場面がかるたに! みんないっしょにモルあがれ!

  • 笑える
  • 盛り上がる
話題
まほうのさんぽみち

まほうのさんぽみち(評論社)

絵本が大好きな女の子とパパの、幸せであたたかいお話。

ポクさんのひっこし自信を持っておすすめしたい みんなの声

ポクさんのひっこし 作・絵:深見 春夫
出版社:PHP研究所 PHP研究所の特集ページがあります!
税込価格:\1,229
ISBN:9784569589107
評価スコア 4
評価ランキング 24,989
みんなの声 総数 11
「ポクさんのひっこし」は現在購入できません
  • この絵本のレビューを書く

自信を持っておすすめしたい みんなの声から

みんなの声一覧へ

並び替え

4件見つかりました

最初のページ 前の10件 1 次の10件 最後のページ
  • ボクさん

    自分の家を引っ張って移動するボクさんの絵が可愛いと思いました。

    車輪が付いた家も好きな所に移動出来ていいなあって思うのですが、最

    後に気にいった場所でお嫁さんと暮らすのがなんといっても幸せなんだ

    と思いました。キャンピングカーに乗って好きな場所を旅が出来たらい

    いなあってふっと思いました。

    投稿日:2012/02/11

    参考になりました
    感謝
    0
  • 根をはるんですね

    4歳3ヶ月の息子に読んでやりました。ちょっと変わったお話だな、と思いました。だって、引越しばかり繰り返しているパクさんのお話なんですもの。様々な理由でタイヤのついた家を気軽に引越しさせてしまうパクさん。でも、ある日増水した川に流され、海へ。そしてその家を海から拾い上げてくれたのがお月様。お月様に助けられて陸上に上がったところは、とてもステキなところ。今まで考えなかった畑を作ってそこに根を下ろす決心を。そして、すてきなお嫁さんももらって・・・。なんだか、人生の若い時代を濃縮、デフォルメした感じ。なんだかくすぐったい感じがしました。息子はおもしろい家にびっくりしていましたよ。

    投稿日:2011/11/06

    参考になりました
    感謝
    0
  • どこにも行けるね

    ポクさんのおうちには車輪がついていて
    好きなとこに好きな場所に行けます。

    いいな〜〜〜、好きな場所に移動ができるなんて
    って息子も感心していましたが
    海まで行ってしまった時は、あちゃ〜〜でしたね。
    どうするんだろう、誰に助けてもらえるんだろうと
    思ったら素敵な助け方をしてもらえました。
    最後には、気に入った所に住むことになって
    ホントよかったね、ポクさんという気持ちでした。

    投稿日:2008/11/05

    参考になりました
    感謝
    0
  • おうち?

     息子がまず注目したのが、ポクさんがお家を引っ張ってること。「すげー!力持ちに見えないけどー??」「おおっ!お家にタイヤがついてる!!」そうですよねー、まるでヤドカリか何かのようですもんね!私も同感だ!

     でもでも、山や川のそばや、いろんな所に自由に暮らせるのはとてもうらやましい!!年中、キャンプ気分ですもんね!息子も、「いいなー伊江島キャンプ」(ゴールデンウィークに家族でキャンプしました)とポクさんの暮らしぶりに釘付けです。そんなポクさんですが、最後にはちょっとしたハプニング?が。

     またまた深見ワールドにはまってしまった親子でした!

    投稿日:2006/06/18

    参考になりました
    感謝
    0

4件見つかりました

最初のページ 前の10件 1 次の10件 最後のページ

※参考になりましたボタンのご利用にはメンバー登録が必要です。

この作品にレビューを投稿された方は、こんな作品にも投稿しています

はらぺこあおむし / しろくまちゃんのほっとけーき / ぐりとぐら / おつきさまこんばんは / きんぎょがにげた / もこ もこもこ / ねないこ だれだ / がたん ごとん がたん ごとん / じゃあじゃあびりびり / くだもの

絵本の人気検索キーワード

ぐりとぐら /  はらぺこあおむし /  バムとケロ /  こびとづかん /  はじめてのおつかい /  そらまめくん /  谷川俊太郎 /  ちいさなちいさな王様 /  いないいないばあ /  いやいやえん /  スイミー /  飛び出す絵本

出版社おすすめ

  • ゆきだるまの クリスマス!
    ゆきだるまの クリスマス!
    作:キャラリン・ビーナー 絵:マーク・ビーナー 訳:せな あいこ 出版社:評論社 評論社の特集ページがあります!
    絵の中にネコやサンタ、いろんなものが隠れているよ!探してみてね!


食品ロスについて知る入口となる絵本  『ほうれんそうカレー ききいっぱつ!』田中六大さん&入馬さん兄弟インタビュー

みんなの声(11人)

絵本の評価(4)

何歳のお子さんに読んだ?


全ページためしよみ
年齢別絵本セット