しばわんこの和の行事えほん しばわんこの和の行事えほん しばわんこの和の行事えほんの試し読みができます!
絵・文: 川浦 良枝  出版社: 白泉社 白泉社の特集ページがあります!
お正月、節分、夏祭り...季節に縁のある遊びに触れながら、親子で楽しめる日本の行事をご紹介。

あかちゃんのゆりかご」 みんなの声

あかちゃんのゆりかご 作・絵:レベッカ・ボンド
訳:さくま ゆみこ
出版社:偕成社 偕成社の特集ページがあります!
本体価格:\1,400+税
発行日:2002年01月
ISBN:9784032026207
評価スコア 4.78
評価ランキング 440
みんなの声 総数 44
  • この絵本のレビューを書く

並び替え

44件見つかりました

最初のページ 前の10件 1 2 3 4 5 次の10件 最後のページ
  • 素敵な家族愛

    レベッカ・ボンドさんの作品を続けて読んで
    これもいいなぁ〜
    と、うっとり

    赤ちゃんの誕生を待ちわびる家族の姿を
    ゆりかごひとつを通して
    教えてくれます

    作って終わりーではなく
    家族それぞれが
    それぞれの得意分野を担って
    なんてすてきモノになるのでしょう

    こんなことを知った子どもは
    大きくなって
    自分がどんなに大切な存在か
    気付くこと、確認することでしょう

    絵の素敵なこと!!

    このわんちゃんの様子がなんとも素敵!

    そのページにより角度が違うと
    こんな風に部屋から見える風景画変わることも
    楽しめました

    素敵です!!

    投稿日:2018/01/28

    参考になりました
    感謝
    0
  • みんなに愛されて

    • みちんさんさん
    • 30代
    • ママ
    • 愛知県
    • 女の子3歳、女の子1歳

    もうすぐ生まれてくるあかちゃんのためにみんなでゆりかごに手をかけて準備しているなんてあたたかいお話だと思いました。
    みんながみんなあかちゃんの誕生を待ち望んでいるんだなー。幸せだなー。
    やはり特にこどもはみんなに愛されていてほしいと思いますね。
    私のこどもに読みましたが、あなたもはこうしてみんなに愛されているんだということを知っていてもらえたら感じてもらえたらとても嬉しいことだなと思いました。

    投稿日:2014/10/23

    参考になりました
    感謝
    0
  • 妊婦さんへのプレゼントに

    家族みんなが、生まれてくる赤ちゃんのことを思って、ゆりかごを作ります。寝心地を確認するために、みんながそれぞれに揺りかごに入ってみたり。
    何気ない日常ですが、家族の愛情がたくさんつまっていて、読みながらじーんとしてしまいました。子供たちが生まれた時のことを思い出したりして・・・
    友人から赤ちゃんができたよという素敵な知らせが届いたら、この絵本をプレゼントしたいなと思っています。初めて赤ちゃんを産む人にも、もうお子さんがいる人にも喜んでもらえるのではないでしょうか。

    投稿日:2013/06/13

    参考になりました
    感謝
    0
  • 赤ちゃんを待ちわびる

    おとうさんの作ったゆりかご。
    それに絵を描いたおじいちゃん。
    ベットカバーを作ったおばあちゃん。
    お兄ちゃんもモビールを作ってくれました。
    生まれてくる赤ちゃんを待ちわびる家族の思いがゆりかごに凝縮されています。
    順番にベッドで赤ちゃん体験してしまうところなど、思わずほほが緩んでしまいました。

    投稿日:2013/06/12

    参考になりました
    感謝
    0
  • 赤ちゃんの誕生

    赤ちゃんの誕生。
    たった一つのかけがえのない喜びでしょうね。
    その喜びを、踊っている姿で表現していることが、わかりやすいです。
    赤ちゃんのゆりかごは、家族みんなの手作りで、愛情たっぷりでしょう。
    家族の絆や愛情が、たっぷりと感じられる一冊でした。

    投稿日:2012/10/19

    参考になりました
    感謝
    0
  • 赤ちゃんを待つ幸せな時間

    赤ちゃんが生まれてくる前の、家族みんなの幸せな時間を描いた絵本です。

    一番初めの場面「あかちゃんがうまれてくるとわかったとき、かぞくはみんなで おおよろこびしました」と、大人も子どもも踊っています。

    アメリカの絵本だからなのでしょうか、感情表現が豊かですね。
    このページだけでも、幸せが十分に伝わってきます。

    お父さんは赤ちゃんのためにゆりかごをつくり、おじいちゃんはペンキを塗り、動物の絵をかき、おばあちゃんはベッドカバーを作ります。
    お兄ちゃんはモビールを作り、お母さんはゆりかごを窓のそばに持っていきます。

    それぞれが、赤ちゃんのことを思い、そしていろんなことを思いながら、時間をかけて作っていきます。そして自分もゆりかごで眠ってみます。

    私も妊娠中に、赤ちゃんのためにいろんなものを編みました。
    それは、生まれてくる赤ちゃんのことを想像しながらゆっくりと過ごす、とても幸せな時間でした。

    この絵本の赤ちゃんは、家族みんなに待ち望まれて、愛情あふれるゆりかごに包まれて育っていくのでしょう。


    5歳の娘に対しても、どんなに娘が生まれることを待ち望んでいたか、生まれた時に家族みんながどれだけ喜んだのかを話す、良いきっかけになりました。
    子どもは、自分がお腹にいたときの話や、写真を見るのをとても喜びます。

    この絵本を通して、多くの子どもたちが「自分が生まれてきたことで、周りのたくさんの人たちにもたらした幸せ」を感じてほしいな、と思います。

    投稿日:2012/10/11

    参考になりました
    感謝
    0
  • 皆で作るゆりかご

    3歳の息子に読みました。

    登場する家族構成からして、おにいちゃんになる男の子に共感する話かなと思いましたが、おにいちゃんに特に焦点があてられているわけではなさそうです。

    赤ちゃんが生まれるのを待ち望む家族の一員として、おにいちゃんもさらりと描かれています。そこが、おにいちゃんの立場にいるような子の自立心をくすぐるのかもしれません。あるいは、弟妹として生まれてきた子の側に立った構成なのかもしれません。

    個人的には、おにいちゃんが生まれたときに使ったゆりかごはどうしたのだろう?と気になりました。もうモビールが作れるような年だから処分してしまったのでしょうか。

    息子は、「こんなのに乗りた〜い」だそうです。確かに気持ち良さそうですね。

    投稿日:2011/09/07

    参考になりました
    感謝
    0
  • 新しい家族の誕生を喜ぶ風景がいい

    • てんぐざるさん
    • 40代
    • ママ
    • 埼玉県
    • 女の子16歳、女の子11歳

    瞼の描き方に特徴のなる方だな〜と、思いました。
    あと、空間の描き方も!ゆがんだ鏡から覗いているみたいで、くにょ〜ンと伸びた世界が面白かったです。
    色使いも全体的に鮮やかで、赤ちゃんのゆりかごカバーとして塗ってくれたおばあちゃんの「タペストリー」、素敵でした。

    家族の一人一人が、新しい命の誕生を自然に喜んでいる情景が、読み手の私にもよく伝わりました。
    窓の外に雪が見えるので、読んであげるのは冬の方が雰囲気がつかめそうですが、新しい家族をこれから迎えるご家庭で、ぜひ一度は読んでみてほしい作品です。
    もちろん、幼稚園や小学校での読み聞かせにもお薦めです。
    自分たちが赤ちゃんだった時、お父さんお母さんやおじいちゃんおばあちゃんは、こんな風に『誕生を喜んでいてくれた』と、素直に実感できる作品だと思います。

    投稿日:2011/09/05

    参考になりました
    感謝
    2
  • 心待ちにされた赤ちゃん

    • レイラさん
    • 40代
    • ママ
    • 兵庫県
    • 男の子17歳、男の子15歳

    『Just Like a Baby』が原題。
    赤ちゃんが生まれてくると知った家族は大喜びなのです。
    そこで、父はゆりかごを制作し、祖父がペンキを塗り、祖母がベッドカバーを作り、兄はモビールを作るのです。
    みんな、あかちゃんのことを思い、ゆりかごに試乗するのです。(赤ちゃんのように:Just Like a Baby)
    生まれてきた赤ちゃんはなんと幸せなことでしょう。
    もちろん、お母さんは人一倍赤ちゃんを常に気にしながら、ゆりかごの出来に感心しながら。
    独特のアングルが、脇の人々の様子や表情も伝えてくれています。
    そんなところも感じ取ってほしいですね。
    そう、どの子もこうやって生まれてきたのですから、
    そんな思いを込めて、我が子に読んであげてほしいですね。

    投稿日:2011/09/04

    参考になりました
    感謝
    1
  • あたたかい

    赤ちゃんって家族みんな
    わくわくするものです。
    待ち遠しくて嬉しい。
    みんなでゆりかごを作ります。
    日本だと洋服を塗ったり、ベビーコーナーを用意したり、
    となるのかな。
    そのわくわく感を感じました。
    家族の温もりが伝わってきます。

    投稿日:2011/08/29

    参考になりました
    感謝
    0

44件見つかりました

最初のページ 前の10件 1 2 3 4 5 次の10件 最後のページ

※参考になりましたボタンのご利用にはメンバー登録が必要です。

この作品にレビューを投稿された方は、こんな作品にも投稿しています

はらぺこあおむし / しろくまちゃんのほっとけーき / ぐりとぐら / おつきさまこんばんは / きんぎょがにげた / いないいないばあ / もこ もこもこ / ねないこ だれだ / がたん ごとん がたん ごとん / じゃあじゃあびりびり

絵本の人気検索キーワード

ぐりとぐら /  はらぺこあおむし /  バムとケロ /  こびとづかん /  はじめてのおつかい /  そらまめくん /  谷川俊太郎 /  ちいさなちいさな王様 /  いないいないばあ /  いやいやえん /  スイミー /  飛び出す絵本

出版社おすすめ

  • かえるがみえる
    かえるがみえるの試し読みができます!
    かえるがみえる
    作:松岡 享子 絵:馬場 のぼる 出版社:こぐま社 こぐま社の特集ページがあります!
    かえるがみえる、かえるがかえる、「える」の変化だけで愉快なお話が生まれます!言葉の手品みたいな絵本
  • うさぎのおうち
    うさぎのおうち
    作:マーガレット・ワイズ・ブラウン 絵:ガース・ウィリアムズ 訳:松井るり子 出版社:ほるぷ出版 ほるぷ出版の特集ページがあります!
    じぶんの居場所をみつける子うさぎ。


なかやみわさん×絵本ナビ代表・金柿秀幸 対談インタビュー

みんなの声(44人)

絵本の評価(4.78)

何歳のお子さんに読んだ?


全ページためしよみ
年齢別絵本セット