ロングセラー
に〜っこり

に〜っこり(くもん出版)

赤ちゃんの笑顔はまわりのみんなを幸せにしてくれます。累計発行部数33万部突破の人気シリーズ第1巻!

  • かわいい
  • ギフト
  • 全ページ
  • ためしよみ
新刊
まんぷくよこちょう

まんぷくよこちょう(文溪堂)

おいしい食べ物、おしゃべり、ふくびき、商店街の魅力満載!

  • ためしよみ

ビッグ・オーとの出会い」 その他の方の声

ビッグ・オーとの出会い 作・絵:シェル・シルヴァスタイン
訳:倉橋 由美子
出版社:講談社 講談社の特集ページがあります!
本体価格:\1,500+税
発行日:1982年
ISBN:9784061133228
評価スコア 4.74
評価ランキング 1,037
みんなの声 総数 18
「ビッグ・オーとの出会い」は現在購入できません
  • この絵本のレビューを書く

並び替え

8件見つかりました

最初のページ 前の10件 1 次の10件 最後のページ
  • 大人の絵本ですね。いろいろ考えてね!

    • doruさん
    • 40代
    • その他の方
    • 兵庫県
    • 姪9歳

    「ぼくを探しに」で自己探索という問題を、そして次はかけらのぼくが大人になるまでを書いているような気がします。いろいろ丸い人を探しているけど、どれも違う。ビッグ・オーとはユング心理学における老賢者であるかいか。かけらはビッグ・オーにたいして、小人、まだ丸になるには年をとっていない人。自分では他の丸い人のようには器用には転がらないけど、ビッグ・オーのころがりかたをみて、自分も丸くなっていく。

    人それぞれ10人いたら10通りの解釈の仕方があります。それぞれ自分の思うように思っていったらいいと思います。「ぼくを探しに」続いてビッグ・オーも大人向けの絵本ですね。

    投稿日:2010/01/29

    参考になりました
    感謝
    0
  • 大切な人へ

    十年程前、とある病院の待合室にて。
    診察を待っていたにも関わらず、涙が溢れて必死で堪えたのが、
    この本との初めての出会いです。
    「ぼくを探しに」よりも、ぐっときました。

    それ以来、ひとりでも多くの人がビッグ・オーに出会えると良いな、と
    願いながら、この本を大切な人に贈っています。
    しかしながら自分には未だに所有していません。(笑)
    何かの機会に・・と思いながらつい先延ばしにして
    いつも他の人の為に購入してしまうのです。

    やっぱり自分の為にも手にいれなければ!

    初めて買うときには、ご自身に贈られるのがいちばんですよ。
    って、当然のことですが・・。

    投稿日:2009/07/24

    参考になりました
    感謝
    0
  • 勇気をくれる本

    • そやでさん
    • 20代
    • その他の方
    • 大阪府

    「かけら」くんが自分にぴったりのまんまるくんを探して旅立つお話です。誰かにぴったり収まろうとするのですが、やがて自立して自ら行動を起こす。何だ、やれば出来るじゃないか。俺、捨てたモンじゃないぜ。

    前作「僕を探しに」よりリズム感は劣りますが話の終わり方が自然でウィットに富んでいて楽しめました。相変わらず背景も色も無いシンプルさが良いですね。

    様々な困難にぶち当たったとき、この本を見開くとすごく勇気が出てきますよ。いっぱい泣いて翌朝にはキリッといける、清涼剤のような作品です。

    大人に近付けば近付くほど内容の深さが分かるとは思いますが、だからといって子供に不向きだとは思えません。読み聞かせで親の意見を先に言うよりは、子供の感想を聞き出す方が良いと思います。感じ方が人それぞれで異なる作品です。

    投稿日:2007/01/26

    参考になりました
    感謝
    0
  • 新しい自分に出会うために

    • コルクさん
    • 20代
    • その他の方
    • 埼玉県

    『ぼくを探しに』が「自分を埋める誰かを探す旅」
    であったのに対し、こちらは「欠落したカケラ」が、自分の埋まるべき相手を探しています。
    その中で、自立した「ビッグ・オー」と出会い、自分は求めていただけで、自分一人で動き出そうとしていなかったことに気が付くのです。
    そして転がってみる。
    最初は不器用でも、それは回数を重ねることで角がとれ、形を変え、動きやすくなっていきます。
    そして自分の力で先に進むことが出来るようになるわけです。

    きっと強く見えたビッグ・オーも、昔は自分埋まる相手を探していたんだと思います。
    だからこそ、何もせず求めているだけの「カケラ」に助言をしたんだろう、と。
    「自分自身で動いてみる」ことが最大のテーマですね。

    初めから全部自分でなんてできないけれど、そのうち自分の持つ可能性を知ることが出来たなら…
    そうしたら、「どこへ行くかは分からないけれど」自分を信じて、自分らしく生きられると思います。

    シェル・シルヴァンスタインの絵本は、大人になればなるほど心に染みわたるタイプの絵本ですね。
    だからと言って、決して子どもが楽しめないわけではないので、親子で楽しんでください♪

    投稿日:2006/07/01

    参考になりました
    感謝
    0
  • 簡単には結果は出ない。

    • 梨華さん
    • 30代
    • その他の方
    • 北海道

    こちらの作品は、イラストも文も単純な作品なのですが、生きていく上での、足りないモノやそれを探し続ける姿を感じ取れることが出来る素晴らしい作品です(o^_^o)
    今回は、これで良い!全ては上手く行くはず♪と思っていたら???あらら・・・・・・。
    そんなに甘くは無かった訳で(^_^;)学ぶ事や挑戦する事って大切だよね♪と考えさせられる作品でございました(o^_^o)ワタクシの好きな作品でございます♪

    投稿日:2006/06/07

    参考になりました
    感謝
    0
  • いろんな解釈ができるよね

    『ぼくを探しに』の続編です。
    今度は、かけらが主人公。


    ちょっと落ち込んでいるときなどは、『ぼくを探しに」と2冊セットで読んで、元気をもらっています。
    大学入学当初、新しいことばかりで自分を見失いかけていたときに、助けてもらった大切な本です。

    最後には訳者さんのあとがきがありますが、個人的にはそれにとらわれずに読んで欲しいなぁと思います。
    いろんな解釈ができる本だと思いますので。

    投稿日:2006/03/12

    参考になりました
    感謝
    0
  • シンプルですが、奥深い。

    小さい頃、大嫌いな歯医者においてあった大好きな絵本でした。前編「僕を探しに」と同じく、今思うと大人向けの絵本のような気もしますが、当時はそんなことは思わずに、「大好きだなぁ」と歯医者に行くたびに読んでいました。子供ではありましたが、読むと何処か安心するような気分になったのを覚えています。いつか自分に子供が出来たら、寝る前にでも一緒に読みたいと思います。

    投稿日:2005/01/28

    参考になりました
    感謝
    0
  • 「ぼくを探しに」の続編とも読め、まったく別のものとしても読めます。
    かけら自身が、ただ待っているのではなく、自分から転がりはじめた!
    欠けたところのあるものと、欠けたところをうめる存在のかけらとして、
    ではなく、自立したもの同士として一緒に転がってゆく…
    解釈・感じ方は、これも人それぞれ。
    私は、続編のこちらの方に、より味わいを感じます。
    自分のまま、自分自身が成長し、自立しつつ他者とよりそえるという、
    ある種の理想的な姿・関係を感じました。
    「ぼくを探しに」と同じく、オトナ向きかな?と思いますが、
    こどもならどんな感性で読みとってくれるかなあと、感想をきいてみたい気も♪

    投稿日:2004/02/21

    参考になりました
    感謝
    0

8件見つかりました

最初のページ 前の10件 1 次の10件 最後のページ

※参考になりましたボタンのご利用にはメンバー登録が必要です。

この作品にレビューを投稿された方は、こんな作品にも投稿しています

からすのパンやさん / はらぺこあおむし / しろくまちゃんのほっとけーき / ぐりとぐら / おつきさまこんばんは / きんぎょがにげた / いないいないばあ / もこ もこもこ / バムとケロのおかいもの / がたん ごとん がたん ごとん

絵本の人気検索キーワード

ぐりとぐら /  はらぺこあおむし /  バムとケロ /  こびとづかん /  はじめてのおつかい /  そらまめくん /  谷川俊太郎 /  ちいさなちいさな王様 /  いないいないばあ /  いやいやえん /  スイミー /  飛び出す絵本

出版社おすすめ

  • ふしぎなふうせん
    ふしぎなふうせんの試し読みができます!
    ふしぎなふうせん
     出版社:鈴木出版 鈴木出版の特集ページがあります!
    フワフワ フワフワリン…風船は気持ち良く歌いながらどんどん大きく、どんどん空に上がって…


今年2回目の西日本新聞社オススメ児童書コンテスト開催♪

みんなの声(18人)

絵本の評価(4.74)

何歳のお子さんに読んだ?

  • 0歳 0
  • 1歳 0
  • 2歳 0
  • 3歳 0
  • 4歳 0
  • 5歳 0
  • 6歳 0
  • 7歳 0
  • 8歳 0
  • 9歳 0
  • 10歳 0
  • 11歳 0
  • 12歳〜 2
  • 大人 6

全ページためしよみ
年齢別絵本セット